GUT LIVE(ガットライブ)で高速スピンと安定性を獲得!

GUT LIVE(ガットライブ)で
スナップバック効果を向上!

ストリングをずらしたときに「ギリッ」「ガリッ」という音がしませんか?・・・そんな状態ではうまく回転がかかりません。
GUT LIVEはガットが動く状態をキープする潤滑保護剤です。

スナップバック

テニスラケットに張られたストリングは、交差するポイントが固定されていないため、ボールが当たると動くようになっています。
そして、ボールが当たって動くことでボールをつかまえる感覚=「食いつき感」が生まれ、動いたストリングが戻る際に「回転と推進力」が打球に加えられるわけです。
これが、「スナップバック機能」と呼ばれるもので、打球のコントロールとスピン量を左右する大事な機能です。

ストリングの摩擦で動かなくなる

しかし、使い込まれたストリングの表面は、荒れてガサガサになってストリング同士の滑りが悪くなります。
そうすると、ずれたストリングが元の位置に戻りにくくなり、それを元に戻すときにガリガリ、ギシギシというような音がするようになります。
こうして、ストリング同士の摩擦が大きくなると、ボールが当たったときにストリングがズレたりズレなかったり、戻ったり戻らなかったりという状態になります。

ストリングアクションにバラツキが出る

こうして、ストリングの動きが毎回違ってしまうわけですが、そういう状態で一定の打球を打つのは容易ではありません。
ボールが当たったときにストリングが動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすると、その影響で、ストリング面から出ていくボールの打ち出し角度が毎回変わってしまいます。
食い付いたり食い付かなかったり、回転がかかったりかからなかったりと、その場その場で毎回違うことが起きやすくなります。

こういう状態でショットを安定させるのは至難のワザですが、でも、ほとんどのプレイヤーは、プレー中にそういうことが起きていてもストリングアクションが悪いせいだとは考えず、自分の技術のせいだと考えてしまいます。

テニスが余計に難しくなる

ストリングの動きが打つたびに毎回変わるような状態では、当然ですが、どんなプレイヤーでもコントロールが定まりません。
テニスのショットは動くボールを打ち返すので、ただでさえ打球をコントロールするのはとても難しいのですが、プレイヤーとは全く関係のないところにコントロールが不安定になる要因が有る状態では、ショットを安定させる努力や練習がムダになってしまいます。


ボールが当たったとき、ストリングがずれて動くことでインパクトの衝撃を吸収し、同時にストリング面がボールをつかむ食いつき感が生まれます。(下の図1)
縮んだバネが元に戻るのと同じように、動いたストリングが元に戻ることでボールに回転と推進力が付加されます。(下の図2)左図:ボールが当たると、ストリングはズレで動くことで衝撃を吸収する 右図:動いたストリングが戻ることで、ボールにスピンやスピードが生まれる
使用を重ねたストリングの表面はザラザラになり、摩擦が大きくなって動きにくくなるため、食い付きが悪くなって回転がかかりにくくなります。
さらに、インパクト時のストリングアクションが不規則になるため、ボールの飛び方も不安定になります。
また、ストリング同士が拘束し合うようになるため、ストリングの弾力性が十分に生かされなくなり、打球に伸びがなくなります。


GUT LIVEは張りたて時のようなストリングが自由に動く状態をキープすることで、快適にプレーできる状態を維持し、切断までの期間を大幅に伸ばします。

GUT LVE(ガットライブ)はこんなプレイヤーに効き目があります

打球にもっと回転をかけたい
回転のかかりがバラついて深さが安定しない
インパクトでグッと食いつく感じが欲しい
ナチュラルガットを使いたいが耐久性が心配
打球感をもっとマイルドにしたい
ガットがすぐに切れるので使える種類が限られる
ガットがヨレるのが気になっている
ガットがすぐに切れて困っているジュニアプレイヤー

ナチュラルガットユーザーに!!

