テニスラケットの適切なスイングウェイトについて

テニスラケットの
適切なスイングウェイト

スイングウェイト
=ラケットを振ったときの重さ


テニスラケットには、その使いやすさを大きく左右する大事な数値があって一般的には「スイングウェイト」と呼ばれています。
(正確には「慣性モーメント」と言います)
「スイングウェイト」とは文字どおり、「スイング」したときの「ウェイト」で、「振ったとき」の「重さ」のことです。
そして、この数値は「重量」「バランスポイント」では決まらない独立した数値です。

ラケットは振って使うもの

このスイングウェイトの数値がなぜ重要かというと、テニスラケットは70cmくらいの長さがあるものなので、単純な「重さ」の数値では「振ったときの重量感」がわからないからです。
基本的に、テニスのラケットは振って使うものなので、プレー上で大切なのは「実際に振ったときに、どれくらいの重さなのか」ということですが、「振ったときにどれくらい重いのか」は、ラケットの単純な「重量」では判断できないのです。

長さがあるものは、ただ持ったときの重さと、それを振ったときの重さでは負担感が大きく変わりますが、その「振ったときの重量感」は実際に振って計測しないとわかりません。
なぜなら、全体の「重さ」が同じであっても、重さがどこに分布しているかによって「振ったときに重いかどうか」が大きく変わるからです。
単純に言うと、ラケットのフェース側に重さかたよっているほど、振ったときに重く感じます。

スイングウェイトは実際に振って計測する

重量の数値が同じでも「振ったときの重量感」は同じにならないので、スイングウェイトの数値を実地に計測することが必要になります。
実際に、下記の画像のように、ラケットを専用の計測機械にセットして1本1本の数値を実際に振って計測します。

専用の測定器によるスイングウェイトの測定
実際問題として、テニスラケットは振って使うものなので、静かに置いて計測する「重量」や「バランスポイント」より、「振ったときの重量感」を示す「スイングウェイト」のほうが現実的な数値だと言えます。

スイングウェイトの個体差は意外に大きい

そして、実際に計測してみると、テニスラケットのスイングウェイトは、同じモデル、同じグリップサイズでも、1本1本でかなり違うということがわかります。
現在のテニス市場にあるラケットは、およそ20ポイントくらいのバラツキ幅があるのが普通なので、270という数値のラケットがあった場合、同じモデルでスイングウェイトが290というラケットがあっても不思議ではありません。
スイングウェイトの個体差、数値のバラツキ幅は意外に大きいわけです。
この「スイングウェイト」という数値をカタログやフレームに表示しているラケットブランドは「プリンス」1社だけなのですが、その場合も、表示されている数値はあくまで「設定値」なので、個々のラケットには±10ポイント程度の数値のバラツキがあるようです。

スイングウェイトが軽いと打ち負ける

スイングウェイトが重いと振るときの負担が大きくなり、軽いと力を使わずに振れるので、振り重みの軽いラケット、つまり、スイングウェイトの軽いラケットが魅力的に思えてしまうのですが、そこが結構大きな落とし穴なのです。
なぜなら、スイングウェイトが軽いと飛んでくるボールの勢いに負けやすくなるので、ボールが打ち返しにくくなるのです。
テニスでは、飛んでくるボールを何度も繰り返し打たねばならないのですが、ボールに負けやすいラケットでは毎回力を入れて打つことになるので、かえって疲れてしまいます。
それでも、打ち合うボールのスピードがゆっくりであれば、あまり気にもならないのですが、実戦レベルの打ち合いになると、スイングウェイトの軽いラケットではいつも力んで打たなければならないので、ミスが増えてゲーム展開が苦しくなります。

スイングウェイトが重すぎるのもダメ

ラケットのスイングウェイトは重いほうが勢いのあるボールに打ち負けにくいのですが、でも、重ければ良いということではありません。
スイングウェイトには「ボールが当たったときの安定性を左右する」という面があるのと同時に、もう一つの「プレイヤーがラケットを振るときの重量感」という面もあるため、スイングウェイトが重いとプレイヤー側の身体的負担が大きくなります。
テニスは、何度も繰り返してラケットを素早く振らなければならないスポーツなので、スイングウェイトが重すぎるとタイミング良く振ることが難しくなるわけです。
その結果、「スイングウェイトは軽くてもダメ、重くてもダメ」ということで、実戦レベルの打球スピードで打ち合うためには「最低でも、これくらいの数値は必要だけれど、これ以上は要らない」という適正範囲があるわけです。

