テニスワンのガット張りについて

ご存じですか?
テンションは硬さではありません!!

結果を測定しないでガットを張るのは、味見をせずに料理を作るようなものです。
大切なのは「何ポンド」という「機械の設定値」ではなく、「ガットがどれくらいの硬さに張れたのか」という「結果」ではないでしょうか。

「テンション指定」は「張り上がりの硬さの指定」ではない

「~ポンドで張って」というテンション指定では、「ストリングマシンの張力」を指定しているのであって、「どの程度の硬さに張り上げるか」についてはノータッチで指定されていません。
ですから、「テンション指定」というのは「ガットを張る途中のやり方・方法」のことです。
それに対して「張り上がりの硬さ」は、途中ではなく「結果」です。

テンションとは

「テンション」の指定でよく使われる「ポンド」は「キログラム」と同様に「重さ」の数値です。(1ポンド≒0.45kg)「テンション」の指定でよく使われる「ポンド」は「キログラム(1ポンド≒0.45kg)」と同様に「重さ」の単位なので、この数値で「硬さ」を示すことはできません
左図のようにイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。
ガットを張るときに、1本1本のストリングを「どれくらいの力(重さ)で引っ張るか」を指定するのが「テンションの指定」です。

張り上がりの硬さとは

「張り上がりの硬さ」は、1本1本のストリングではなく、編み上がって面になったストリング面の硬さを計ります
これに対して「張り上がりの硬さ」は、張り上がってアミ目状になったストリング面を押したときの硬さを計ります。
具体的には、張り上がったストリング面に上から一定の力を加えて、どの程度沈むかを計測します。
ですから、文字どおり、張り上がった結果のストリング面の硬さそのものです。
ちなみに、この硬さの測定値は「面圧」と呼ばれています。
ですから、「テンション=方法」で、「面圧=結果」です。

この二つは「方法の指定」と「結果の指定」という、全く異なる指定方法なのです。

張力では張り上がりの硬さは決まらない

もちろん、強い張力を使えば張り上がりは硬くなるのですが、張力の数値だけで張り上がりの硬さが確定するわけではありません。
張り上がりの硬さが変わる原因は張力の設定以外にもたくさんあるので、張力が決まれば張り上がりの硬さが即決まるというわけではありません。
(⇒「テンション」以外の硬さが変わる原因
つまり、テンションは張り上がりの硬さが変わる原因の一つではあるのですが、原因のすべてではないわけです。
そのため、テンションの数値で張り上がりの硬さを知ることはできないということです。

張力の情報では張りの硬さを推測できない

テニスワンでは「ラケットドック」というラケットフィッティングサービスで、これまで10,000名以上のラケットとプレーの相関関係を診断してきましたが、そこで参加者のラケットのガットの硬さを計測すると、あるショップで55ポンドで張ったものより別の店で45ポンドで張ったもののほうが硬いなどということは普通によくあります。
そのため、「~ポンドで張った」という情報は張りの硬さを推測する上で何の役にも立たないという結論に至ったわけです。

「方法=結果」という誤解

常識的に考えても「方法」と「結果」とは全く別のことなのですが、なぜか、テニスのガット張りでは、この二つがゴチャ混ぜになっていることが良くあります。
「何ポンドで張って」(方法)というのが、まるで、張り上がりの硬さ(結果)を指定しているように受け取られているのです。

料理に例えると

ちょっと、ややこしい感じがするかもしれませんので、料理に例えて説明します。
ステーキなどを注文するときは、ミディアムとかレアとかの焼き上がりの状態を指定するのが一般的です。
そこで「中火で5分焼いて!」とか、調理のやり方を指定することは普通はあり得ません。

なぜなら、指示された結果を出すための方法を調整するのは店側の仕事だからです。
火加減(方法)によって焼き上がり状態(結果)は変わりますが、肉の厚みや大きさなどが変われば、同じ火加減でも黒コゲになったり生焼けになったりします。
そのため、素材に合わせて「調理方法」を調整しなければ美味しい結果を得ることはできません。
そして、美味しい料理を出すための方法の工夫は店側の仕事なので、お客様がステーキの焼き加減を指定する際は調理の方法を指定せずに結果の状態を指定するのが普通です。

また、店の調理設備や調理師の技術によって調理時間と仕上がりの関係は変わるので、一律に「中火で5分」というオーダーはあり得ないわけですが、「何ポンド」という張力で張り上がりの硬さが特定できないのも同じ理屈です。

この、「方法」と「結果」は全く別のことという当たり前のことが、テニスのガット張りでは当たり前にはなっていないのは、多くの方がテンションの数値(方法)が張り上がりの硬さ(結果)だと思っているからです。

結果が存在しない

そして、そうなってしまう原因は明らかです。
テニスのガット張りでは多くの場合、「結果」が存在しないのです。
そして、「結果」が無いために、「方法」で結果を推測する習慣が定着してしまったようです。

結果を計測しない

ガット張りの結果とは、単純に、「どんな硬さに張り上がったのか」ということですが、多くの場合、それを計測していないようです。
なぜなら、張り上がりの硬さを測定するためには、ストリングマシンとは別に専用の計測機械が必要ですが、それが備えられているケースはあまり多くないからです。
そのため、テンションを調節してガットを張って、そのあとは何もしないというケースが多いようです。
結果を計測していないので、「テンションをいくつで張ったか」という「作業中の設定」を、硬さを推測する材料にしているわけです。
料理を作って一度も味見をすることなくそのままテーブルに出すのと同じようなもので、「レシピ通りだから、たぶん美味しい!?」というように推測するわけです。

結果が大切!!

