テニスガットの知識/フレームが美味しければ味付けはシンプルに

ラケットフレーム(素材)がプレイヤーにフィットしていて良い感じで打てているときは、ガット張り(味付け)は複雑にせずにシンプルなセッティングにしたほうが良いというお話です。さらに、打球感でガットを選ぶのは危険で、張上の硬さについても「硬いほうが、柔らかいほうが・・・」ではなくちょうど良いのが一番です。

ガットの知識—応用編2

フレームが良ければ味付けはシンプルに


フレームに張るガットの種類と張り上げの硬さ(=ストリング・セッティング)については、「ラケットの性能をより生かすにはどうすれば良いか」という方向で考えている方が少くないと思われます。
車に高価なオプションパーツを取り付けたり、アイスクリームにトッピングを載せたりすると、性能が向上したり、美味しさが増したりするわけですが、ラケットもそれと同じように考えて、「良いストリング」を張ればラケットの性能が向上すると考えてしまうのかもしれません。
ですが、その考えはちょっと危険です。
料理に例えると分かりやすいかも知れませんが、「素材(フレーム)が良ければ味付けはシンプルで良い」とお考えいただいたほうが良いかもしれません。
良いステーキ肉であれば、余計な手間をかけずに塩+コショーで十分に美味しいわけです。
つまり、フレームの特性がプレイヤー本人に合っている場合は、味付け、つまり、ストリング・セッティングはあれこれ工夫せずに標準的なものが良いということです。

ストリング・セッティングは不満解消の手段

仮に、プレーがうまく行かなくてラケットに何か不満を感じる場合には、ストリング・セッティングで工夫するというのはアリです。
つまり、不満の解消のためにセッティングを変えるのはアリなのですが、そうではなく、特に不満はないのに、「ストリング・セッティングを変えれば、もっと良くなるのではないか」と考えるのはちょっと危険です。
プラスアルファを探すのではなく、マイナスポイントを無くす方向で考えたほうが、セッティングを間違えて損をすることが避けられるでしょう。

ストリングの特性でラケットの性能が変質する!

インパクトの感触がマイルドなもの、ホールド性が高いもの、弾きの鋭いもの、良く飛ぶもの、飛びを抑えたもの等々、ストリングの特性はいろいろありますが、そうした特徴的なフィーリングのアイテムを使うと、それによってラケットの性能が変わります。
変えたことで何かが良くなるかもしれませんが、その良くなったのとは別のところでデメリットが発生する危険もあります。
ですから、変える前に合っていたラケットが、ストリング・セッティングを変えることで勝ちにくくなってしまうということもあるわけです。
ですから、高いガットを張れば良い感じで打てるとは限らないのです。

「感触」で選ぶケースが多い!

さらに、ほとんどのケースで、ストリングの選択基準は「感触」なのですが、これもかなり問題なのです。
ボールを打ったときの「感触」は、プレイヤー自身がわざわざ感じ取ろうと努力しなくても、手を通じてダイレクトに感じ取れる情報ですので、それがストリングを選ぶときの判断基準になりやすいのです。
でも、ここで注意していただきたいのは「打ったときにプレイヤーがどう感じるかは戦力には全く影響しない」ということです。
打球感が気持ち良くても戦力がアップするとは限らないわけです。
さらに、特徴的な感触のほうが違いがわかりやすいので、特徴的なものを選ぶようになる可能性が高いのです。
その結果、ストリングの特性の影響を強く受けて、ラケットの基本性能が大きく変質してしまう可能性も高くなるわけです。

戦力アップにつながるかどうかがキーポイント!

テニスを単なるフィットネスとしてではなく、勝とうとしてプレーしているのであれば、「戦力アップにつながるかどうか」という基準でストリング・セッティングを決める必要があります。
そして、そための最も簡単なチェック方法は「相手に聞く」というものです。
打ったときに自分がどう感じるかではなく、「こちらの打球が行っているかどうか」を相手に尋ねるわけです。
相手にプレッシャーを与えられる打球が出ているかどうかということです。
これは、プロ選手などもやっていますが、自分が気持ち良く打てているかどうかより、攻撃力のある打球が出ているかどうかのほうがずっと大切だということを彼らは知っているからです。

ホールド性が好まれる傾向

日本人プレイヤーの傾向として、ホールド性の高いマイルドな感触のストリングを好む面があるようです。
ホールド性の高いマイルドな感触のストリングは価格が高めなので、価格の分だけ何か良くなるのではと考えられがちですが、プレー上、マイナスの影響が出る可能性もあります。
ホールド感とは、インパクトでストリング面にボールが「ググッ」と載っている感じのことですが、これが感じられると、ボールを自分でしっかりコントロールしている「安心感」のようなものが得られるようです。
でも、「ググッ」と載っているということは、言葉を換えれば、ボールがアッサリ出て行っていないわけで、もしかすると、「ググッ」と載っている間に反発力が減衰して打球が思ったほど元気良く飛んでいないかもしれません。
いずれにしても、打球フィーリングの好き嫌いでストリング・セッティングを決めていると、意外にも、知らないうちにプレーパフォーマンスが良くない状態に陥ってしまう危険があります。

硬すぎるケースが多い!