プレーパフォーマンスと快適さでは右に出るものがないナチュラルガットですが、最大の欠点は切断耐久性が弱いことです。その欠点をGUT LIVEがカバーします。
潤滑性を確保してナチュラルのしなやかな反発性能を維持するとともに、繊維の断裂を防止して、その寿命を大幅に延ばします。
GUT LIVEはシリコン系ではなくフッ素樹脂系潤滑剤ですので、軽度の降雨に対して防水性を向上させます。
しっかりと濡れたボールを打ち続けた後のナチュラルガットは乾燥後にガチガチに固まりますが、その状態からでも潤滑性を復活させることが可能です。
ナチュラルガットの細いゲージは最高に気持ちが良い打ち心地ですが、耐久性が心配で手を出せないという方に是非お使いいただきたいアイテムです。
GUT LIVEはナチュラルガットにとって必需品といっても良いでしょう。

ガットがすぐに切れてしまうジュニアプレイヤーに!!

ジュニアの選手で数時間の練習で新品のガット(ストリング)を切ってしまう方は珍しくありません。そのため、しかたなく切断耐久性が高いポリエステル系ストリングを選択するケースが多くなります。
しかしながら、ポリエステル系ストリングはナイロンに比べて伸縮性が低いため、弾きが悪く、大人より筋力が弱いジュニアプレイヤーは力んでしまうケースが少なくありません。
TENNIS-ONEBTL<で共同開催している「ラケットドック」では、ポリ系ストリングを使用しているジュニア選手を診断することも多いのですが、ほとんどのケースで打つたびにバランスを崩しており、伸びのない打球になっています。
オーバーアクションになるのは、入れた力がボールに伝わらないために、さらに力を入れるという悪循環に陥ってしまうためです。
大人の男性でもポリを使用して伸びのある打球が生まれているケースは少ないため、発育途上のジュニア選手がポリを使用することはできるだけ避けたほうが良いとテニスワンでは考えています。
反発力のあるガットを使えば打つことの負担が減ってリラックス感が生まれます。そうなれば、次のショットへの対応も速くなり、カバーできる範囲が拡がります。
ポリではボールが伸びないことは知っていても、ナイロンではすぐに切れてしまうというジュニアのために、GUT LIVEの使用をお勧めします。
耐久性に不安があるガットの切断耐久性を大幅に高める「GUT LIVE」を、是非お試し下さい。

【 使用方法 】

● キャップを外して中栓の青いスポンジの中心部を押すと液が出ます。(肩コリや虫さされの塗布薬の容器と同様です)
● ストリング面にポンポンと軽く押しつけて、スポンジ面で軽く拡げるように塗って下さい。そのまま2~3分放置すれば乾きます。(※ゴシゴシと擦りつける必要はありません)
● 液体なので、塗るときにストリングをずらさなくても交差する内側までしみ込みます。
● 塗る頻度はプレー状態によって異なりますが、ストリングがずれて戻らなくなったら再塗布して下さい。その場合も、戻らなくなった部分だけ塗れば潤滑性が回復するので、毎回、全面に塗る必要はありません。
● 大体の目安として、1日のプレーが終わったら次のために塗っておくというペースが良いでしょう。
● ストリングを横にずらしても戻ってしまう場合は、GUT LIVEの効き目が持続していますので塗布する必要はありません。
● 30分から数時間程度でストリングが切れてしまうプレイヤーの場合は、練習の合間にもこまめに塗って下さい。
価格:2,400円(税別)

CLICK↓
GUT LIVEのご注文はこちらから!

テニスワンはお預かりしたラケット全てにGUT LIVE塗り上げ加工を実施!


※ガットが動く状態を実現するには、当然ですが、張上の硬さがキーポイントです。張りが硬すぎれば動かず、柔らかすぎれば戻りません。
快適にプレーするには適切な硬さに張り上げることが何よりも大切です。参照⇒テニスワンが「適切な硬さ」を提案!


テニスワンのトップへ


ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論です。その原因は、合わないラケットのせいで「変な打ち方」や「失速する打球」になっていても、プレイヤー自身はそれをきちんと自覚できないことにあります。そのため、自分に合うラケットを見つけるには第三者に客観的に見てもらうことが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!

「ラケットでプレーが変わる」なんていう話を聞くと、過去にプレーを変えようとして苦労した方は特に「そんなうまい話はとても信じられない」と感じると思いますが、実は確実に変ります。そして、その理由はとてもシンプルです。
⇒続きはこちら