ストリングの知識 「ナイロンとポリ」について

ガットの知識応用編
「ナイロンとポリ」について

切断耐久性と性能維持性

単に「耐久性」ではなく、「切断耐久性」と書くのにはワケが有ります。
「ストリングの切断耐久性」を単に「ストリングの耐久性」と書いてしまうと、「切れずに使える強さ」と受け取られてしまいそうなのですが、「切れずに使える」の中の「切れない」と「使える」については全く別の問題として二つに分けて考えたほうが良いでしょう。
つまり、「切れない=摩耗に強い」と「快適に使える」は全く別の問題であって、切れなくても伸びてしまえば、それは「切断耐久性」が高くても「性能維持性」は低いということになります。
逆に、切れやすいけれど、切れる寸前までは快適に打てるということであれば、「切断耐久性」が低くても「性能維持性」は高いということになります。
この二つの要素が両立すれば最高なのですが、実際にはそうでない場合が多く、どちらを優先して選ぶかという判断を迫られることになります。
言い換えれば、切れないという「経済性」を優先するか、性能が劣化しないという「機能性」を優先するかということで、「コスト」か「パフォーマンス」かのどちらを選ぶかという選択です。
そして、「切断耐久性」の高さではポリ系ストリングがダントツで、「性能維持性」の高さではナチュラルガットに軍配が上がります。

ポリとナイロンのどちらを選ぶべきか

ここ数年、ポリ系ストリングがシェアを伸ばしてきています。
その理由の一つには、プロの使用率の高さがあると思われます。
ですが、TENNIS-ONEでは、ポリの使用を一般的なプレイヤーにはあまりお勧めしていません。
その理由は「飛びが悪い」ことにあります。
TENNIS-ONEでは、長年にわたってラケットフィッティングを実施してきているため、これまで10,000名以上の方の試打する様子を見てきましたが、どんなハードヒッターであっても、ナイロンよりポリのほうが打球の勢いが増したというケースは、残念ながら見たことがありません。
(※これはもちろん、市販のラケットを使っている一般プレイヤーの話であって、プロがどうかという話ではありません。)

切れにくさの代償

ポリ系ストリングの最大のメリットは、切断耐久性の高さにあると思います。
ナイロンガットだと1~2ヶ月で切ってしまうプレイヤーにとってはとてもありがたい特性です。
でも、切れにくいということは磨耗に強いということで、それはつまり「固い」ということです。
柔らかいものはキズがつきやすく、キズがつきにくいものは固いというのと同じ理屈で、「しなやかに伸び縮みする」という特性と「すり減りにくい」という特性を両立させるのは容易ではないわけです。
そのため、ポリ系ストリングは、個々のアイテム毎に程度の差はあっても、基本的にナイロン系ストリングより伸縮性が低く、飛びが悪いのです。
ポリは商品開発のスピードが早いため、性能の改善が進んではいますが、ナイロン系ストリング並みの軽快な弾き感を持ったものは、残念ながらまだ出ていません。
耐久性の向上というメリットの裏側には、それなりの代償が必ずあるということを知っておく必要があります。
ですから、切断耐久性の高さがメリットにあまりならない人、つまり、それほど早くガットが切れない人にとっては、メリットがないのに代償だけを払うことになります。
また、「飛びが悪い」という特性を「不用意なアウトが防げる」という側面に着目して、ポリ系ストリングの利点の一つに挙げる方も居ますが、飛びが悪くてコートに入っている打球に勢いがあるはずはないので、これはメリットと考えないほうが無難でしょう。

ポリのデメリット

素材の伸縮性が低く飛びが悪いと、打球衝撃が大きくなります。
打球衝撃が大きいと、それに負けまいとして「力を入れて打つ」という状態に陥りやすくなります。
これがポリ系ストリングのデメリットであり、この状態に陥ると、力を入れてハードヒットしている割に打球がハードにならないという症状につながります。

3ヶ月持つかどうかが判断の分かれ目

ガットの切れやすさへの対応は、コスト感覚の問題なので、人によってさまざまだと思います。
でも、一応の目安としては、1~2ヶ月で切れてしまう場合はポリが選択肢に入ると思いますが、3ヶ月以上持つのであればナイロンのほうが無難だと言えるでしょう。

同じ感じで耐久性の良いものは?

