トップページ

プレイヤーだけの責任ではない

テニスプレイヤーの中で、次のような思いを抱きながらプレーしている人は、とても多いのではないでしょうか。

ショットが安定しなくてミスが多い
打球に勢いがない
スピンがうまくかからない
打つときにどうしても力が入ってしまう
理由のわからないミスが多い

テニスはとても忙しい上に難しいスポーツなので、思うように打てないことが多いのはある意味当然なのですが、だからといって、こうした問題の全てをプレイヤーのせいにしてしまうのはちょっと酷かもしれません。

なぜなら、プレイヤーの運動は使うラケットによって大きな影響を受けるので、それを無視して練習を重ねても問題の解決につながらないからです。

こんなことまでラケットが原因

それどころか、以下のような、ラケットのせいにするなんてとんでもないと普通は思われているようなことまで、ラケットが原因で起きていることがあります。

フットワークが悪いので打ち合いが続くと後手後手になる
いつも打点が遅れる
すぐにバテてしまう
ミスが怖くて慎重になってしまい攻撃的に打てない

自分ではわからない

先述したように、テニスはとても忙しい上に難しいスポーツなので、打ち合いが続いているときは意識をボールの動きに集中させることが必要です。
プレー中は、その集中が少しでも途切れるとすぐにミスが出るので、無我夢中でボールを追わなければなりません。

そのため、ラケットのせいでプレーにどんな影響が出ているかをプレイヤー自身が自覚する余裕はないのが普通です。

ミスはプレイヤーの自己責任!?

テニスはラケット以外のものでボールを打ってはいけないスポーツなので、全てのショットの結果にはラケットの性能がもれなく影響します。

つまり、ラケットの影響を受けずにボールを打つことは誰にもできないはずなのですが、それにも関わらず、ミスショットとラケットの性能を結びつけて考えるケースはまれで、ほとんどはプレイヤーだけの自己責任にされてしまいます。
(ミスしたときにラケットの影響を考えるなんて、責任転嫁でみっともないだと思うわけです)

変な打ち方になってしまう原因はラケット

もちろん、ボールを打つ主体はプレイヤーなので、ミスが出たのはプレイヤーの動きが間違ったからなのですが、そうした間違った打ち方になりやすい大元の原因は、そのときに使っているラケットにあるということが現実に少なくありません。

というのも、テニスは、限られた範囲内にボールを打ち込むスポーツなので、どんなラケットを使っても一定の結果になるように打つことが要求されます。

ですから、飛びの良いラケットで打球がアウトしたり、飛びの悪いラケットで打球がネットしたりするのは許されないので、それを防ぐためにラケットに合わせて打ち方を調節しなければならないのですが、その打ち方の調節が変な打ち方の原因になるわけです。

ラケットの性能⇒ショットの結果⇒プレイヤーの打ち方

ラケットの性能はショットの結果に影響し、⇒プレイヤーはミスを防ごうとしてショットの結果を見て打ち方を変えるため、⇒最終的には、使っているラケットがプレイヤーに変な打ち方をさせるという仕組みです。

インパクトで力んだり、押したり、こねたりするのは、そのラケットで打球をコートに入れようとすると、どうしてもそんな動きになってしまうという仕組みで起きることなので、自分で直そうとしてもなかなか直らないことが多いわけです。

ラケットの問題を練習で直そうとしても解決しない

プレー上の問題を全てラケットのせいにすることはできませんが、「ラケットが原因で起きていること」「プレイヤー自身のせいで起きていること」をきちんと分けることができれば課題がかなり整理されるはずです。

何よりも、ラケットが原因で起きていることを練習で直そうとしても解決しないので、時間と熱意がムダになってしまいます。

できるはずのことができないとプレーしていてイライラするものですが、その原因は使っているラケットにあるのかもしれないと、一度、心の奥で疑ってみてはいかがでしょうか。

ラケットドックにご参加ください

ここまで述べてきたように、ラケットの影響で変な打ち方になってミスを連発していても、自分自身ではその原因がわからないというのがテニスというスポーツの基本特性なので、自分の動きが一番良くなるラケットを見つけるには第三者の診断が必要です。

そのサービスが「ラケットドック」であり、これまで、10,000名以上のフィッティング実績があります。

もっと早く知っていれば

「もっと早くこのサービを受けていれば、長年苦労しなくて良かったのに!」というご感想をいただくことが多いのですが、向上心の有る方ほど、その熱意と時間をムダにしないために早めの受講をおすすめします。
努力するのは、合うラケットを手に入れてからのほうがずっと効率的です。

下記の「開催日程と空き状況」のページをご覧の上、ご都合の良い日時をご予約ください。


開催日程と空き状況

初めてご来店いただく際にはご使用のラケットをお持ちください ←クリック
ラケットの買い替えのご相談で初めてテニスワンにお越しいただく際には、ご使用のラケットをお持ちください。
テニスワンでは、ラケットドックというラケットフィッティングサービスで、これまで10,000名以上のプレイヤーのラケットをチェックしてきましたが、その中で、ガットの状態スイングウェイトの両方とも適切であったケースはあまり多くありません。
ですから、その現状に近い状態でモデルだけ替えても、プレーの改善は見込めない可能性があります。
そのため、ご使用のラケットの現在の状態をチェックすることからラケット選びをスタートされることをおすすめします。

※すでにテニスワンでご購入や張替をされている方は、データが記録されていますのでラケットをご持参いただく必要はありません。

テニスラケットについて
ぜひ知っておいて欲しいこと

ラケットの性能は使う人で変わる

打ち方は使うラケットで決まる

ラケットの影響は自覚できない

ラケットが戦力を左右する
テニスワンオリジナル!
ラケット フィッティング
ほとんどのプレイヤーは ラケットで損をしている!
・・・・・というのが、10,000名以上のラケットフィッティングで得られた結論です。
合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。
ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓

実施内容
の紹介
スケジュール
と空き状況
ラケット
ドックの
レポート集
ラケット
ドックの
評判・感想
テニスワンでは、実際にプレーを拝見して、そのプレイヤーに合うラケットを選び出す「出張ラケットフィッティング」サービスを実施しています。
皆様が普段練習しているコートにテニスワンのラケットフィッター:佐藤が約60本のラケットを持って伺ってフィッティングを実施します。
不適切なラケットは本人が予想する以上にプレイヤーの足を引っ張っています。
ラケットのせいで起きているプレー上の不調について、ラケットのせいだとわかる方はとても少ないのですが、ラケットが原因で起きていることは練習や努力では解消できません。
ぜひ一度、経験豊富な専門スタッフの診断を受けることをおすすめします。
詳しくは CLICK↓
お使いのラケットのスイングウェイトとストリング・セッティングを一度計測してみてはいかがでしょうか。
この二つはラケットの使いやすさを決める数値なので、この二つのうちのどちらかが不適切なら、どんなに性能の良いモデルを選んでも意味がありません。
実際問題として、ラケットドックでチェックすると、「軽すぎるスイングウェイト」と「硬すぎる張上」は予想以上にプレイヤーの足を引っ張っています。
プレーがうまくいかない原因は意外にこんなところにあるのかもしれません。
詳しくは CLICK↓
体に合うラケットで テニスをもっと快適に!テニスワン
身体に合うラケットで
テニスをもっと快適に!