テニスガットの硬さは「振り抜き」の良さで判断する

大事な試合でビビらずに大胆に打っていくには「振れば振るほど安定して入る状態」が必要です。そして、それにはガットの硬さが重要なカギを握っています。「大胆に振り抜いたほうが安定して入る」という状態を目指して「インパクトでヘッドが走る状態」に張り上げることがキーポイントです。

テニスガットの適切な硬さは
振り抜けるかどうかで判断する

ガット張りの硬さについて「どれくらいが良いのか」と悩んでいる方は少なくないと思われます。
「フレームに表示されている【適正(推奨)テンション】の数値範囲が適正ではない」ということについての理解は広く浸透してきているようですが、「それではいったい何が適切なのか」という答えを見つけるのは簡単ではないようです。
(参照⇒「推奨テンションが適切ではない具体例」
そこで、このページでは「適切な硬さを見つける簡単な方法」をご紹介したいと思います。


結論を先に言ってしまうと、その方法はとてもシンプルで「振り抜ける硬さに張り上げる」というものです。
別な言葉では、「インパクトでヘッドが走る状態」に仕上げるのが「適切な張上の硬さ」ということです。
「振り抜けるかどうかなどというのは、ストリング・セッティングではなくプレイヤーの技術的な問題ではないか」と思われる方が多いかもしれませんが、ガット張りの硬さが適切でないラケットでは、誰が打っても振り抜けるスイングはできません。
その理由はのちほど説明させていただきます。

「ヘッドが走る」とはどういうこと

「ヘッドが走る」というのは、インパクトの前後でラケットヘッドの移動速度(ヘッドスピード)があまり変化しないときに生まれる感覚です。
ラケットはプレイヤーが振ることでヘッドスピードが上がりますが、ラケットヘッドが高速で移動しているところにボールがぶつかると、その影響でヘッドスピードは少なからず減速します。
硬式テニスのボールの重さは60gくらいあるので、それがある程度のスピードで飛んで来ると、ピンポン玉を打つときのようにはいかないわけです。
インパクトでボールから受ける抵抗によってヘッドスピードが落ちるわけですが、その抵抗が大きければ減速も大きくなり、抵抗が小さければあまり減速しません。
この、インパクトでボールから受ける抵抗はボールを打ったときの手応えと言い換えることができます。
ですから、手応えが大きいほどヘッドスピードの減速が大きく、あまり手応えがないときのほうがヘッドスピードが減速せずに「まるで素振りのように」振り抜けるわけです。

打球衝撃は伝達ロス

ご承知のように、「打球感を感じないときに打球が良く飛ぶ」というのは、道具でボールを打つスポーツ全般に共通することで、サッカーの直線的なミドルシュートやボクシングのパンチのように、道具を使わずに足や手で直接打つ場合にも言えることです。
蹴った感触が軽かったときに強烈なシュートが生まれ、相手の顔を通り抜けたようなパンチがノックアウトにつながるわけです。
ゴルフでドライバーがよく飛んだときは、まるで空振りしたときのようなインパクト感になりますが、「プレイヤー側のパワーが全部乗って打球が飛んで行ったら、そこで発生する衝撃が小さい」わけです。
この仕組みをテニスの場合で説明すると以下のようになっています。
プレイヤーによって振られたラケットのフェース部分が、飛んで来るボールと衝突した際には、そこで「衝突のエネルギー」が発生します。
その衝突のエネルギーの使われ方が問題で、インパクトの際にラケット側に何かが起きると、そこでエネルギーが大量に消費されてしまいます。
オフセンターヒットやフレームショットで面がブレたりグリップが回ったりすると、それによって衝突のエネルギーが消費されてしまうので、エネルギーが減った分だけボールの飛びが悪くなります。
フレームショットやオフセンターヒットのときの打球がヘロヘロになるのはそういうわけなのです。
さらに、インパクトでプレイヤーが受ける手応え(=打球衝撃)の発生もエネルギー消費の一部であり、それが大きいほどボールの飛びが悪くなります。
ですから、インパクトでラケット側に何も起きずに、プレイヤーが何も感じなければ、エネルギーロスが発生せずにボールが効率良く飛びます。
ボールとラケットヘッドが衝突したことで発生するエネルギーを、ボール側とラケット側で平等に分け合うような状態では、ボールの飛びは悪くなるわけです。

