テニスのガット張り/ 好きなフィーリングの落とし穴

ガット張りを好みで選ぶと外れる!

好みのフィーリング

いろいろなガットを試して、その中から打球感の気に入ったアイテムを選ぶ方が少なくないのですが、この方法には落とし穴が隠されています。
というのも、好きな打球感のガットを張ることで戦力が低下する可能性があるからです。

好みの硬さ?

残念ながら、張上の硬さについても、プレイヤーの好みどおりの硬さに張り上げれば良い状態になるとは限りません。
というより、プレイヤーの好みに合わせることで適切な状態から外れていく事例のほうが現実的にはずっと多いようです。
なぜなら、プレイヤーの好みというのは、ほとんどの場合「打ったときの感じ=打球感」がベースになっているからです。
そして、好きな打球感に仕上げられたラケットでプレーすることが【戦力アップ】につながれば良いのですが、実際のところはその逆になるケースが多いようです。それは、以下のような理由によるものです。

打球感のデメリット!?

飛んでくるボールとラケットがぶつかったときには、大まかに言うと【ボールの飛び】と【打球感の発生】という二つの現象が生まれます。
ボールとラケットの衝突で生まれたエネルギーは、この二つの現象で消費されるわけですが、この二つについては、どちらか一方が大きくなると、もう一方が小さくなるという相反する関係があります。
つまり、ボールの飛びが良いときは打球感の発生が少なく、ボールの飛びが悪いときは打球感の発生が大きいということです。
つまり、「しっかり打った」という感じがあまりしない時にボールが勢い良く飛んで、強い打球感を感じたときには、その分だけ打球の勢いは弱まるわけです。
野球やゴルフなどではよく言われますが、「打った感じがしなかった!」というときに打球が一番飛びます。

打球感=伝達ロス

ですから、つきつめれば、【打球感】というのは【伝達ロス】です。
スイングパワーの打球に伝わらなかった分が【打球感】としてプレイヤーに戻ってくるわけです。
なので、【好きな打ち味】になるように張り上げるのは「ちょっとおかしい!」ということになるのです。
好きな【打球感】=好きな【伝達ロス】なので、そうした基準でストリング・セッティングを決めている限り、勢いのあるショットにはなりにくいわけです。

自分の打球の勢いはわからない

打った感じの好き嫌いで張りを決めるのがあまり良くないというのであれば、何を基準にして決めれば良いのでしょう。
それはやはり【打球の勢い】そのものではないでしょうか。
テニスは勝敗を競うゲームなので、戦力がアップするかどうかがとても重要で、そのカギを握るのは【打球の勢い】だからです。
でも、打球の勢いが出やすいストリング・セッティングをプレイヤー自身が探し出すのは容易ではありません。
なぜなら、プレイヤー自身が自分の打球の勢いを感じ取るのは困難だからです。

トッププレイヤーはコーチが判断する

自分の打球の状態は、たとえプロであっても自分で判断するのは困難のようです。
ですから、プロの中でも上位の選手は、専属のコーチやヒッティングパートナーに意見を求めることが多いようです。
ラケットやストリング・セッティングを変更する場合は、「自分の打球が行っているかどうか」をスタッフに尋ねるわけです。
一般のプレイヤーが同じことを望むのは無理ですが、そういう考え方は取り入れる価値があるでしょう。
「自分の打球の状態について第三者の意見を求めること」は、望めば実現可能な範囲のことだと思われますので、自分が感じたことは一切無視して「他者の意見」を重視することが「勝ちやすい球筋」を自分のものにする近道です。

GUT LIVEなんて必要ない!

ガットの動きが悪いせいで起きるネットやアウトを、全部自分のせいだと思い込んでいる人には、GUT LIVEは必要ありません。


◇インパクトでボールが面からこぼれてネット
ガットが動かないと「食い付き感」が生まれないので、インパクトでボールをつかまえられずにスルッとネットすることが多くなります。
◇スピンで押さえ込めずに浮いてアウト
動いたガットが戻るときに順回転がかかるので、ガットが戻らないと回転が安定せずスッポ抜けのアウトが出やすくなります。
◇打球の深さがバラバラ
ガットの動きが安定せずに、ボールインパクトで動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすれば、面から出て行くボールの高さが毎回変わるので、その影響で打球の深さが不安定になります。
自分のせいではないことで損をしたくないなと思ったらこちら!↓Click!

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットの
基礎知識
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
「ポンド」は
硬さではない
異なる硬さを
打ち比べる
適切な
硬さを提案
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外
で張上の硬さが
変わる
適切な硬さを
簡単に見つけるには
テニスワンの
ガット張りについて


テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
合うラケットと合わないラケットの違いはとてもシンプルで、「伝わりが良いかどうか」です。
伝わりの良いラケットを使えば、頑張らなくても打球の勢いが出るので、余計な力みが減ってリラックスした動きになり、足を踏ん張る必要もなくなるのでフットワークが軽快になります。
そして、伝わりの良いラケットを手に入れるには、コート上での比較実験が必要な上に、その実験の過程を観察して客観的に判断する役割が不可欠です。
10,000名以上のフィッティング実績!
ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画