トップページ

テニスワンは、全てのテニスプレイヤーが、身体に合うラケットを使って快適にプレーを楽しむお手伝いをしたいと願っています。

テニスワンは2003年にBTLのコーチ陣とともにラケットドックをスタートさせて、これまで10,000名以上の方ご参加いただいています。

なぜラケットドックなのか

合わないラケットのせいでテニスを嫌いにならないで欲しい!

合わないラケットでは
テニスが面白くない

テニスは、高速で飛んで来るボールを連続的に打ち返すスポーツなので、ただでさえミスが出やすくて思いどおりに打てないことが多いのですが、プレーに使用するラケットが自分に合っていないとテニスがさらに難しくなってしまうので、ミスが増えてプレイヤーのイライラが増します。

でも、多くの方は、思いどおりに打てないのは自分の技術が未熟なせいだと思い込んでいるので、変なミスが多かったりしても、それをラケットのせいにすることなく、練習不足や自分の才能のせいにしてしまうことが多いようです。

ところが、合わないラケットのせいで起きていることを練習で解決しようとしても、そこに出口はないので、努力することで逆にミスが増えるという「負のサイクル」に入ってしまうことが少なくありません。
そんな状態では、テニスが楽しくなくなってしまいます。

テニスをキライにならないで

さらに、練習を重ねてもなかなか成果が上がらなかったり、自分の運動の才能を疑ったりしていると、テニスそのものへの情熱が冷めてしまうかもしれません。

テニスは本来、爽快で楽しいスポーツなので、それを、合わないラケットのせいで窮屈でつまらないと感じてほしくないというのが私どもの基本的な思いです。

ラケットの弊害は自覚できない

ミスショットは全てプレイヤーの責任だと考えている方がほとんどなので、もしも「自分がなかなかうまくならないのは使っているラケットのせいかも!」などと口に出そうものなら、仲間から「バカじゃないの!」くらいに言われるのがオチですが、でも、口には出さなくても、心の中で疑ってみることは必要かもしれません。

なぜなら、これまでラケットドックに参加された10,000名以上の方で、リピーターを除けば、ご自分のラケットで良かったというケースはほとんど無いからです。

というより、実際には、ご自分のラケットでのプレー状態が、試打した中で一番良くなかったというケースが珍しくないのです。
それくらい、自分のラケットの使いにくさに気付かないまま、熱心に練習を重ねている方はとても多いようです。

第三者の診断が不可欠

合うラケットとは、簡単に言えば無理のない運動で打球の勢いと安定性が増すラケットのことですが、それを探すには、プレイヤーの動きと打球の状態の両方を組み合わせて同時観察する必要があります。

ところが、テニスはとても忙しいスポーツで、プレー中は高速で飛び回るボールに意識を集中させなければならないため、その間、プレイヤー自身が自分の身体の動きや打球の状態を正確に把握するのは困難です。
そこで第三者の診断が必要になるわけです。

ラケットドックは、経験豊富なラケットフィッター陣が、プレイヤーの「身体の動き」と「打球の状態」の両方を組み合わせて観察しながら、そのプレイヤーのプレーが一番良くなるラケットを見つけ出すサービスです。

ラケットドックで爽快なテニスを

ラケットにジャマされなければテニスはもっと簡単

持てる力を出し切りたい

ラケットが合っているからといって、技術的にできなかったことがラケットの助けでできるようにはなりません。
でも、合わないラケットでは、本来できるはずのことが普通にできなくなってしまうのです。

もともと自分にできないことができなくても、それでイライラすることはないでしょうが、できるはずのことがうまくできないとイライラの原因になる上に、そんな状態で試合に負けると悔いが残ります。

負けるにしても、合わないラケットととの内輪モメで力を発揮できずに負けるのではなく、できることは全てやり切ってスッキリと負けたいわけです。

課題が整理されれば強くなる

合わないラケットがもたらす弊害を克服するための練習は、それ自体がムダな上に、努力しても成果が上がりにくいので、同じところをグルグル回っているような状態になり、できない自分を責めることが多くなります。
そんなウジウジした状態でプレーしても楽しくありません。