インパクトでヘッドが走ることで生まれるメリット

それでは、インパクトでヘッドが走ると何が良いかということですが、その最大のメリットは球筋を押さえ込むのが容易になることです。
「ヘッドが走る」ということは、インパクトポイントをラケットヘッドが通過する際の速度が速いということで、それによって生まれるメリットは「打球の速さと強い回転の両方が同時に得られること」です。
グリグリとこすっただけの回転では、相手コートで高く弾む打球にはなっても球速は出にくく、前に伸びる推進力も生まれにくいのですが、「振り抜くだけで順回転がかかる状態」になれば「伸びて沈む球筋」が得られます。
インパクトでラケットヘッドが止まるような打ち方でもボールはそれなりに飛びますが、そんな打ち方では順回転がうまくかからないので押さえがきかず、後半に失速する飛び方になります。

振れば振るほど安定してコートに入る状態

ヘッドが走ることで「振れば入る」「振り抜いたほうが安定する」という状態が手に入れば、緊張する局面でも不安を感じることなく大胆に振り抜くことができるようになります。
大事な試合でビビらずに攻めるためには、「振れば振るほど安定してコートに入る状態」が必要なのです。
振り切ることで球筋を押さえ込む感覚を身につければ、力加減でコントロールしている状態と比べると戦力的に大幅な違いが生まれるでしょう。

インパクトでヘッドが走るために必要なこと

ボールを打つときのエネルギーロスを最小限にして振り抜くためには、インパクトで発生する打球衝撃を最小限にすることが必要です。
その打球衝撃の発生に影響する要素はいろいろありますが、その中でも特に重要なのが、ボールが直接当たるストリング面の反発状態、つまり、ストリング・セッティングなのです。
ですから、振り抜けるストリング・セッティングとは、打球衝撃が小さいセッティングと言い換えることができるわけです。
そして、それを探すのは特に難しいことではなく、いろいろなセッティングを用意して打ち比べれば良いわけです。
そうは言っても、同じモデルで同じスイングウェイトのラケットをたくさん用意するのは簡単ではないのですが、最低3本くらいあれば何とかなるでしょう。(これでも結構ハードルが高いかもしれませんが・・・)
そして、これは同時に打ち比べないと正確な判断はできないでしょう。
一本のラケットを張り替えながら違う日に打ち比べても、人の感覚は移ろいやすいので、正しい判断が難しいわけです。
具体的には、多くのプレイヤーが「これくらいが下限だろう」と考えているテンションを下回る数値を試されることをおすすめします。
快適な場所は常識外れの意外な数値で見つかるかもしれません。

硬くても柔らかくてもダメ

常識的に考えると、柔らかく張れば張るほど打球衝撃が小さくなると思いがちですが、実はそうではありません。
張りが硬いと「ガツン」という衝撃がありますが、これとは逆に、柔らかいほうに外れると「ズシン」という重さ感が発生します。
インパクトで生まれる打球感は、それが何であっても例外なく「=伝達ロス」なので、それがどんな感覚であっても、その程度に応じて飛びが悪くなります。
ですから、硬くても柔らかくても飛びは悪くなるわけで、「手応え」や「重さ」という打球感を感じれば感じるほど、その影響でスルッと振り抜けなくなります。

ガット張りの硬さが適切でないラケットでは振り抜けない

このページの最初のほうに書いた「ガット張りの硬さが適切でないラケットでは、誰が打っても振り抜けるスイングはできない。」を分解すると以下のようになります。
ガット張りの硬さが適切でないラケットでは打球感が生まれる
⇒打球感が生まれると、その程度に応じて力が入るようになる
⇒力が入るとヘッドが走らなくなる⇒振り抜けない

