テニスラケット選びの究極のゴール

ラケット選びの究極のゴール
その答えはとてもシンプルで
ズバリ「打球感を無くすこと」

使用するラケット次第でプレイヤーの戦力が大きく変わるということをご存じの方でも、それでは一体、何を目指してラケットを選べば良いのかが今一つわかりにくいと感じられている方が多いのではないでしょうか。

その答えとして私どもが提案するのは「打球感を無くすこと」です。
もちろん、ラケットでボールを打っている以上、打球感を完全に無くすことはできませんが、それを「できるだけ小さくすること」を目指すということです。
その理由は、「打球感が小さくなればプレイヤーが楽になって打球の勢いが増す」からです。


打球衝撃の強さとボールの飛びは反比例する

テニス以外のいろいろなスポーツでは、ボールを打ったときの手応えが小さいときにボールが良く飛ぶという現象を多くの方が経験されていると思いますが、テニスでも、オフセンターヒットやフレームショットのときには打球衝撃が大きくなってボールの飛びが悪くなるのはテニスプレイヤーであれば常識です。

「打球感=手応え=打球衝撃」は大きくなるほどボールの飛びが悪くなり、小さくなるほどボールが勢い良く飛ぶということです。
出戻り
参照⇒打球衝撃の強さとボールの飛びは反比例する

ボールが良く飛んでくれたほうが
プレイヤーの負担は少ない

テニスはプレー中に数え切れないくらい数多くボールを打たなければならないので、がんばって打たなくてもボールが勢いよく飛んでくれたほうが、プレイヤーの負担が少ないのは言うまでもありません。
テニスは長時間に及ぶスポーツなので、ムダな体力消耗を防ぐために、力を入れて強く打たなくても勢いのある打球が打てれば、それに越したことはないわけです。

さらに、強い運動をすると疲労が早まると同時に運動の精度も低下します。
無理に力めばスイングの軸がフラついてショットがブレるわけです。
「つい、力が入ってしまった」というのは、ミスの理由として決まり文句のように使われるくらいです。

「良く飛ぶラケットではアウトが増えるのでは?」と思う方がいるかも知れませんが、その心配は無用です。
参照⇒「良く飛ぶラケットではアウトが増える!?」

強い打球衝撃があると力が入る

力むのが良くないことは多くの方がご存じですが、そうはいっていても、ボールを打ったときの打球衝撃が強いと反射的に力が入るようになります。
というのも、強い手応えが予想されるときに力が抜けていると負けてしまうので、ボールに負けまいとしてどうしても力が入るからです。
ですから、打球衝撃を強く感じるラケットを使っていると習慣的に力んで打つようになります。

この場合、力んで打つのは「打球衝撃を強く感じるラケット」が原因なので、本人の努力で力を抜こうとしてもうまくいきません。
ということは、逆も真なりで、「打球衝撃を強く感じないラケット」を使えば力む原因がなくなるので、特別な努力をしなくても力みは取れるわけです。

原因と結果の関係が逆転する

「打球衝撃が強いから力が入る」という原因と結果の関係には、この逆の面もあります。
それは、「力を入れるにはそれに見合うボールの手応え(=打球衝撃)が必要」という側面です。
なぜなら、何も抵抗がないところを力を入れて押すことはできないので、力を入れるには、その力に見合うだけの抵抗が必要だからです。
柔らかいカーテンを強い力で押すことはできませんが、固い壁であれば強い力を入れて押せるのと同じで、強い力を入れるにはそれに見合うだけの強い抵抗(=ボールの手応え)が必要です。

「打球衝撃が強いから力が入る」のですが、「力を入れるにはそれに見合うだけの手応えが必要」という面もあるので、「打球衝撃が強い」と「力を入れて打つ」は常にワンセットの関係なので、片方だけでは成立しません。
そして、この2つは正比例の関係にあって、打球衝撃が強ければ強いほど強い力を入れて打つようになります。
力を入れる

力を入れることの悪影響

力を入れて打つことのデメリットは以下のとおりです。
◆強い力を入れるにはしっかりした足場が必要なので打つ前に早く足が止まる
参照⇒ラケットのせいでフットワークが悪くなる仕組み
◆力を入れるとラケットが速く振れなくなる
参照⇒力を入れるとヘッドスピードは減速する
◆力を入れやすい打点を選ぶので差し込まれるようになる
参照⇒わざわざ打ち負ける打点で打つようになる
◆力を入れるとボールを押す状態になってスッポ抜けが多くなる
参照⇒力を入れて打つと打球がスッポ抜ける
◆力を入れると打球が伸びないのでさらに力を入れるようになる
参照⇒骨折り損のくたびれもうけ

ほとんどのプレイヤーが

こんなふうに、力を入れて打つと良くないことがたくさんありそうですが、それでも多くのプレイヤーは力を入れて強いショットを打とうとしています。
というより、「力を入れないと強いショットは打てない」、あるいは、「入れる力を加減すれば飛びが調節できる」というふうに誤解している人は、テニスプレイヤーの大多数にのぼると言って良いのではないでしょうか。
参照⇒力加減では打球の深さをコントロールできない理由
そして、先述したように、そんなふうに誤解してしまうのは打ったときに手応えのあるラケットを使っているからなのですが、ということは、ほとんどのプレイヤーがそういうラケットを使っているということかもしれません。

ラケットの性能を左右する要素は3つ

私どもは10,000名以上のプレイヤーについてラケット・フィッティングを実施してきましたが、その中でわかったことは「打球感が軽く感じるラケットを手に入れるのは容易ではない」ということです。
参照⇒ラケット・フィッティング
そして、その原因は、ラケットの性能を左右する要素が3つも有るからのようです。
ラケットの性能は次の3つの要素で決まります。