最近の傾向として、ストリングマシンの性能向上にともなって、張り上がりが硬すぎるケースが増えているようです。
フレームに記載してある適正テンション範囲は数十年前からあまり変わっていませんが、その間のストリングマシンの性能向上によって、同じテンションで張っても、張り上がりが以前より格段に硬くなりやすいのです。
マシンの性能が変わっても、実際に適切な硬さに張り上げられていれば問題はないのですが、ここに深刻な問題があります。
それは、多くのケースで張り上がり時のストリング面の硬さを計測していないという問題です。
料理を作って味見をしないのと同じで、これではどんな仕上がりになったのかが分かりません。
何ポンドで張ったというのは、あくまで使用したマシンの設定値であって、それで結果的に、ストリング面がどういう硬さに仕上がったか(面圧)については、専用の面圧測定機で測らないと分かりません。
その測定機を備えていない場合が多いのですが、そういう場合は張りっぱなしということです。
そうしたことから、フレームに書いてある適正テンションの数値を鵜呑みにして張ったら、硬くなりすぎてしまったというケースが多いのですが、レシピどおりの調味料を使って料理をしたら激辛に仕上がってしまったというのと同じです。
そういう場合も、できた料理の味見をすれば激辛に気づくわけですが、味見をしてないため、テニスエルボーになって初めて気が付いたという事例が結構あります。
テニスのプレーで使うのは、ストリングマシンではなくテニスラケットですので、張る時のマシンの設定値(テンション)がいくつであったかは、プレーに関係ありません。
ストリング面がどの程度の硬さに張り上がったのかが大切なのですが、その部分が無視されているケースが多いのが現状の大きな問題だと考えます。
【参照⇒「不適切なストリング・セッティングの理由」】
【参照⇒「テニスワンのガット張り」】

Click!⇒ガット張りの理想とは
ズバリその答えは「打球感を無くすこと」です。「打球衝撃を最小限にするセッティング」が実現すれば「インパクトでヘッドが走る状態」になります。そして、手応えが軽くなってヘッドが走れば打球が伸びて沈むようになり、相手コートで弾んでからの失速が減ります。それくらい、適切なガット張りは大切なのです。

◆テニスラケットは完成品ではない
ラケットを活かすも殺すもガット張り次第
テニスラケットは完成品ではありません。ガットを張らないとボールが打てないので半完成品です。
そして、実際にボールを打つのはラケットのフレームではなくガットなので、ガット張りが最終的にラケットの使い勝手を決めるわけです。
テニスワンは10,000名以上のラケットフィッティング経験を通じて、ガット張りが適切でないせいでプレイヤーが損をしている現実を数多く見てきました。(参照⇒ラケット・フィッティング
そして、「ガット張りの適切な硬さの範囲」を実証的に把握してきましたが、それは、ラケットに表示してある「適正テンション」の範囲とは大きく異なリます。(参照⇒推奨テンションは適切ではない
楽しく快適にプレーできるかどうかはガット張りがカギを握っています。
適切な張り上げで爽快に打てるラケットをテニスワンで手に入れてください。
ラケットのご注文はテニスワンへ!⇒Click!

GUT LIVEなんて必要ない!

ガットの動きが悪いせいで起きるネットやアウトを、全部自分のせいだと思い込んでいる人には、GUT LIVEは必要ありません。


◇インパクトでボールが面からこぼれてネット
ガットが動かないと「食い付き感」が生まれないので、インパクトでボールをつかまえられずにスルッとネットすることが多くなります。
◇スピンで押さえ込めずに浮いてアウト
動いたガットが戻るときに順回転がかかるので、ガットが戻らないと回転が安定せずスッポ抜けのアウトが出やすくなります。
◇打球の深さがバラバラ
ガットの動きが安定せずに、ボールインパクトで動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすれば、ガット面から打ち出されるボールの角度が毎回変わるので、その影響で打球の深さが不安定になります。
自分のせいではないことで損をしたくないなと思ったらこちら!↓Click!

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットの
基礎知識
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
「ポンド」は
硬さではない
異なる硬さを
打ち比べる
適切な
硬さを提案
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外
で張上の硬さが
変わる
適切な硬さを
簡単に見つけるには
テニスワンの
ガット張りについて

テニスワンのトップへ


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!
「ラケットでプレーが良くなるなんて、そんな都合の良い話があるはずはない」と考える方が多いかも知れません。でも、プレーの良し悪しはラケット次第で変わります。そして、その仕組みはとてもシンプルです。⇒続きはこちら

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットを替えればプレーが変わる動画