トップページ

合うラケットは人それぞれ—伝達効率がカギ!

テニスは不思議なスポーツで、考えてしっかり打とうとするほどミスが増えます。
(参照ページ:試合で実力が出せない方に—–慎重に打てばミスが防げるとは限らない

さらに、一生懸命に打とうとすればするほど打球の威力が低下して、戦力がダウンする上に早くバテます。
(参照ページ:テニスのショットは力を入れると失速する)

なので、考えてしっかり打たなくてもミスが減って、一生懸命に打たなくても打球の勢いがアップすることが必要なのですが、そのカギを握るのがラケットなのです。

こんな、雲をつかむような話をすぐに信じろと言われても、ちょっと抵抗があるかもしれませんが、その仕組みについては「ラケットの伝達効率」がカギを握っているのです。

伝達効率の良いラケットがもたらす効果は次のとおりです。

①ラケットの伝達効率が良ければ、プレイヤーの運動の強さに比べて打球の勢いが良い。
⇒②頑張って力を入れて打たなくても打球スピードが上がる。
⇒③力を入れて打たなくなると、運動中の体軸のグラツキが減るのでバランスの崩れによるミスが減る。
⇒④力みが減ってプレイヤーの動きが軽快になると、スイングがリラックスしてヘッドが走るので打球が伸びる。

テニスラケットはプレイヤーの運動を打球に伝えるための道具なので、ラケットの伝達効率が良ければミスが減って打球の威力も増すわけです。

でも、プレイヤーの運動特性は人それぞれなので、伝達効率が良いラケットも人それぞれです。

誰もがうまく打てるラケットは無いわけで、同じラケットでも使う人によってプレーが良くなったり悪くなったりします。
プレイヤーとラケットの相性が大事なのです。

プレーを見なければわからない

テニスワンではラケットドックという「ラケットフィッティング」のサービスを2003年に開始して、これまで10,000名以上の方のプレーを見て、ラケットの相性を診断してきました。

そこで痛感したことは「実際にプレーを見なければ、ラケットの相性は全くわからない」ということです。

ですから、大変申し訳ありませんが、テニスワンの店頭ではラケット選びの参考になる情報は得られない可能性が高いでしょう。
なぜなら、私どもはその方のプレーを見ないと、ほとんど何もアドバイスできないからです。

さらに、ラケットの性能はモデル名では決まらず、スイングウェイトの数値ストリングの状態で最終的に決まります。
ですから、お使いのラケットのモデル名だけをお伝えいただいても、それがどんなラケットなのかがわかりません。
(※お使いのラケットをお持ちいただければ、これらの数値はその場で計測することができます。)

そのため、どんなラケットで、どんなプレーをされているのか全くわからない状態では、「これが良いでしょう」と何か特定のラケットをおすすめすることができないわけです。

(ボールを打つときの動きは瞬間的な反射運動なので、プレイヤー自身がその内容を正しく把握するのはとても難しいため、プレイヤーの自己診断はあまり正確ではないようです。)

ラケットで変わるのはプレイヤーの動き

ラケットでプレーが変わることをご存じの方でも、ラケットの性能がショットに直接影響すると考えていることが多いようです。

「〜しやすいラケット」を使えば特定のショットが打ちやすくなると考えたり、「スピンのかけやすいラケット」「コントロールしやすいラケット」「打球の威力が増すラケット」等を探してショットを強化しようと考えたりするわけです。

でも、私どもがラケットフィッティングを通じて知り得たのは、ラケットの影響を直接受けるのは「プレイヤーの動き」ということです。

テニスは限られた範囲内に打球を打ち込むスポーツなので、ラケットの特性の影響が直接ショットに出てしまうと、ショットの結果がバラついてコートに入らなくなります。
そのため、プレイヤーはどんなラケットに持ち替えても、そのラケットで打球がコートに入るように打ちます

なので、飛びの良いラケットでアウトし続けることや飛びの悪いラケットでネットし続けることはないわけです。

ですから、逆に言えば、アウトが多いからラケットが飛び過ぎだと考えたり、ネットが多いから飛びが悪いと考えたりするのは正しくない場合が多いようです。

ラケットの影響はプレイヤーの動きや打ち方の変化として現れるわけです。

でも、テニスはとても忙しいスポーツなので、そうしたラケットによる打ち方の変化をプレイヤー自身が自覚するのは簡単ではありません。

ですから、使うラケット次第で自分の動きが変わるとは思っていないことが多いので、使うラケットで直接ショットの結果が変わると考えてしまうようです。

どう変わるかは人それぞれ

でも実際には、プレーの内容やショットの結果が変わるのはプレイヤーの動きが変わったことによるものなので、「ラケットの影響でショットが良くなる」というような単純な図式ではありません。

基本の仕組みは「ラケットの持ち替え⇒プレイヤーの動きの変化⇒ショットの変化」ということなのですが、この中で鍵を握るのは「プレイヤーの動きの変化」です。

というのも、同じラケットを使ってもプレイヤーの動きがどう変化するかは人それぞれで違うため、誰でも同じような結果になるということはありません。

同じラケットでもプレイヤーの動きに良い変化が出るケースとダメになるケースがあるのですが、それを決めるのは「ラケットの特性」ではなく「プレイヤーの特性」ということです。

そのため「~はどんなラケットなのか」というご質問をいただいても、使う人のことを考えると、それがどういうラケットかは人それぞれで異なるため返答が難しいわけです。

無難なラケット

ですから、プレーを見ない状態で私どもにできることは「無難なラケット」をおすすめすることくらいです。

これまでの豊富なラケットフィッティングの経験から、フィット率の高いラケットを「ハズレの少ない無難なラケット」ととしてご紹介させていただくことはできます。

動画診断

そこからもう少し踏み込んでという場合は、お使いのラケットとプレーの動画をお持ちください。

今お使いのラケットによって現状でどんなことが起きているかは解説できると思います。
動画がなく、今お使いのラケットをご持参いただくだけでも、何もない状態より少し具体的なお話ができると思います。
※動画診断は事前のご予約が必要です。

コートでの人体実験 —ラケットフィッティング

ただ、最終的に何が本当の正解かを知るにはコートでの人体実験が最短ルートです。
爽快なプレーを目指してラケットドックへの参加をご検討いただければと存じます。

テニスワンオリジナル! ラケット フィッティング
「ボールが打てるラケット」を手に入れるのは簡単ですが「自分に合うラケット」を手に入れるのは簡単ではありません。二つの違いは「勝ちやすさ」です。
「勝ちやすいラケット」を手に入れるには専門家にプレーを見てもらって選ぶのが一番早くて確実!
これまで、10,000名以上の方に参加いただいております。

詳しくは CLICK↓
ラケットドック
実施内容 の紹介 スケジュール と空き状況
ラケット ドックの レポート集 ラケット ドックの 評判・感想
テニスワンのラケットフィッター 佐藤俊明が約60本の試打ラケットを持って皆様が普段練習しているコートに伺います!
詳しくは CLICK↓
体に合うラケットで テニスをもっと快適に!テニスワン
身体に合うラケットで テニスをもっと快適に!
このエントリーをはてなブックマークに追加