トップページ

テニスワンは、全てのテニスプレイヤーが、身体に合うラケットを使って快適にプレーを楽しむお手伝いをしたいと願っております。

初めてご来店いただく際には
ラケットの買い替えのご相談で初めてテニスワンにお越しいただく際には、ご使用のラケットをお持ちください。
テニスワンでは、ラケットドックというラケットフィッティングサービスで、これまで10,000名以上のプレイヤーのラケットをチェックしてきましたが、その中で、ガットの状態スイングウェイトの両方とも適切であったケースはあまり多くありません。
ですから、その現状に近い状態でモデルだけ替えても、プレーの改善は見込めない可能性があります。
そのため、ご使用のラケットの現在の状態をチェックすることからラケット選びをスタートされることをおすすめします。

※すでにテニスワンでご購入や張替をされている方は、データが記録されていますのでラケットをご持参いただく必要はありません。
(※↑上の文字をクリックすると内容が開いて、同じアクションで閉じます)

合わないラケットで練習を重ねても時間のムダ!?

上達するのに練習が欠かせないことは言うまでもありません。

でも、ラケットのせいで起きていることを練習で改善しようとしても、根本的な解決にはならず、時間のムダ使いになる可能性が高いでしょう。

ショットが安定しない

テニスはミスの多いスポーツで、「ショットが安定しない」という悩みは多くのプレイヤーが持っていると思われます。
そして、それを解決しようとして熱心に練習を重ねている方も少なくないようです。

普通はそこで、「ショットが安定しない」=「プレイヤー自身の技術的な問題」と短絡的に考えてしまうことが多いのですが、この問題は「プレイヤー自身の問題」と「使っているラケットの問題」の二つに分けて考えることが必要です。

「プレイヤー自身の問題」とは、単純な練習不足や集中力の低下、取り組み方の間違いなどですが、それに対して、ラケットに問題があるかどうかは「力加減で打っているかどうか」で判断することができます。

力を入れて強打していたり、力加減で飛びを調節しようとしていたりするとショットが不安定になるのは避けられない(その理由↓)のですが、実際に、ラケットが合っていないためにそういう状態でプレーしている方がとても多いのです。
力加減ではショットが不安定になる理由
インパクトでボールがラケットに接触している時間は0.004秒(千分の4秒)前後です。
それに対して、プレイヤーがインパクトを感じてから力を入れるまでに要する時間は0.1秒(千分の100秒)くらいで、ゼロが二桁違います。
つまり、ボールが当たったと感じた瞬間に力を入れても、すでにボールは飛んで行ってしまっており、ボールの残像を押しているような状態なので、入れた力がボールに伝わるはずはないわけです。
ですから、力加減でボールの飛びをコントロールするのは物理的に無理なので、思うような結果にならず、緊張する試合などではストレスの元になります。
ボールを飛ばすためのラケット側の運動エネルギーは「ラケットヘッドの重さ」×「ヘッドスピードの二乗」で計算されるので、力加減ではボールの飛びをコントロールできないのです。

力加減になってしまう仕組

合わないラケットはプレイヤーのスイングパワーが打球に伝わりにくいので、インパクトでボールから受ける抵抗感が強くなります。ボールが重く感じて打ち負けやすくなるわけです。

そうすると、打ち負けまいとして反射的に力が入るのですが、力を入れるとヘッドスピードが上がりにくくなる(その仕組↓)ので、さらに打ち負けやすくなり、さらに力が入るようになります。

ですから、力を入れて強打しようとしたり、力を抜いて短く打とうとしたりするのは合わないラケットのせいなので、その状態のままで練習を重ねても、ショットが安定する可能性は低いわけです。
力を入れるとヘッドスピードが上がらない仕組
何もないところに力を入れることは普通はできないので、力を入れるためには相手が必要です。
そして、ボールを打つときに力を入れる相手はボールから受ける手応えなので、強い力を入れるためには、それに見合うだけの手応えの強さが必要です。
ですから、スポンジボールやピンポン玉は力を入れて打つことはできません。
ということは、ボールの重さを感じないと力を入れられないわけで、それはつまり、ボールに押されているということです。
そして、力を入れるという動作は筋肉を固めることなので、ラケットを速く振るのには向きません。
ボールから受ける手応えに負けまいとして力を入れるのは、衝撃に耐えるためのブロック系の動きなので、そういう動きではヘッドが走らないわけです。

