良く飛ぶラケットではアウトが増える!?

良く飛ぶラケットでは
アウトが増えるのでは?

「良く飛ぶ=飛びすぎ=アウトの増加」!?

ラケットの打球感を軽くするとプレイヤーの運動が効率良く打球に伝わるようになって、強い運動をしなくても強いショットが打てる状態になるのですが、打球が効率良く飛ぶことについて不安を感じる方も居るようです。

それは「良く飛ぶ=飛びすぎ=アウトの増加」という連想からですが、この「良く飛ぶ=アウトの増加」というのはちょっと考えるとありそうですが、実はあまり現実的ではありません。
なぜなら、アウトが出やすいのは良く飛ぶラケットではなく、本当は、飛びの悪いラケットのほうが打球がスッポ抜けやすいのです。

プレイヤーはラケットと反対のことをする

というのも、テニスプレイヤーには打球を相手コートに入れようとする本能があるので、飛ばないラケットで打球が短くなったり、良く飛ぶラケットでアウトしたりというような単純なことは起こりません。
飛ばないラケットでは飛ばすように打ち、良く飛ぶラケットでは抑えて打つことでミスを防ごうとするのが普通です。
そして、飛ばないラケットでは飛ばそうとして打つために、飛ばしすぎのミスが起きやすくなります。

さらに、飛ばないラケットはボールを打ったときの手応えが強くて反射的に力が入るのですが、力むとヘッドが走らずにボールを押すようなスイングになるので、押し出してアウトするケースもあります。

昔に比べて大幅なパワーアップ

大昔の木製ラケットと今のラケットを比べれば、素材や構造の進化によって大幅なパワーアップが実現したことを否定する人は居ないでしょう。
木製ラケットに比べれば、今のカーボン製ラケットの方が格段に良く飛ぶようになったわけです。
でも、それだからと言って、昔に比べて今のほうがアウトが増えたということはないはずです。
(昔と比べて女性のショットが格段に強力になったことについては疑いの余地はありませんが・・・)

今も昔もテニスコートの広さは変わらないので、ラケットが良く飛ぶようになったらアウトがどんどん出そうな気がしますが、でも現実的にはそういうことは起きていないのです。
ですから、「ボールが良く飛ぶ=アウトが増える」というのは、よくある迷信です。

飛びすぎるラケットの症状

それに対して、飛びすぎるラケットを使ったときの症状の多くはアウトの多発ではなくスイングの萎縮です。
これは、飛びすぎを防ごうとすれば大胆に振れなくなるからで、そのほかには、回転を過剰にかけて飛びを抑えようとして、スピードがなくなるというケースも少なくありません。

ですから、中途半端なスイングになって気持ち良く振り抜けないというのが、飛びすぎるラケットの症状なのです。



テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
使うラケットとの相性の良し悪しはプレイヤーの戦力に大きく影響します。でも、プレイヤーが自分の戦力を正確に把握するのは困難です。
なぜなら、テニスはとても忙しいスポーツで、自分の打球の状態を正確に把握しようとするとプレーが続けられないからです。
そのため、打球に伸びがなくて安定性に欠けるような不利な状態でも、それに気づかずに相性の悪いラケットを使い続けるケースが、技術レベルに関係なくとても多いわけです。
相性の良いラケットに出会うためには人体実験が必要で、しかも、その実験の過程を観察して客観的に判断する仕組みが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画