快適なプレーには
ラケット選びがカギ

ラケットはプレーを支える土台なので
そこがダメだとプレーのレベルが下がります。
合わないラケットでプレーが不安定なのを
練習でカバーしようとするのは時間のムダ。
身体に合うラケットで変なミスが減れば
テニスはもっと楽しくなります。

ラケットドックはこちらから

 

テニスプレイヤーは
自分のせいにし過ぎ!

プレイヤーはラケットの
影響から逃げられない

テニスでは、ボールを実際に打つのはプレイヤーではなくラケットなので、ボールがどんな飛び方をするかはラケットによって決まります。
でも、ラケットのせいでボールが飛び過ぎたり、逆に飛ばなかったりするとゲームにならないので、プレイヤーは、どんなラケットを使っても打球がきちんと相手コートに入るように打とうとします
ですから、技術レベルには関係なく、テニスプレイヤーであれば誰でも、ラケットに影響された打ち方になっています

すべて自分の技術的な問題

でも、この当たり前のことを、すっかり忘れてしまっているプレイヤーは少なくありません。
そのため、自分の変な打ち方やミスの多さは、すべて自分の技術的な問題だと思ってしまうようです。

テニスプレイヤーの本能

ですから、ラケットに影響された打ち方になっているという前提に気づかずに、自分の打ち方を直そうと努力しているプレイヤーがとても多いのですが、打ち方を改善したいという「プレイヤーの思い」より、「打球が相手コートに入るように打つ」という「テニスプレイヤーの本能」のほうがずっと強力なので、直そうといくら努力しても、すぐに元の「ラケットに影響された打ち方」に戻ってしまいます。
というのも、今使っているラケットで打球を相手コートに入れようとすれば、どうしても、そんな動きになってしまうという状態だからです。

努力がムダになってしまう

一例をあげれば、打つときの力みを直そうとしても、打ち負けやすいラケットを使っている限り効果は出ないでしょう。
手打ちになっていたり、大きく振り抜けなかったりするのを何とかしようとしても、そういう打ち方になってしまうラケットを手放さない限り打ち方は変わらないでしょう。
スピンがかかりにくい状態になっているラケットでスピンをかける練習を繰り返しても、球足が短くなるだけです。

変な打ち方になっているのは自分の技術的な問題なので、それを直すには努力して練習するしかないと思い込んでいる方がとても多いのですが、「ラケットに影響された打ち方になっている」という大前提を忘れていると、練習や努力が実を結ぶ可能性は低くなってしまうでしょう。

課題が整理できる

もちろん、プレー上の問題のすべてをラケットで解決することはできませんが、プレイヤーの問題とラケットの問題をきちんと分けることができれば、取り組むべき課題が整理されて、多くのムダな時間を減らすことができるはずです。

上達への新しい道

合わないラケットのせいで起きていることで自分を責めても、そこからは何も生まれません。
「思いどおりに打てないのは今使っているラケットのせいかな」と、ちょこっと疑ってみるだけで、上達への新しい道が開けるかもしれません。

一番簡単なラケット選び!

ラケットドックに
ご参加ください

ラケット選びには失敗が付きもので、打ちやすいラケットを手に入れるのは簡単ではありません。
さらに、モデル選択だけでなく、ラケットに付随する「スイングウェイト選び」「ガット張り」など、わかりにくいことがたくさんあります。

でも、それらについてネットでいろいろ調べたりするより、もっと簡単に自分に合うラケットを手に入れる方法があります。
それは、ラケットドックに参加することです。

ラケットドックで参加者がやることは、渡されたラケットでボールを打つだけです。
ラケットドックは理屈ではなく身体が選ぶラケットを見つけるサービスなので、いろいろ思い悩む必要はありません。

貴重な練習時間をムダにしないために早めのご参加を!

 

テニスワンが開催しているラケットドックには、10,000名以上の実証実験で証明された「適切なセッティングのラケット」が用意されているので、プレーが良くなるラケットが必ず見つかります。
爽快に打てるラケットをラケットドックで手に入れてください!⇓

Click!⇒ラケットドック—日本で唯一のラケット・フィッティングサービス
「自分に合うラケットはどうやって選べば良いのか?」の答えがここにあります。コートで実際に打ちながら、自分に合うラケットを即座に見つけるサービスです。身体がリラックスして打球の勢いと安定性が増すラケットを専門スタッフが客観的に選びます…

テニスワンの
ラケット選びサービスは
以下の3つです。

テニスワンの人気記事ランキング

第1位:テニスで緊張して大事な試合で実力が出せない!
この問題の解決のために、「緊張しない努力」や「メンタル面の強化」などに
対症療法的に取り組んでも、即効性はあまり期待できないでしょう。なぜなら、この問題と、「誰にでもある精神面の弱さ」とは無関係だからです。その「ほんのちょっとの誤解」を解消すれば試合での効果はすぐに得られるはずです…

第2位:テニスラケットの選び方/グリップやフェース等について
グリップはプレイヤーとラケットを結ぶ接点なので、ここが不適切だとラケット操作に支障が出ます。ですから、フィットするようにサイズをきちん選ぶことが大切です。その他、フェースサイズやフレーム厚などについても選ぶ上での基本が書いてあります。「ラケットについての間違った思い込みは上達の障害」になるので正しい知識をこのページで吸収してください…

第3位:小学生のテニスラケット選びでぜひ知っておいて欲しいこと
熱心なジュニアが間違ったラケット選びで損をしているケースを
ラケットドックで数多く見てきました。合わないラケットの弊害は大人よりジュニアのほうがずっと深刻です。ラケットにジャマされて余計な苦労を背負わせないためにぜひお読みください…

全部で200以上のテニス関連記事が下記のカテゴリーに分類されています。クリックしてください。