プロのセッティングはまねるな!

プロのストリング・セッティングは
まねないほうが無難

プロ選手のポリ系ストリングの使用率が高まるのにつれて、一般プレイヤーでもポリ系ストリングを使用する方が増えてきているようです。
そうしたポリに限らず、プロ選手のストリング・セッティングを調べて、自分のラケットにも同じセッティングを施そうとする方が少なくありません。
でも、これはあまり賛成できません。
なぜなら、たとえストリング・セッティングが同じであっても、それ以外の要素が違いすぎるからです。
まず、トッププロの場合、使用するフレームが市販のものと同じではないのが普通です。
下位の選手は別ですが、上位になればなるほど、メーカーの手厚い特別扱いが受けられます。
外側のデザインだけが現行モデルと同じで中身は次世代モデルであったり、その逆もあったりします。
さらに、スイングウェイト等の重さ関係の数値が市販モデルとは格段に違うというケースも珍しくありません。
また、打ち合うボールのスピードや威力が一般プレイヤーとは大きく異なります。
そうした打ち合いに対応するために、市販品でない特性のフレームが必要なのですが、一般プレイヤーとはラケットの使用環境が大きく異なるということです。
大会によっては、そこで使用されるボール自体が一般に市販されているものと異なるケースもあります。
さらに、これは当然ですが、プレイヤーの身体能力が一般プレイヤーとは大きく異なります
一般人の場合は、テニスの他にやらねばならない学業や仕事が日常的にあるのが普通ですが、プロ選手の場合は持てるエネルギーをテニスに100%注ぎ込んで訓練を積むのが当然なので、その結果、一般人との身体能力の差は大きくなるわけです。
つまり、使用するラケット、プレー環境、プレイヤーの身体能力等がすべて異なる中で、ストリング・セッティングだけをプロ選手と同じにしてもほとんど意味がないわけで、まるで、一般人が乗る普通車にF1用のタイヤをはかせるようなものです。
車の場合、使用状態に合わないタイヤを付けると走行性能は下がりますが、それと同じで、プロのストリング・セッティングだけをコピーした状態では、プレイヤーのパフォーマンスは下がるでしょう。
また、表示されている張上テンションの数値についても、いつも利用しているショップで同じ数値を指定すれば同じ硬さになるとは考えないほうが良いでしょう。
トッププロには専任のストリンガーが帯同するケースが多いので、同じテンションの数値でも全く異なる張り上がりになる可能性が高いと考えたほうが賢明でしょう。

GUT LIVEなんて必要ない!

GUT LIVEは、多くのプレイヤーにとって必要のない商品です。
なぜなら、以下のようなプレー上の不利益のほとんどは、GUT LIVEが無いせいではなく、プレイヤー自身のせいだと普通は思われているからです。


◇インパクトでボールが面からこぼれてネット
インパクトでガットが動かないと「食い付き」が生まれず、ボールをつかまえる感覚が希薄になって面からスルッとこぼれやすくなります。
◇スピンで押さえ込めずに浮いてアウト
動いたガットが戻らないと、打球に思うような回転がからずにフワッと浮きやすくなります。
◇打球の深さがバラバラ
ボールインパクトでガットが動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすれば、ストリング面から出て行くボールの方向が毎回変わって打球の深さが不安定になります。

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットの
基礎知識
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
「ポンド」は
硬さではない
異なる硬さを
打ち比べる
適切な
硬さを提案
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外
で張上の硬さが
変わる
適切な硬さを
簡単に見つけるには
テニスワンの
ガット張りについて

テニスワンのトップへ


ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論です。その原因は、合わないラケットのせいで「変な打ち方」や「失速する打球」になっていても、プレイヤー自身はそれをきちんと自覚できないことにあります。そのため、自分に合うラケットを見つけるには第三者に客観的に見てもらうことが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!

「ラケットでプレーが変わる」なんていう話を聞くと、過去にプレーを変えようとして苦労した方は特に「そんなうまい話はとても信じられない」と感じると思いますが、実は確実に変ります。そして、その理由はとてもシンプルです。
⇒続きはこちら