適切な張り上げで「インパクトポイントを通り抜けた後にヘッドスピードが落ちていない状態」を獲得できれば「伸びて重い打球」が手に入ります。

スナップバックとの関係

スナップバックとは、インパクトでガットが動くことで食い付きが生まれ、動いたガットが戻ることで打球にスピンがかかる状態のことですが、「硬くも柔らかくもない適切な硬さ」は「スナップバックが適切に機能する硬さ」と言い換えることができます。
なぜなら、張りが硬すぎる場合はインパクトでガットが動かず、柔らかすぎる場合は動いたガットが戻らないからです。
別な観点では、「インパクトでガットが動いて戻る」というバネのようなクッション機能が発揮されることで打球衝撃が軽減されるために、ムダな力みが発生しにくくなるということもあるでしょう。
スナップバックが適切に機能していれば適切な食い付きと適切な順回転が発生するので、シンプルに振り抜くだけで球筋が押さえ込まれる状態が手に入るため、コスった回転では得られない伸びが生まれます。
逆に言えば、適切な硬さに張り上げればスナップバックが適切に機能するので、わざわざスピンタイプのラケットを用意する必要はないのかもしれません。

参照⇒「スナップバックで適切な硬さを判断する」
ガット張りの硬さはどれくらいが適切なのかについては諸説ありますが、テニスワンでは「スナップバックが適切に機能するかどうか」という点に注目しています。ボールが食い付かなかったり、スッポ抜けたりするのはスナップバックが機能していないからで、それと張上の硬さには密接な関係があります。

硬く張って飛びを抑えるのはダメ

「打球衝撃は伝達ロス」なので、手応えを小さくすれば飛びが良くなると書いてきましたが、実際問題として、「打球が良く飛ぶのはあまりうれしくない」という方が結構多いのではないでしょうか。
「飛び過ぎ=アウト」というイメージがあるので、飛びを抑えたラケットやストリング・セッティングを好む傾向が、特に、若いプレイヤーには多いようです。
でも、飛びを抑えたストリング・セッティングでコートに入っている打球は、鋭い振り抜きで押さえ込まれてコートに入っている打球より失速します。
さらに、飛びを抑えるのは運動の効率を下げることなので疲労が早まる原因になり、テニスが長時間に及ぶことを考えれば、最後のゲームで元気良くプレーするのには不向きだといえます。

参照⇒「硬く張って飛びを抑えるのは最悪のアイディア」
打球がアウトしやすいと感じると、多くのプレイヤーは張りを硬くして飛びを抑えようとします。でもそれは、逆効果になる可能性が高いでしょう。なぜなら、アウトが出やすいのは飛ばすように打っているからで、そういう打ち方になるのはラケットの飛びが悪いからです。振り抜いて抑え込めるセッティングがベストです。

自分に合うフレームが大前提

ここまでストリング・セッティングについていろいろ書いてきましたが、実は大事なことについてまだ触れていませんでした。
それは、「振り抜ける硬さに張り上げる」ためには、ガットを張るフレーム自体がプレイヤーに合っていなければ「振り抜ける状態」は手に入らないということです。
単純な例では、フレームのスイングウェイトが軽すぎる場合はインパクトでボールに負けてしまうのでスムーズに振り抜くことは不可能です。
現実的に、このパターンで苦労しているしている方は、世の中にはとても多いようです。
フレームの特性がプレイヤーの運動特性に合っていない場合も、スイングパワーが打球にうまく伝わらないので打球衝撃が生まれて振り抜けなくなります。
つまり、フレームがプレイヤーに合っているときにだけ「振り抜ける硬さ」を見つけることができるということです。