打球の勢いがない

「打球の勢いがない」のも同じ理由で、プレイヤーの運動が適切であっても、それが打球にうまく伝わらなければ威力のあるショットにはなりません。

力を入れてしっかり打っているのに、相手から簡単に打ち返されてしまうのは打球に伸びが無いからで、力を入れてしっかり打つと、逆に、打球が失速して軽くなるのです。

打球に回転をかけたい

「打球に回転をかけたい」という思いは多くのプレイヤーが持っているようで、特に、スッポ抜けのアウトが多かったりするとなおさらです。

でも、ガットの張上が硬かったり、スイングウェイトが軽かったりすると打ち負けてボールの飛びが悪くなるので、そういう状態で回転をかけようとすると、打球が短くなったりネットしたりするケースが増えて、その結果、回転をかけるスイングが影を潜めてしまいます。

ですから、回転をかけるのに向いていない状態のラケットで回転をかける練習をしても成果は出にくいでしょう。

正確に区分けすれば

「プレイヤー自身の問題」と「使っているラケットの問題」をきちんと区分けすることができれば、やるべきことが整理されて練習の効率が上がりやすくなるでしょう。

区分けを間違えて、「プレイヤー自身の問題」をラケットで解決しようとしたり、「使っているラケットの問題」を練習で改善しようとしたりすると時間のムダ使いになります。

飛んで来るボールに対して、ラケットをタイミング良く振ってボールに当てるところまではプレイヤーの仕事なので、振り遅れたりガシャったりするのは「プレイヤー自身の問題」です。

ですから、振り遅れるから軽いラケット、ガシャるからフェースの大きいラケットというような的ハズレな対応では別の弊害が生まれるだけです。

ラケットの影響からは逃れられない

それに対して、ラケットに当たったボールがどんな飛び方をするかはラケット次第です。
そして、その結果によってプレイヤーの運動が変わるので、どんなプレイヤーも例外なくラケットの影響を受けざるを得ないわけです。

ですから、プレイヤーが力んでしまうのは、力んで打たないと思うようにボールが飛んで行かないラケットのせいなので、ラケットで解決するべき問題であり、そこで、打つときに力を抜こうと練習しても時間のムダということです。

「プレイヤー自身の問題」と「使っているラケットの問題」をきちんと区分けすることが大切です。

適切なラケットを使うことで、プレーの爽快感と戦力は確実にアップします。

身体に合うラケットで開放的に振り抜いてください。

 
 
テニスワンオリジナル! ラケット フィッティング
残念ながら、ラケットについてどんなに良くわかっても戦力アップにつながるラケット選びはできないでしょう。
なぜなら、ラケットの良し悪しはプレイヤーとの相性次第なので、ラケットのことがわかっても、それを使うプレイヤーの運動特性がわからないとミスマッチになるからです。
なので、自分に合うラケットを選ぶにはラケットフィッティングが必要です。
「勝ちやすいラケット」を手に入れるには専門家にプレーを見てもらって選ぶのが一番早くて確実!
ラケットドックは10,000名以上のフィッティング実績!
詳しくは CLICK↓
ラケットドック
実施内容
の紹介
スケジュール
と空き状況
ラケット
ドックの
レポート集
ラケット
ドックの
評判・感想
お使いのラケットのスイングウェイトとストリング・セッティングを一度計測してみてはいかがでしょうか。
この二つはラケットの使いやすさを決める数値なので、この二つが不適切なら、どんなモデルを選んでも意味がありません。
実際問題として、ラケットドックでチェックすると、軽すぎるスイングウェイトと硬すぎる張上は予想以上に拡がっています。
プレーがうまくいかない原因は意外にこんなところにあるのかもしれません。
詳しくは CLICK↓
いつもの仲間といつものコートでラケットフィッティング!
ラケット選びに悩んでいる方が4名以上お集まりいただければ、TENNIS-ONEの佐藤が60本の試打ラケットを持って皆様が普段練習しているコートに伺います!
詳しくは CLICK↓
今使っているラケットが自分に合っているかどうか、不安に感じている方は少なくないと思われます。
でも、ラケットドックへの参加は地域的に難しいという方に!
テニスワンの10,000名以上のラケットフィッティング経験を活かして、プレーの動画でお使いのラケットが合っているかどうかを診断します。!
詳しくは CLICK↓
体に合うラケットで テニスをもっと快適に!テニスワン
身体に合うラケットで
テニスをもっと快適に!
このエントリーをはてなブックマークに追加