不適切なスイングウェイトは弊害を生む

テニスワンでは、ラケットドックというイベントで1万名近いプレイヤーにラケットフィッティングを実施してきました。
その経験を通してわかったことは、ラケットのスイングウェイトがある範囲から外れると、プレー上で目に見えるくらいに明らかな弊害が出るということです。

使用するラケットのスイングウェイトが適切な範囲を外れて軽すぎたり、重すぎたりすると、本人が知らないうちにその影響がスイングに出てしまうため、余計な負担を背負いながらのプレーになってしまいます。

つい大振りになってしまう
打った後でバランスが崩れやすい
力んで打っていると言われる
腕が縮んで大きく振り抜けない
打つ前に足が早く止まる
すっぽ抜けのアウトが出やすい
ショートラリーなど弱いショットが打ちにくい
スピンがうまくかからない
ハードヒットしても簡単に打ち返される

以上のような症状が出ている場合、努力しても治らなければ不適切なスイングウェイトの影響を疑ってみても良いでしょう。

重量とは一切関係がない

スイングウェイトは数値範囲が「重量」と似ていて、しかも「重量感を表す数値」なので「重量」とゴチャゴチャになってしまうことがよくあります。
一例を挙げると、「重量が重いとショットが安定する」というようなことが言われますが、重量が重くても、軽くても、スイングウェイトが重いかどうかとは一切関係がありません。
ですから、重量が重いラケットであっても「スイングウェイト」が軽いというケースもあるわけです。
そして、重量が重くても軽くても、スイングウェイトが軽ければ、相手の打球に負けやすいということに変わりはないので、重量が重いからといってインパクトで安定するとは限りません。
逆に、「重量が軽いと取り回しが楽そうだ」と思ってしまうのですが、重量が軽くても「スイングウェイト」が重いというケースもあり、そういうケースでは取り回しの負担は大きいので、重量の軽いラケットでも楽ではありません。
270gくらいの重量のラケットを使っている場合、「自分のラケットは軽い」と思い込んでいることが多いのですが、実際には、スイングウェイトが重くて負担になっているということもあります。
重量の数値で重量感を想像しないほうが安全ということです。

スイングウェイトがラケット選びのキーポイント

同じモデルであっても、「スイングウェイト」が重ければ取り回しの負担が大きくなり、「スイングウェイト」が軽ければ強い打球に打ち負けやすくなるということは、言い換えれば、「スイングウェイト」の数値次第でラケットの基本性能が変わってしまうということです。
「スイングウェイト」の選び方で、同じモデルでも使いやすかったり、使いにくかったりということが起こり得るということになります。
ですから、打ちやすいラケットを手に入れるためには、「スイングウェイト」の選択が大きなカギを握っているということです。

スイングウェイトが選べる!

テニスワンでは、ご注文いただいたときに在庫ラケットの「スイングウェイト」のリストをお知らせしますので、その中からお好きなものをお選びいただくことができます。
また、その際にアドバイスが必要な場合は、ご指示いただければ、適切な数値のものを推奨させていただきます。
新しいラケットに期待をふくらませてせっかく購入しても、「スイングウェイト」の数値が適切でなければ良い結果につながりません。
「打ちやすい打ちにくいはスイングウェイト」で決まるので、同じモデルであればどれでも大した違いはないなどと考えずに、慎重にお選びください。

スイングウェイトだけで合うようにはならない

スイングウェイトの数値が不適切であれば、どんなモデルを選んでも意味が無いのですが、逆に、スイングウェイトに注目している方は、モデルの特性が自分に合っていなければ、適切なスイングウェイトを選んでも意味が無いことを忘れがちです。
スイングウェイトの数値が良いいからと言って、合わないラケットが合うようにはなりません。
合わないラケットでスイングウェイトがダメなものより、合わないラケットでもスイングウェイトが適切なもののほうがまだマシという程度です。

適切なモデルを選んでもスイングウェイトが外れたらダメで、適切なスイングウェイトを選んでもモデル選びが外れていたらやはりダメということで、ラケット選びは難しいですね。

ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論で、その原因は、自分に合うラケットを手に入れるには「モデルの特性がプレイヤーに合っている」+「フレームのスイングウェイトが適切」+「ガットの種類と硬さが適切」という三つの条件を同時にクリアしなければならないので、そういうラケットに偶然出会える可能がとても低いことにあるようです。合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓

   
内容の紹介 日程と空き状況
   
 
 
ラケットとガットについての記事が
全60タイトル!

テニスワンの
「ラケット選びのノウハウ集」へ

テニスワンのトップへ