快適なプレーには
ラケット選びがカギ

ラケットはプレーを支える土台なので
そこがダメだとプレーのレベルが下がります。
合わないラケットでプレーが不安定なのを
練習でカバーしようとするのは時間のムダ。
身体に合うラケットで変なミスが減れば
テニスはもっと楽しくなります。

ラケットドックはこちらから


このホームページの
200以上の記事一覧はこちら

知らないと損するかもしれない
テニスワンのノウハウが全てここに


※ラケットの相談で店にお越しの際はご使用のラケットをお持ちください。

実際にボールを打つのはガットです!

 

ガットがなければ打てない

テニスで実際にボールを打つのは
ラケットではなく
張られているガットです

ラケットのフレームは、インパクトでボールが当たったときのガットのアクションを受け取るだけの存在なので、残念ながら、良いショットを打ったり、打球をコントロールしたりする機能などは付属していません。
ボールに直接触れるのはガットなので、打球にスピンをかけるのも直接的にはガットの仕事です。
というわけで、ラケットのパフォーマンスを決める主役はガット張りなのです。

Click!⇒ラケットメーカーの宣伝文句は全て幻想!
「全て幻想というのは言い過ぎではないか」と思われるかもしれませんが、あえて断言します。その理由はとてもシンプルで「言われてみれば当たり前」という程度のことです。ラケットへの過大な期待は捨てて、自分の身体にピッタリの1本を見つけだのが最優先です…

ガット張りがダメなら
全部アウト!

なので、ガット張りがダメなら、トッププロも含めて全てのプレイヤーの戦力がダウンし、どんなに性能の良いラケットも、ただのダメなラケットになってしまいます。

それなのに、テニスプレイヤーの多くは、この事実をあまり深刻にはとらえていないようです。
でも、ここで正解から外れてしまうと、快適にプレーできるラケットはいつまで経っても手に入りません。

ガットは、切れてさえいなければ、それがどんな状態でも一応ボールは打てるのですが、「一応打てる」のと「快適に振り抜ける」のとでは、プレーの楽しさとゲームの勝率に大きな違いが出ます。

うまくいかないのは
自分のせい!?

テニスワンは、これまで10,000名以上のプレイヤーに対してラケットフィッティングを実施してきましたが、その中で、自分のラケットのガット張りが不適切なせいで損をしてきた方の割合はとても高く、多くの方がムダに力んだり、萎縮した動きになったりしています。
しかも、本人がそれに気づかず、プレーがうまくいかないのは自分のせいだと思っているケースがほとんどなのです。

ガット張りが適切だから
合うラケットが見つかる

テニスワンは、この10,000名以上のラケット・フィッティング経験を通して、多くのプレイヤーが快適に打てるガット張りの範囲を把握してきました。(参照⇒ラケット・フィッティング
逆に言えば、快適に打てるように張ってあるラケットを使うから、フィッティングで「プレーが良くなるラケット」が見つかるわけです。
ですから、ガット張りが適切でないラケットをいくら試打しても、初めから当たりクジの入っていない抽選で当たりを探すのようなものなので、身体にフィットするラケットが見つかることはないでしょう。

Click!⇒テニスワンのガット張りについて
テニスワンは、快適にプレーできるガット張りの硬さの範囲を10,000回以上の実証実験によって把握してきました。故障の危険のある「推奨テンション」の呪縛から早く逃れて、「伸びて沈む打球」を手に入れるために快適に振り抜ける硬さを目指してください…

切っても切れない関係

テニスラケットは、プレイヤーの運動をボールに伝えることがその役割なのですが、ラケットの特性がプレイヤーの身体に合わないと、伝わりが悪くなってプレイヤーの負担が増えます。伝達の効率が悪いと余計な仕事が増えてしまうわけです。

ですから、試打という人体実験によって、一人ひとりのプレイヤーの身体に合うラケット、伝わりの良いラケットを見つけなければならないのですが、その際には、先述したように、試打するラケットに適切なガット張りがされていることが必須条件です。
ですから、適切なフレーム選択と適切なガット張りは切っても切れない関係なのです。

楽しく快適にプレーできるかどうかはガット張りがカギを握っています。
適切な張り上げで爽快に打てるラケットをテニスワンでお選びください!

Click!⇒テニスワンの推奨ガットはVSチーム125
これまで、ナチュラルを使ってみて「それほどでもないなぁ」と感じたとしたら、それは、そのガットが「VSチーム125」ではなかったせいかもしれません。
このガットのメリットを簡単に言うと「しなやかで弾きが軽快で、なおかつ、引っかかりが良い」です。
軽いインパクト感でキレの良い鋭いショットが持ち味。
柔らかいインパクトでも引っかかりが良いので、ドロップショットやショートクロス、スピンロブなどがコントロールしやすく感じます。
確かに値段は高いのですが、相手のラケットの先を抜けていくショートクロスの快感は他に代えがたいものがあります。
ナチュラルの細ゲージなので早く切れるのが心配な方には「GUT LIVE」があります。
参照⇒ガットライブ(GUT LIVE)
最高のナチュラルのパフォーマンスを最高の状態に維持するにはGUT LIVEが必須です。
VSチーム125張上 8500円(税別)
VSチーム125+GUT LIVEセット 10500円(税別)

Click!⇒限定モデルに「VS TEAM 125」張上セット
さらに、ラケットご購入の際に「VSチーム125張上+GUT LIVE」という、お得なセットをモデル限定で用意させていただきました。

テニスワンの
ラケット選びサービスは
以下の3つです。

全部で200以上のテニス関連記事が下記のカテゴリーに分類されています。クリックしてください。

テニスワンの人気記事ランキング

第1位:テニスで緊張して大事な試合で実力が出せない!
この問題の解決のために、「緊張しない努力」や「メンタル面の強化」などに
対症療法的に取り組んでも、即効性はあまり期待できないでしょう。なぜなら、この問題と、「誰にでもある精神面の弱さ」とは無関係だからです。その「ほんのちょっとの誤解」を解消すれば試合での効果はすぐに得られるはずです…

第2位:テニスラケットの選び方/グリップやフェース等について
グリップはプレイヤーとラケットを結ぶ接点なので、ここが不適切だとラケット操作に支障が出ます。ですから、フィットするようにサイズをきちん選ぶことが大切です。その他、フェースサイズやフレーム厚などについても選ぶ上での基本が書いてあります。「ラケットについての間違った思い込みは上達の障害」になるので正しい知識をこのページで吸収してください…

第3位:小学生のテニスラケット選びでぜひ知っておいて欲しいこと
熱心なジュニアが間違ったラケット選びで損をしているケースを
ラケットドックで数多く見てきました。合わないラケットの弊害は大人よりジュニアのほうがずっと深刻です。ラケットにジャマされて余計な苦労を背負わせないためにぜひお読みください…