テニスラケットのガットの硬さが不適切になる原因

ガットの硬さが不適切になる原因

張りが硬すぎる!

ラケットドックでは参加者のラケットのストリングの状態をチェックしていますが、男女を問わず、硬すぎる張り上がりになっていることが少なくありません。
その影響で、打つときの力みバランスの崩れ、回転のかからない打球のすっぽ抜け等のプレー上の障害が出るのですが、にもかかわらず、使っている本人が硬く張っているとは思っていないケースが多いのです。
というのも、そういうケースで多いのは、推奨テンションの下限や下限以下の数値で張っているために、まさか硬いとは思わず、そうしたプレー上の障害が起きていても硬い張り上がりのせいというのが想定外なのです。
このように、知らないうちに不適切なストリングの硬さで重荷を背負いながらプレーしている恐れは誰にでもあるようなので、そんなことを避けるために、以下の内容をお読みいただければと思います。

「適正テンション」が元凶!?

どんなラケットにも「適正テンション」「推奨テンション」という名前で「50~60」というような数値の範囲が具体的に表示されています。
メーカーが自社製品について表記している数値なので、「ストリングを張るときはその推奨の範囲内で張れば安心!」と誰もが思うのは当然の話です。
でも、それが原因で「硬すぎる張り上がりが多い」という事態が起きているのはまぎれもない現実なのです。

「適正テンション」が適正ではない

現実問題として、ラケットメーカーが自社製品の試打会を行う場合、当然、使用するラケットのストリング・セッティングは打ちやすい状態に仕上げなければならないのですが、そのときの使用張力が適正テンションの下限を下回っているケースが多いということはあまり知られていません。
国内でベストセラーを続けている「バボラ/ピュアドライブ」には「50~59ポンド」と表記されています。
(2015年モデル。その前作までは「55~62ポンド」と表記)
ウイルソンのラケットもそのほとんどについて「50~60ポンド」と表示されています。
これを見れば誰でも「50ポンドくらいで張れば下限だから柔らかい」と思うのが自然ですが、50ポンドというテンションで柔らかく張り上がるのは今から30年以上も前の話です。
その頃から現在まで、ストリングマシンは順調な進化を続けており、その影響で50ポンドというテンションで張り上がる硬さは大きく変わっているのです。
その証拠に、ヨネックスやスリクソンのような国内で企画されているラケットブランドについてはモデルチェンジごとに表記数値が下がり、現状では「40ポンド~」という表記が増えています。
同じ100平方インチのフェースサイズのラケットで、ブランドによって適正テンションの下限値が10ポンドも違うというのはおかしな話ですが、こういう現実があることをきちんと理解しておくことが大切です。
(※テンションと張り上がった硬さの関係はストリンガーによって大きく変わるため、50ポンドで柔らかく張り上がるケースが全く無いとは言い切れません。
作業途中でゆるむ量が多いほど、同じテンションでも張り上がりの硬さは柔らかくなります。)

「テンション」では張り上がりの硬さがわからない

ラケットメーカーのテンション表示が適切でないにしても、それが硬すぎる張り上がりに直結してしまうのはどうしてでしょうか。
その理由は「張り上がったときの硬さ」を計測していないからです。
結果を測定しなければ硬いかどうかは判断できないわけです。
テンションの数値は、ストリングを張るときにマシンの張力を調節するときに使用する数値なので、その数値で張った結果、どの程度の硬さに張り上がったのかを示すものではありません
「どの程度の硬さに張り上がったのか」を知るには、ストリングマシンとは別の専用の計測機で測定する必要があるのですが、張り上がったときにそうした計測機で測定しているケースは少ないのです。
「どの程度の硬さに張り上がったのか」「面圧」と呼ばれています。
「ストリング面の圧力」というような意味合いだと思われますが、「テンション」と「面圧」は全く別のものなのです。
テンションと面圧は別物!テンションは硬さではない!
結果の測定をしなければ、昔ながらの「50~60ポンド」から「大きくハズレなければなんとなく安心」と考えていたり、推奨テンションの表示を鵜呑みにしたりしていれば、硬すぎる張り上がりになるのは避けられないでしょう。

