テニスワンが「適切な硬さ」を提案!

「ガット張りの適切な硬さ」についてはいろいろな意見が有るようですが、私どもは「勝ちやすいかどうか」で判断するのが最も合理的だと考えます。プレイヤーの好みで決められていることが多いのですが、好きな打球感でも打球が失速していては元も子もありません。

「適切な硬さ」を提案!

■女子のトッププロのラケット・フィッティング
先日、日本の女子ランキングトップ10位内のプレイヤーのラケット・フィッティングをやる機会がありました。
結果的には、私どもの目から見ると、それまで使っていたラケットで打ち出された打球より、私どもが用意したいくつかのラケットのほうが打球の伸びと勢いが増して、打っているときの身体バランスも良くなりました。
そのときに使ったラケットは全て面圧55で設定されており、ということは、私どもの使用張力は40ポンド以下なのですが、それで女子のトッププロでもOKということです。
ストリング・セッティングが適切かどうかを判断するには「振り抜いて押さえ込めるかどうか」が決め手で、硬く張って飛びを抑えようとすると打球のスッポ抜けと失速を生むだけです。
「振れば振るほど確実に入る状態」に仕上げられるかどうかがキーポイントなのです。
参照⇒テニスガットの硬さは振り抜けるかどうかで良否を判断する
私どもの使用張力をお知らせすると「そんなにゆるいのか!」と驚かれる方が多いのですが、50~60ポンドという昔の数字の記憶がまだ生き残っていたり、そんな数値がラケットのフレームに記載されていたりするせいだと思います。
ただ、推奨テンションに影響されて張力を決めてしまうと、硬くなりすぎて故障に直結する恐れがあるので十分ご注意ください。面圧55がとても汎用性の高い硬さだというのも、ラケットドックでの実験の積み重ねの結果から得られたもので、私どもは「使用するボールと相性の良い硬さ」だというふうに理解しています。
ですから、状況に合わせた多少のアジャストは必要ですが、使用するボールが同じであれば、張りの硬さのバリエーションはそれほど幅広く設定する必要はないわけです。

好みの硬さ?

残念ながら、プレイヤーの好みどおりの硬さに張り上げれば良い状態になるとは限りません。
というより、プレイヤーの好みに合わせることで適切な状態から外れていく事例のほうが現実的にはずっと多いようです。
なぜなら、プレイヤーの好みというのはほとんどの場合、「打ったときの感じ=打球感」がベースになっているからです。
そして、好きな打球感に仕上げられたラケットでプレーすることが【戦力アップ】につながれば良いのですが、実際のところはその逆になるケースが多いようです。それは、以下のような理由によるものです。

打球感のデメリット!?

飛んでくるボールとラケットがぶつかったときには、大まかに言うと【ボールの飛び】と【打球感の発生】という二つの現象が生まれます。
ボールとラケットの衝突で生まれたエネルギーは、この二つの現象で消費されるわけですが、この二つについては、どちらか一方が大きくなると、もう一方が小さくなるという相反する関係があります。
つまり、ボールの飛びが良いときは打球感の発生が少なく、ボールの飛びが悪いときは打球感の発生が大きいということです。
つまり、「しっかり打った」という感じがあまりしない時にボールが勢い良く飛んで、強い打球感を感じたときには、その分だけ打球の勢いは弱まるわけです。
野球やゴルフなどではよく言われますが、「打った感じがしなかった!」というときに打球が一番飛びます。

打球感=伝達ロス

ですから、つきつめれば、【打球感】というのは【伝達ロス】です。
スイングパワーの打球に伝わらなかった分が【打球感】としてプレイヤーに戻ってくるわけです。
なので、【好きな打ち味】になるように張り上げるのは「ちょっとおかしい!」ということになるのです。
好きな【打球感】=好きな【伝達ロス】なので、そうした基準でストリング・セッティングを決めている限り、勢いのあるショットにはなりにくいわけです。