【モデルの性能】
フレームの性能と言ってもいいと思いますが、フレームの特性が変われば当然、ボールの飛び方、飛ばし方が変わるので、最終的なラケットの性能も変わります。
プレイヤーの身体や運動の特性に合わないラケットを使うとスイングパワーの伝わりが悪いので打球衝撃が強くなってボールの飛びが悪くなります。⇒ラケットは身体に合わせて選ぶ

【スイングウェイト】
ラケットにはスイングウェイトという数値があって、同じモデルであっても、計測すると一本一本の個体差がとても大きいことがわかります。
そして、打ち負けやすいかどうかを決めるのは重量ではなくスイングウェイトなので、ラケットの使い勝手を大きく左右する数値なのです。⇒スイングウェイトの説明はこちら

【ガット張り】
ラケットでボールを打つときに実際にボールが当たるのはガット面なので、そこの状態は打球感やボールの飛びや回転を直接左右します。⇒ガット張りの理想とは

何をどうすれば良いかがわかりにくい

そして、「打球感が軽く感じるラケットを手に入れるのは容易ではない」の理由は、この「3つの条件を同時に適切化しないと打球感は軽くならない」ことにあります。

この場合の「同時に適切化しないと」というのは、このうちのどれか1つでも不適切なら他の2つが適切でも「打球感は軽くならない」ということです。

そして、「打球衝撃が強い」という不正解から抜け出そうとしたときに、3つも要素があると何をどうすれば良いかがわかりにくいことが問題を複雑にしています。

2つの要素を適切化した上で
残りの1つの正解を見つける

そのため、「打球感が軽い」という正解にたどり着くには、2つの要素を適切化した上で、残りの1つの正解を「打球感が軽くなるかどうか」で判断しながら見つけるという作業が必要です。

例えばですが、3つの数字を合わせないと開かない鍵に取り組むときは、先に正しい2つの数字を見つけてからでないと、残りの1つの正解が見つけられないのと同じです。

ですから、モデルを選ぼうとするときは、1.スイングウェイトが適切で、2.適切なガット張りがされているラケットが複数用意されてなければ、適切なものを選び出すことができないわけです。

ゴールさえ見失わなければ

こんなふうに文字で書くと簡単そうに思えても、現実的に可能な環境は普通はないので、「打球感が軽い」という正解にたどり着くのは容易ではありません。
でも、目指すべきゴールさえ見失わなければ、いろいろな出会いのチャンスで選択を間違えることなく、徐々にでもゴールに近づくことができるでしょう。
そして、そのゴールはとてもシンプルで、できるだけ打球感が軽くなるラケットです。

ですから、ラケットを試打して選ぶときにも判断を間違えないように注意が必要です。
なぜなら、打った感じで気に入ったラケットは、気に入る対象の打球感があるのでハズレの可能性が高いからです。
ということは、試打したときに気にも留めなかったラケットがアタリかもしれません。

緊張する試合でも
大胆に振り抜けるラケット

ボールを打つという行為は、飛んで来るボールとプレイヤーによって振られたラケットの衝突ですが、その衝突の衝撃(=打球感)が軽くなればなるほどインパクトでのヘッドスピードの減速が小さくなります。
そして、インパクトでヘッドスピードが減速しなければ、ボールに押されずに順回転が効率良くかかるので、球筋を押さえ込むのが容易になります。

飛んで行くボールを追い越すくらいのヘッドスピードで振り抜けば、球筋を思いどおりに抑え込むことができるので、力の加減で深さを調節しようとするよりずっと安定します。

「振れば振るほど球筋が安定する」というのが、モデル選択とスイングウェイト選択、ガット張りの3つすべてが適切なときに生まれる限定的な状況です。

そういうラケットが手に入れば、緊張する試合でも大胆に振り抜いていくことができるので、目指すべきは「打球感の軽いラケット」なのです。


ラケット選びに迷ったら、回り道をせずに正解にたどり着けるラケットドックにご参加ください。
そこには、10,000名以上のフィッティング経験に基づいて「適切なスイングウェイト」と「適切なガット張り」という2つの条件がクリアされたラケットが用意されています。

◆テニスラケットは完成品ではない
ラケットを活かすも殺すもガット張り次第

テニスラケットは完成品ではありません。ガットを張らないとボールが打てないので半完成品です。
そして、実際にボールを打つのはラケットのフレームではなくガットなので、ガット張りが最終的にラケットの使い勝手を決めるわけです。
テニスワンは10,000名以上のラケットフィッティング経験を通じて、ガット張りが適切でないせいでプレイヤーが損をしている現実を数多く見てきました。(参照⇒ラケット・フィッティング
そして、「ガット張りの適切な硬さの範囲」を実証的に把握してきましたが、それは、ラケットに表示してある「適正テンション」の範囲とは大きく異なリます。(参照⇒推奨テンションは適切ではない
楽しく快適にプレーできるかどうかはガット張りがカギを握っています。
適切な張り上げで爽快に打てるラケットをテニスワンで手に入れてください。
ラケットのご注文はテニスワンへ!⇒Click!


テニスワンのトップへ


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!
「ラケットでプレーが良くなるなんて、そんな都合の良い話があるはずはない」と考える方が多いかも知れません。でも、プレーの良し悪しはラケット次第で変わります。そして、その仕組みはとてもシンプルです。⇒続きはこちら

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットを替えればプレーが変わる動画