身体に合うラケットを使えばテニスはもっと爽快に!

テニスは本来とても気持ちの良いスポーツです。もし今そう感じていなかったら、何かがおかしいというところからスタートしてみてください。

ラケットドックはこちらから
「テニスは向いていない」なんて思わないでください!

日常生活の常識をプレーに持ち込むとうまくいかないことが多いスポーツなので、ほんの少しの誤解で足踏みをしているだけかもしれません。

ラケットドックはこちらから
道具は関係ないなどということはありません!

不適切なラケットはしっかりプレイヤーのジャマをします。
それもプレイヤー自身が気づかないところで足を引っ張るのです。

ラケットドックはこちらから

ラケットの性能は
【スイングウェイト】と
【ガット張り】で決まる

「ラケットの性能=モデルの性能」!?

ほとんどのプレイヤーは、気付かないうちに何となく「ラケットの性能=モデルの性能」と思い込んでいるように感じます。
というのも、ラケットの相談をお受けするとき「今はこういうモデルを使っているけれど、次は〜」というお話がほとんどだからです。
こんなふうに、ラケットの購入を検討するときには「どのモデルにしようか」と考えるのが一般的ですが、それを検討する前にぜひ知っておいて欲しいことがあります。
それは、「ラケットの最終的な性能は【スイングウェイト】と【ガット張り】で決まる」ということです。
もちろん、モデル選択は全く関係ないなどということではありませんが、それぞれの重要性は以下のグラフのような感じです。

「ラケットの性能=モデルの性能」と考えている方にとってはこうした表現は意外に感じるかもしれませんが、それぞれの重要性はこんな割合だとご理解いただければ、損につながる間違いを防ぎやすいでしょう。

スイングウェイト

「スイングウェイトなどという数値が有るなんて聞いたことがない」という方が多いかもしれませんが、ラケットには振ったときの重さを示すスイングウェイトという数値があって、同一モデルでも一本一本の個体差が大きく、その数値次第でラケットの使いやすさが大きく左右されます。
スイングウェイトの説明はこちら
スイングウェイトについては、実際には、重すぎるケースより軽すぎるケースのほうが圧倒的に多いのですが、それぞれの代表的な症状は以下のとおりです。

スイングウェイトが軽すぎる

⇒打ち負けやすいので力んで打つようになる。
「打つときに力が入っているよ」と指摘されるケースのほとんどはこれが原因で、指摘されても本人のせいではないので直りません。
その結果、「力加減でコントロール」とか、「力を入れて強く打つ」などの物理的に間違ったスイングイメージに陥りやすくなります。

スイングウェイトが重すぎる

⇒強打一辺倒、高い打点で打ちにくい、スイングスピードが遅い、ボレーが苦手。
スイングウェイトが重ければ打ち負けはしないのですが、ある程度以上の強さで打たないとコントロール感が生まれにくいので、一本調子のプレーになりやすい上に、本人が気づかないうちに後ろに引き気味のポジションになったりすることがあります。

ガット張り

テニスラケットはプレイヤーの運動の出口にあって、その運動で生まれたエネルギーをボールに伝える役目を果たすわけですが、ボールが実際に当たるのはガットなので、ラケットの最終的な性能はガットが決めているわけです。
プレイヤーの運動の出口がラケットで、そのラケットの性能の出口がガットなので、その最終的な出口がフン詰まり状態ではプレイヤーのやったことがうまくボールに伝わりません。
ですから、ガット張りがダメだと、どんなモデルを選んでも全部台無しなのです。
ガット張りの適切な硬さの説明はこちら

ハード過ぎるセッティング

プレイヤー自身は「しっかり打った」という満足感や達成感があるのですが、テニスは1,000回くらいは平気で打たねばならないスポーツなので、しっかり打つと疲れが早く、打球が失速する上にアウトも増えます。

柔らか過ぎるセッティング

ホールド感と名付けられた「面に乗る感覚」が生まれてコントロールしやすく感じるのですが、弾きが悪いのでスピードが出にくい上に、押さえの効かない球筋になります。

三拍子揃わないとダメ

ガット張りについては「切れていなければ十分使える」くらいに考えている方が実際に少なくないのですが、適切なラケットを選んでも意味がないくらい損をしている可能性があるわけです。
ラケットは【モデル自体の性能】【スイングウェイト】【ガット張り】という三本の足で支えられた三脚のようなものなので、この内の一つがダメなだけでトータルで使いものにならなくなるのです。

ラケットドックでの現実

テニスワンではラケットドックというイベントで10,000名以上のプレイヤーにラケット・フィッティングを実施してきましたが、その方々がそれまで使ってきたラケットの多くがモデル選択以前の問題、つまり、【スイングウェイト】と【ガット張り】が原因で打ちにくい状態になっていました。
ですから、【スイングウェイト】と【ガット張り】について、よく知らないで損をしているケースが現実にはとても多いということです。
「そんな細かいことはよくわからないし、まぁいいや」と考える方もいるかもしれませんが、プレイヤーの運動の出口にあるラケットがフン詰まりの状態だと、せっかくの練習がムダになってしまいます。


というわけで、「ラケットの最終的な性能は【スイングウェイト】と【ガット張り】で決まる」ということをしっかり頭に入れた上でラケット選びをご検討いただければと存じます。

スイングウェイトが選べるラケット通販はこちら
click!⇒テニスワンの通販

【スイングウェイト】と【ガット張り】が適切なラケットでフィッティングを受けたい方はこちら
click!⇒ラケットドック

ラケット選びの最終目標はラケットの存在感を無くすことです。
click!⇒ラケット選びの基本

※ご来店の際は今お使いのラケットをお持ちください!
現状を改善するには、現状の把握が必要です。テニスワンにご来店の際は、今お使いのラケットをお持ちください。
そのラケットの固有の数値(スイングウェイトストリング・セッティング)を測定すれば、より具体的なお話ができます。