「推奨テンション」は推奨できない

推奨テンションが適切ではない具体例

ガット張りの際に公認レシピといえるものは、ラケットメーカーが表示している「推奨テンション」で、これ以外に、ガット張りの際の目安になるような数値は公表されていません。
ラケットメーカー自身がラケットに表示している数値範囲なので、一般のプレイヤーは「その範囲内のテンションで張っていれば安心」と考えるのが普通です。
でも実際には、一部のケースを除いて、推奨テンションの数値表記が現実離れしていることが多いのです。

適切ではない事例

「ラケットメーカーが自社製品について適切ではない数値を表示することなど絶対にあり得ない」と考えるのが一般的な常識なので、私共がこんなことを言ってもすぐには納得されないと思いますが、現実問題として以下のような事例があります。
◇事例1
メーカー自身が、自社ブランドのラケットの試打会で使用するラケットにストリングを張る際に、適正範囲の下限値を大きく下回る張力で張っているケースが見られます。
◇事例2
テニス専門誌等で、ニューモデルの試打レポートのために準備されるテストラケットにストリングを張る際には、当然、技術的にしっかりしたストリンガーが選ばれるわけですが、そのときに使用される張力は、40ポンド台前半が多いという話をテスターや編集の方々から聞いています。
◇事例3
2010年発売の「スリクソン/X4.0」の「推奨ストリングテンション」は「50~60ポンド」という表記になっていますが、その2年後に発売された「スリクソン/REVO X4.0」の「推奨ストリングテンション」は「40~55ポンド」という表記に変わっています。
前作と全く同じスペックの後継モデルなのに、「推奨ストリングテンション」の下限値が2年の間に10ポンドも下がっているわけです。(私どもでは、これを改善の一つと受け取っています)
◇事例4
「スリクソン」と「バボラ」は別ブランドですが、日本国内では株式会社ダンロップスポーツマーケティングという一つの会社が販売しています。
先述したように、「スリクソン/REVO X4.0」の推奨ストリングテンションは「40~55ポンド」なのに対して、「バボラ/ピュアドライブ2012」の推奨テンションは「55~62ポンド」となっています。
(※ピュアドライブ2015以降は50~59ポンドに変更されています。)
フェースサイズは同じ100平方インチなのにもかかわらず、下限値が10~15ポンドも違うわけです。
海外ブランドの輸入品については日本側の意向が反映されにくいという事情があるようですが、同じ会社が販売しているスペック的に似た(フェースサイズ100平方インチ)二つのモデルの推奨張力範囲が10ポンド以上もズレているというのは不思議な話です。
◇事例5
「ウイルソン」の2008年から2011年までのカタログには、フレームに記載してある「適正テンション」の数値とは別に「推奨テンション」の数値の記載がありました。
あるモデルについては、適正テンション:55~65、推奨テンション:45~55などと表記されて、適正範囲と推奨範囲が重ならない状態でした。
推奨はするけれど適正でなかったり、適正だけど推奨はしないという数値があったわけで、不思議ですね。
推奨テンションについては日本語カタログだけの記載だったようですが、2012年のカタログからはこうした並列表記は姿を消して、なぜか、数値が大きいほうの「適正テンション」に一本化されています。

下限値でも硬すぎる!?

次の2モデルの推奨テンション範囲は以下のとおりです。
ウイルソン/JUICE 100 :53~63lbs
バボラ/ピュアドライブ2012 :55~62lbs
TENNIS-ONEが、実際にこれらのモデルをこの下限値の53とか55の張力で張った場合、通常の使用には適さないくらいガチガチの硬い張り上がり(面圧)となります。
※実際には、ショップが変われば技術内容やマシンが変わるため、張力の数値が同じでも同じ硬さ(面圧)には張り上がらず、その差は一般に予想されるよりかなり大きいと言えます。
ですから、55ポンドという張力を使っても、ショップによっては硬くなっていないケースもあって、単純に断定はできませんが、現実問題としては硬すぎるケースが多くなっているようです。

硬くなった原因

そして、その原因として最も有力な犯人候補は「ストリングマシンの性能向上」です。
現在のプロ用のマシンは30〜40年前くらいのマシンからは想像できないほど進化しており、その結果、同じ張力で張っても、30〜40年前のマシンより格段に硬い張り上がりになります。
その一方で、フレーム等に記載されている「推奨テンション」の範囲は、十年一日のごとく変化しておりません。(特に海外ブランド)
「テニスエルボー」という障害がこれほどポピュラーになった背景には、ラケットの剛性アップ等の影響も考えられますが、「ストリングマシンの性能向上」がその片棒を担いでいることは間違いないと思われます。

推奨テンションの範囲は危険

以上のことから、カタログやフレームに記載してある推奨テンションの数値を鵜呑みにして、その範囲内でガットを張るのは危険と言って良いでしょう。

ガット張りはラケットを快適に使うためにとても大事なことなので、推奨テンションの数値範囲などに一切とらわれずに打ちやすい状態を探してください。

それが難しいと感じたら、ぜひ、テニスワンのガット張りをご利用ください。
テニスワンは10,000名以上のラケットフィッティング経験を通じて、ガット張りが適切でないせいでプレイヤーが損をしている現実を数多く見てきました。(参照⇒ラケット・フィッティング
そして、「ガット張りの適切な硬さの範囲」を実証的に把握してきましたが、それは、ラケットに表示してある「適正テンション」の範囲とは大きく異なリます。

Click!⇒ガット張りの理想とは
ズバリその答えは「打球感を無くすこと」です。「打球衝撃を最小限にするセッティング」が実現すれば「インパクトでヘッドが走る状態」になります。そして、手応えが軽くなってヘッドが走れば打球が伸びて沈むようになり、相手コートで弾んでからの失速が減ります。それくらい、適切なガット張りは大切なのです。

GUT LIVEなんて必要ない!

ガットの動きが悪いせいで起きるネットやアウトを、全部自分のせいだと思い込んでいる人には、GUT LIVEは必要ありません。


◇インパクトでボールが面からこぼれてネット
ガットが動かないと「食い付き感」が生まれないので、インパクトでボールをつかまえられずにスルッとネットすることが多くなります。
◇スピンで押さえ込めずに浮いてアウト
動いたガットが戻るときに順回転がかかるので、ガットが戻らないと回転が安定せずスッポ抜けのアウトが出やすくなります。
◇打球の深さがバラバラ
ガットの動きが安定せずに、ボールインパクトで動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすれば、ガット面から打ち出されるボールの角度が毎回変わるので、その影響で打球の深さが不安定になります。
自分のせいではないことで損をしたくないなと思ったらこちら!↓Click!

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットの
基礎知識
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
「ポンド」は
硬さではない
異なる硬さを
打ち比べる
適切な
硬さを提案
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外
で張上の硬さが
変わる
適切な硬さを
簡単に見つけるには
テニスワンの
ガット張りについて


テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
合うラケットと合わないラケットの違いはとてもシンプルで、「伝わりが良いかどうか」です。
伝わりの良いラケットを使えば、頑張らなくても打球の勢いが出るので、余計な力みが減ってリラックスした動きになり、足を踏ん張る必要もなくなるのでフットワークが軽快になります。
そして、伝わりの良いラケットを手に入れるには、コート上での比較実験が必要な上に、その実験の過程を観察して客観的に判断する役割が不可欠です。
10,000名以上のフィッティング実績!
ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画