自分の打球の勢いはわからない

打った感じの好き嫌いで張りを決めるのがあまり良くないというのであれば、何を基準にして決めれば良いのでしょう。
それはやはり【打球の勢い】そのものではないでしょうか。
テニスは勝敗を競うゲームなので、戦力がアップするかどうかがとても重要で、そのカギを握るのは【打球の勢い】だからです。
でも、打球の勢いが出やすいストリング・セッティングをプレイヤー自身が探し出すのは容易ではありません。
なぜなら、プレイヤー自身が自分の打球の勢いを感じ取るのは困難だからです。

面圧55が標準—実績が証明する適切な硬さ

テニスワンでは、ラケットドックというイベントで、これまで10,000名以上の方にラケットフィッティングを実施してきましたが、フィットしたラケットのほとんどが「面圧55」でセットされたものです。

※「面圧55」は、「55ポンドで張る」ということではなく、単位も含めて全く別モノです。

ラケットフィッティングでフィットするストリング・セッティングは、プレイヤーの好みによる選択ではなく、「プレー上で良い結果が出るセッティング」ということです。
ストリング・セッティングが適切でなければ、フィッティングそのものが成り立たないので、「面圧55」は10,000名以上のフィッティング実績によって裏打ちされたセッティングなのです。
テニスは繰り返し打ち続けるスポーツなので、そこで基本的に求められるのは「少ない力で強い打球」であり、それには、「伝達効率」がカギを握っているのです。
プレー環境は日々変化するので、それに対応するためには張上の硬さについても若干のアジャストが必要ですが、伝達効率の良いストリング・セッティングは「面圧55」から大きく外れないほうが無難でしょう。
実際に、テニスワンの張上実績の9割近く「面圧52~58」の範囲に入っています。
適切な硬さから外れているケースには、硬すぎる場合と柔らかすぎる場合の両方があるのですが、それによって生まれる弊害には以下のようなものがあります。
⇒硬すぎる弊害と柔らかすぎる弊害の症例

【推奨テンション】が適切ではない

そしてさらに、その適切な範囲の硬さに張り上げるためにテニスワンが使用する張力は、ラケットメーカーが記載する【推奨テンション】の範囲より低いのが普通です。
メーカーが自ら表示する【推奨テンション】なのですが、一部を除いて、その数値範囲が適切ではないケースが多いのです。
(⇒「推奨テンションが適切ではない具体例」はこちら)
ですから、【推奨テンション】の値を参考にして張ったために「硬すぎる状態」になっている事例は後を絶ちません。
製品を提供しているメーカー自身が表示する数値なので、常識的には守る必要があると考えるのが普通です。
でも、それが原因でテニスエルボーになったという事例も数多く見受けられます。
【推奨テンション】の数値を鵜呑みにして、硬すぎる張り上がりになってしまうのも、結果の測定をせずに張力の指定だけで張り上げることの弊害の一つだと思われます。
適切なストリング・セッティングは戦力アップと故障防止の両面で効果があります。
テニスワンが推奨する硬さをぜひ一度体感してみてください。

張替のご注文ページはこちら

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットの
基礎知識
テンション
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
テニスワンが
「適切な硬さ」
を提案!
ガットの知識
応用編
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
異なる硬さを
打ち比べる
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外
で張上の硬さが
変わる
適切な硬さを
簡単に見つけるには
テニスワンの
ガット張りについて
多くのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論です。その原因は、「モデル選択の間違い」だけでなく「フレームのスイングウェイトが不適切」なのと「ガットの種類と硬さが不適切」なせいで、ショットの勢いと正確性が失われているケースがとても多いことにあります。そして、「自分に合うラケット」は、これら三つの要素を全て同時にクリアする必要があるので偶然手に入れるのは難しいのです。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓

   
内容の紹介 日程と空き状況
   
 
 
ラケットとガットについての記事が
全60タイトル!

テニスワンの
「ラケット選びのノウハウ集」へ

テニスワンのトップへ