両方同時という条件が厳しい

ですから、ストリング・セッティングをいろいろ工夫してみたけれど「どれもピンとこなかった」という場合は、フレームそのものがフィットしていない可能性が高いと言えます。
逆に、いろいろなラケットを試してみたけれど「どれも良い感じで振り抜けなかった」という場合は、それらのラケットのストリング・セッティングが外れていた可能性が高いわけです。
このように、フレーム選択とストリング・セッティングは、両方が同時に適切なときにだけ「振り抜ける状態」が実現するのですが、片方がダメなときにはもう片方で補完することはできません。
合わないフレームをストリング・セッティングで何とかすることはできませんが、ストリング・セッティングが外れているのをフレーム選択で何とかカバーすることもできないわけです。
こうした条件の厳しさが「振れば振るほどショットが安定する状態」でプレーしている方が少ない理由だと思われます。
「力を入れなければ強いショットは打てない!」と信じ込んでいる方は、自分の使っているラケットのことをちょっと疑ってみても良いでしょう。

Click!⇒ガット張りの理想とは
ズバリその答えは「打球感を無くすこと」です。「打球衝撃を最小限にするセッティング」が実現すれば「インパクトでヘッドが走る状態」になります。そして、手応えが軽くなってヘッドが走れば打球が伸びて沈むようになり、相手コートで弾んでからの失速が減ります。それくらい、適切なガット張りは大切なのです。

◆テニスラケットは完成品ではない
ラケットを活かすも殺すもガット張り次第
テニスラケットは完成品ではありません。ガットを張らないとボールが打てないので半完成品です。
そして、実際にボールを打つのはラケットのフレームではなくガットなので、ガット張りが最終的にラケットの使い勝手を決めるわけです。
テニスワンは10,000名以上のラケットフィッティング経験を通じて、ガット張りが適切でないせいでプレイヤーが損をしている現実を数多く見てきました。(参照⇒ラケット・フィッティング
そして、「ガット張りの適切な硬さの範囲」を実証的に把握してきましたが、それは、ラケットに表示してある「適正テンション」の範囲とは大きく異なリます。(参照⇒推奨テンションは適切ではない
楽しく快適にプレーできるかどうかはガット張りがカギを握っています。
適切な張り上げで爽快に打てるラケットをテニスワンで手に入れてください。
ラケットのご注文はテニスワンへ!⇒Click!

GUT LIVEなんて必要ない!

ガットの動きが悪いせいで起きるネットやアウトを、全部自分のせいだと思い込んでいる人には、GUT LIVEは必要ありません。


◇インパクトでボールが面からこぼれてネット
ガットが動かないと「食い付き感」が生まれないので、インパクトでボールをつかまえられずにスルッとネットすることが多くなります。
◇スピンで押さえ込めずに浮いてアウト
動いたガットが戻るときに順回転がかかるので、ガットが戻らないと回転が安定せずスッポ抜けのアウトが出やすくなります。
◇打球の深さがバラバラ
ガットの動きが安定せずに、ボールインパクトで動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすれば、ガット面から打ち出されるボールの角度が毎回変わるので、その影響で打球の深さが不安定になります。
自分のせいではないことで損をしたくないなと思ったらこちら!↓Click!

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットの
基礎知識
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
「ポンド」は
硬さではない
異なる硬さを
打ち比べる
適切な
硬さを提案
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外
で張上の硬さが
変わる
適切な硬さを
簡単に見つけるには
テニスワンの
ガット張りについて


テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
使うラケットとの相性の良し悪しはプレイヤーの戦力に大きく影響します。でも、プレイヤーが自分の戦力を正確に把握するのは困難です。
なぜなら、テニスはとても忙しいスポーツで、自分の打球の状態を正確に把握しようとするとプレーが続けられないからです。
そのため、打球に伸びがなくて安定性に欠けるような不利な状態でも、それに気づかずに相性の悪いラケットを使い続けるケースが、技術レベルに関係なくとても多いわけです。
相性の良いラケットに出会うためには人体実験が必要で、しかも、その実験の過程を観察して客観的に判断する仕組みが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画