モデルごとに異なるテンション設定が必要

同じフェースサイズのモデルであっても、フレームの剛性やグロメットの構造、ストリングパターン等が異なれば、その影響で張り上がりの硬さは変わります。
ですから、同じテンションで張っても、モデルが異なれば張り上がりの硬さ(面圧)は変わります。
逆に言えば、異なるモデルを同じ硬さ(面圧)に張り上げようとする場合は、個々のモデルについて異なるテンションで張る必要があるわけです。
そのためには、張り上がりの硬さを計測することが最低条件で、それが行われていない場合は、モデルごとにどれくらいの程度テンションで張れば同じ硬さになるのかがわかりません。
ラケットドックで使用されるラケットは、それぞれが「適切な硬さ」になるように異なるテンションで張られています
そのおかげで、同じ硬さに張り上がった複数のモデルを打ち比べることができるのですが、見方を変えれば、同じ硬さに張り上がっていないラケットを打ち比べても正確な比較はできないということです。

適切な硬さ

テニスワンでは、これまでの10,000名近いラケットフィッティングの経験から、一般的なプレイヤーのプレー状態が良くなるストリングの硬さが、ある範囲に集中しているということを把握しています。
もちろんそれは、ストリングが張り上がった状態の硬さですから、テンションではなく「面圧」ということです。
さらに、これまでのラケットフィッティングの経験からわかったことは、「ストリング・セッティングが適切でない場合は、どんなラケットを選んでも良い状態にはならない」ということです。
ボールが当たるのはフレームではなくストリング面なので、その反応がラケットの性能を最終的に決めるわけです。
せっかく自分に合うラケットを選んでも、ストリング・セッティングを間違えると、全く合わないラケットを選んだのと何も変わらない状態になります。
料理に例えると、どんな高級食材でも、味付けに失敗すれば食べる価値が無くなってしまうのと同じ理屈です。
自分に合うラケットを使ったことのない人は合うラケットのプレー感覚がわからないのと同じように、適切なストリングの硬さは、それで実際に打ってみないと、その爽快感は実感できないでしょう。
自分の技術の問題だと思っていたことが、実は不適切な硬さのせいだったということも現実に少なくありません。
どんなに優れた性能のラケットもストリング・セッティングだけで台無しになってしまうということを忘れないで下さい。

GUT LIVEなんて必要ない!

GUT LIVEは、多くのプレイヤーにとって必要のない商品です。
なぜなら、以下のようなプレー上の不利益のほとんどは、GUT LIVEが無いせいではなく、プレイヤー自身のせいだと普通は思われているからです。


◇インパクトでボールが面からこぼれてネット
インパクトでガットが動かないと「食い付き」が生まれず、ボールをつかまえる感覚が希薄になって面からスルッとこぼれやすくなります。
◇スピンで押さえ込めずに浮いてアウト
動いたガットが戻らないと、打球に思うような回転がからずにフワッと浮きやすくなります。
◇打球の深さがバラバラ
ボールインパクトでガットが動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすれば、ストリング面から出て行くボールの方向が毎回変わって打球の深さが不安定になります。

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットの
基礎知識
はじめに
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
「ポンド」は
硬さではない
異なる硬さを
打ち比べる
適切な
硬さを提案
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外
で張上の硬さが
変わる
適切な硬さを
簡単に見つけるには
テニスワンの
ガット張りについて

テニスワンのトップへ


ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論です。その原因は、合わないラケットのせいで「変な打ち方」や「失速する打球」になっていても、プレイヤー自身はそれをきちんと自覚できないことにあります。そのため、自分に合うラケットを見つけるには第三者に客観的に見てもらうことが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!

「ラケットでプレーが変わる」なんていう話を聞くと、過去にプレーを変えようとして苦労した方は特に「そんなうまい話はとても信じられない」と感じると思いますが、実は確実に変ります。そして、その理由はとてもシンプルです。
⇒続きはこちら