力んで打つのはラケットのせい

力んで打つのはラケットのせい

打つときについ力んでしまうので、それを直そうとしている方は少なくないようです。
でもこれは本人のせいではないので、本人がいくら努力しても直りません。

プレイヤーが打つときに力んでしまう原因は、ほぼ100%使っているラケットに原因が有るので、その仕組を解説させていただきます。

本人が力んで打ちたいと切に願っている場合を除いて、打つときに力んでしまうのはラケットの打球衝撃が強かったり、インパクトでボールに押されたりするからです。

インパクトで強い手応えを感じたり、ボールの重さを感じたりすれば誰でも反射的に力が入ります。
なぜなら、力を入れないと衝撃で面がブレたり弾かれたりするからです。

そして、こうした身体の反応は反射的に起きることなのでプレイヤーの意志で制御するのはかなり難しいのです。
身体をドンと押されることがわかっていれば、誰でも反射的に身体を固くして身構えるのと同じです。

それを証明するためにはスポンジボールを打ってみれば一目瞭然です。
ピンポン玉やスポンジボールを打つときに力んでしまう人は居ないでしょう。

そして、そういうときに無理に力を入れて打とうとしても入れられないはずです。
なぜなら、力を入れる相手が無いからです。
壁なら力を入れて押せますが、カーテンを力を入れて押せる人は居ないでしょう。
力を入れるには、抵抗してくれる相手が必要なのです。

この逆で、飛んでくるのがスポンジボールではなく、バレーボールやバスケットボールだったら力を入れずに打つことはできません。
インパクトで受ける手応えが大きければ、力を入れない訳にはいかないからです。

それでは、テニスのボールという同じ物を打つ際に、力が入る人と入らない人がいるのはどういう理由でしょうか。
それは、力が入る人はテニスボールをバレーボールのように感じているからで、力が入らない人はテニスボールをスポンジボールのように感じているからです。

そして、その感じ方の違いが生まれる原因は使っているラケットにあります。
もう少し具体的に言うと、使うラケットの状態によってボールが重く感じたり軽く感じたりするから、力を入れる入れないの対応の違いが生まれるのです。

テニスはボールを打ち続けるスポーツなので、ボールが重く感じるラケットが不適切なラケットで、軽く感じるラケットが適切なのですが、そうした違いが生まれる原因の主なものは以下の2点です。

スイングウェイト

テニスラケットにはスイングウェイトという数値があって、その数値が小さいと振ったときに軽く感じるのですが、逆にボールが重く感じるようになります。
テニスボールは約60gの重さが有るので、それとぶつかるラケットのスイングウェイトが軽いと負けてしまうので、ガツンという強い打球衝撃が発生して押されます。
そして、スイングウェイトは個体差が大きい数値なので、同じモデルでも個体ごとに計測しないと分からない上に、重量がいくつかとは全く関係がないため、ラケットの重さで推測することができません。
click!⇒スイングウェイトについてはこちら

ガット張り

ガットの硬さが不適切だとインパクトで受ける手応えが大きく力が入るようになります。
これは硬すぎても柔らかすぎても起きるのですが、事例的には硬すぎるケースが圧倒的に多いのが現実です。
click!⇒テニスワンが「適切な硬さ」を提案!

力まないようにする努力はムダ

力んでいるから力まないように努力したり、リラックスして打とうとする方が多いのですが、こうした取り組みは的ハズレで効果がないだけでなく、プレー中の動きがおかしくなる等の別の弊害を生みます。

力みの原因は不適切なラケットにあるので、直接そこを解決したほうが話は早いでしょう。


テニスワンのトップへ


ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論です。その原因は、合わないラケットのせいで「変な打ち方」や「失速する打球」になっていても、プレイヤー自身はそれをきちんと自覚できないことにあります。そのため、自分に合うラケットを見つけるには第三者に客観的に見てもらうことが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!

「ラケットでプレーが変わる」なんていう話を聞くと、過去にプレーを変えようとして苦労した方は特に「そんなうまい話はとても信じられない」と感じると思いますが、実は確実に変ります。そして、その理由はとてもシンプルです。
⇒続きはこちら