使用しているガットの打球フィーリングは気に入っているが、切れるのが少し早いと感じるケースなどで、「打球フィーリングはこのままでもう少し切れにくいガットはないのか?」という質問を受けることがあります。
でも、残念ながら、「そういうガットはありません」というのがその答えです。
過去に、非常にソフトな打球感が特徴のマルチ系ナイロンストリングがあったのですが、切れやすいのを気にしたメーカーが、表面素材を強化して切れにくく改良したアイテムに切り替えたところ、それまで人気アイテムだったのに一気に売れなくなってしまったというケースがあります。
メーカー自身は、商品を改良したのだからもっと売れるだろうと考えたようですが、それまでの人気が一瞬で消えてなくなったのです。
でも、これは当然の結果で、一番の特徴であった「マイルドな打球感」が、表面素材を強化したことで失われてしまったからです。
ボールインパクト時のストリングの伸び縮みの仕方は打球フィーリングに直結しますが、表面材を強化すれば、その分、しなやかな伸縮性が後退するのは避けられず、一番の売り物の「マイルドな打球感」というフィーリングのほうが変わってしまっては元も子もないわけです。
現状では、打球フィーリングを変えずに耐摩耗性だけ向上させるという技術は開発されていないようで、「表面強度の向上⇒打球感の硬質化」という組み合わせからは逃れられないようです。

雨対策でナイロンは不可

ナチュラルガットを使用している人は、雨の日用のバージョンとして、同じフレームにナイロンストリングを張っているケースがよくあるようです。
でも残念ながら、ナイロンガットは雨対策としては適切ではありません。
なぜなら、ナイロンガットは一度濡れると性能が劣化してしまうからです。
ナイロン繊維には吸水性、つまり、水分を吸収する性質があります
そして、水分を吸収すると引っ張り強度が落ちて伸びやすくなります。
フレームに張られたストリングには強い力で引っ張られているので、一旦水分を吸ったナイロンは伸びてしまうため、乾かしても元の状態には戻りません。
ですから、雨の日くらいしか使わないストリングが、雨で伸びてしまってはもったいないわけです。
それに対して、ポリエステル系ストリングには吸水性はありません。
ですから、雨の日用としてはポリのほうが良いわけです。
でも、雨で水分を吸ったボールは重くなるので飛びにくくなります。
※TENNIS-ONEの実験では3割増しの重量になりました。
重くて飛びにくいボールを飛びの出にくいポリで打つのはしんどいので、雨の日用のラケットは同じモデルにこだわらずに、フレームから取り替えたほうが良いかもしれません。
ポリでも楽に飛ぶくらいパワーのあるラケットに替えたほうが、雨の日用としては適切なわけです。
いつもと違うラケットを使うことには抵抗を感じるかもしれませんが、3割も重量が重くなったボールを使う場合、いつもと同じスポーツとは言えないので、いつものラケットに固執する必要はないと思われます。
水しぶきを上げて飛んでくるボールを打ち返すには、厚くてフェース面積の大きいモデルに細めのポリを柔らかく張ったラケットが最適と言えるでしょう。

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットの
基礎知識
テンション
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
テニスワンが
「適切な硬さ」
を提案!
ガットの知識
応用編
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
異なる硬さを
打ち比べる
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外
で張上の硬さが
変わる
適切な硬さを
簡単に見つけるには
テニスワンの
ガット張りについて
ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!

・・・・・というのが10,000名以上のラケットフィッティングで得た結論です。合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓

   
内容の紹介 日程と空き状況
   
 
 
ラケットとガットについての記事が
全60タイトル!

テニスワンの
「ラケット選びのノウハウ集」へ

テニスワンのトップへ

 

 

 

ブックマーク