テニスのラケットはプレーに使用する道具ですので、一番大事なことは、実際にどれくらいの硬さに張り上がったかです。
ですから、そこを無視するとプレー上でさまざまな弊害が起きます。
不適切な硬さでは、プレーがうまく行かないだけでなく故障の原因にもなります。
安全で快適にプレーを楽しむためには、張り上がりの結果の確認が不可欠です。
テニスワンは張り上がりの硬さ=結果でご指定いただけます

推奨テンションの弊害

実際問題として、ラケットドックのフィッティング現場でガット張りの硬さが適切でないために変な打ち方になっているケースがとても多いのに驚かされます。
その原因も明らかで、ラケットメーカーが表示している「適正(推奨)テンションの数値範囲」が適切でないことが、硬すぎる張り上がりの直接原因になっているようです。
(参照⇒「テニスガットの【推奨テンション】の数値範囲が適切ではない具体例」
国内ブランドのラケットについては、徐々にですが数値範囲が引き下げられてきていますが、海外ブランドについては相変わらず「50~60ポンド」という指定になっているケースが多く、「それなら、48ポンドくらいだったら安心!」というように決めてしまって硬すぎる張り上がりになっているケースが少なくないようです。

テニスワンが推奨する硬さ

これまでの10,000名以上のラケットフィッティングの経験によって、テニスワンでは一般プレイヤーが打ちやすい硬さの範囲を把握しています。
現実のフィッティング結果の蓄積から、ある範囲の硬さ設定が多くのプレイヤーにとってプレー上で支障の出にくい硬さであり、これより硬かったり柔らかかったりするとプレイヤーの運動効率が低下することがわかっています。
そしてもちろん、その硬さに張り上げるために使用する張力の範囲は「適正(推奨)テンションの数値範囲」とは大きく異なります
(参照⇒「テニスのガット張りの適切な硬さを見つける簡単な方法」


20以上のガットに関する記事が下記の3つのカテゴリーに分類されています。
クリックしてお進みください。

ガットの選び方

ガットの
張り方について

ガットについて
もっと詳しく

◆ラケットを活かすも殺すもガット張り次第
テニスラケットは完成品ではありません。ガットを張らないとボールが打てないので半完成品です。
そして、実際にボールを打つのはラケットのフレームではなくガットなので、ガット張りが最終的にラケットの使い勝手を決めるわけです。
テニスワンは10,000名以上のラケットフィッティング経験を通じて、ガット張りが適切でないせいでプレイヤーが損をしている現実を数多く見てきました。(参照⇒ラケット・フィッティング
そして、「ガット張りの適切な硬さの範囲」を実証的に把握してきましたが、それは、ラケットに表示してある「適正テンション」の範囲とは大きく異なリます。(参照⇒推奨テンションは適切ではない
楽しく快適にプレーできるかどうかはガット張りがカギを握っています。
適切な張り上げで爽快に打てるラケットをテニスワンで手に入れてください。
ラケットのご注文はテニスワンへ!⇒Click!

GUT LIVEなんて必要ない!

ガットの動きが悪いせいで起きるネットやアウトを、全部自分のせいだと思い込んでいる人には、GUT LIVEは必要ありません。


◇インパクトでボールが面からこぼれてネット
ガットが動かないと「食い付き感」が生まれないので、インパクトでボールをつかまえられずにスルッとネットすることが多くなります。
◇スピンで押さえ込めずに浮いてアウト
動いたガットが戻るときに順回転がかかるので、ガットが戻らないと回転が安定せずスッポ抜けのアウトが出やすくなります。
◇打球の深さがバラバラ
ガットの動きが安定せずに、ボールインパクトで動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすれば、ガット面から打ち出されるボールの角度が毎回変わるので、その影響で打球の深さが不安定になります。
自分のせいではないことで損をしたくないなと思ったらこちら!↓Click!



テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
使うラケットとの相性の良し悪しはプレイヤーの戦力に大きく影響します。でも、プレイヤーが自分の戦力を正確に把握するのは困難です。
なぜなら、テニスはとても忙しいスポーツで、自分の打球の状態を正確に把握しようとするとプレーが続けられないからです。
そのため、打球に伸びがなくて安定性に欠けるような不利な状態でも、それに気づかずに相性の悪いラケットを使い続けるケースが、技術レベルに関係なくとても多いわけです。
相性の良いラケットに出会うためには人体実験が必要で、しかも、その実験の過程を観察して客観的に判断する仕組みが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画