ラケットの問題はラケットで解決すれば、余計な手間と時間が不要になります。
合わないラケットの弊害を取り除けば、練習の課題が整理されて上達への取り組みがシンプルになり、時間効率が上がリます。

合わないラケットにジャマされなければ、もっと簡単に上達へのルートが見つかるはずです。

ショップでは
使う人のことが全くわからない

ラケットについて詳しくても

私(テニスワン:佐藤)は、テニスラケットの販売に携わるようになってから40年近くになりますが、ラケットドック以前は大きな疑問を感じていました。
それは、「自分はこの人のプレーのことを何も知らないのに」という思いです。
ラケットのことは良く知っているつもりでも、店頭ではそれを使う人のことが全くわからないわけです。

誰でも、自分のプレー状態を客観的に把握するのは簡単ではないし、さらに、それを他人に正確に説明するするのはもっと難しいので、こちらがお客様のお話を詳しく聞いてラケットを選んでも、正しい選択になるかどうかはかなり疑わしいと言えます。

そうした歯がゆさを取り除くには、当然ですが、候補のラケットを目の前でその人に実際に打ってもらうのが一番です。

コート上で実験すれば、「このラケットであればプレーが良くなる【だろう】」という想像ではなく、「このラケットでプレーが良くなり【ました】」という結果で判断できます。

必要不可欠なサービス

ラケットドックをスタートさせてから痛感したのは、合わないラケットのせいで起きることを熱意と努力で直そうとしている方がとても多いということです。

でも、そういう状態に陥っていても、本人はラケットに問題が有るとは思っていないケースが多いので、何度買い替えても問題解決につながりません。

ですから、客観的な視点でラケットの問題点をチェックするというサービスは、ほとんどのプレイヤーにとって必要不可欠だと思っています。

もっと早く知っていれば

「もっと早くこのサービを受けていれば、長年苦労しなくて良かったのに!」というご感想をいただくことが多いのですが、向上心の有る方ほど、その熱意と時間をムダにしないために早めの受講をおすすめします。
努力するのは、合うラケットを手に入れてからのほうがずっと効率的です。

下記の「開催日程と空き状況」のページをご覧の上、ご都合の良い日時をご予約ください。


開催日程と空き状況

初めてご来店いただく際にはご使用のラケットをお持ちください ←クリック
ラケットの買い替えのご相談で初めてテニスワンにお越しいただく際には、ご使用のラケットをお持ちください。
テニスワンでは、ラケットドックというラケットフィッティングサービスで、これまで10,000名以上のプレイヤーのラケットをチェックしてきましたが、その中で、ガットの状態スイングウェイトの両方とも適切であったケースはあまり多くありません。
ですから、その現状に近い状態でモデルだけ替えても、プレーの改善は見込めない可能性があります。
そのため、ご使用のラケットの現在の状態をチェックすることからラケット選びをスタートされることをおすすめします。

※すでにテニスワンでご購入や張替をされている方は、データが記録されていますのでラケットをご持参いただく必要はありません。

テニスラケットについて
ぜひ知っておいて欲しいこと

ラケットの性能は使う人で変わる

打ち方は使うラケットで決まる

ラケットの影響は自覚できない

ラケットが戦力を左右する
テニスワンオリジナル!
ラケット フィッティング
ほとんどのプレイヤーは ラケットで損をしている!
・・・・・というのが、10,000名以上のラケットフィッティングで得られた結論です。
合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。
ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓

実施内容
の紹介
スケジュール
と空き状況
ラケット
ドックの
レポート集
ラケット
ドックの
評判・感想
お使いのラケットのスイングウェイトとストリング・セッティングを一度計測してみてはいかがでしょうか。
この二つはラケットの使いやすさを決める数値なので、この二つのうちのどちらかが不適切なら、どんなに性能の良いモデルを選んでも意味がありません。
実際問題として、ラケットドックでチェックすると、「軽すぎるスイングウェイト」と「硬すぎる張上」は予想以上にプレイヤーの足を引っ張っています。
プレーがうまくいかない原因は意外にこんなところにあるのかもしれません。
詳しくは CLICK↓
体に合うラケットで テニスをもっと快適に!テニスワン
身体に合うラケットで
テニスをもっと快適に!