テニスガットの基本知識 快適なプレーのために!

テニスガットの基礎知識
快適なプレーのために
ぜひ知っておいて欲しいこと

ラケットの中でプレー中にボールが当たるのはガットなので、ショットの結果を直接左右するのは「フレームの性能」ではなく「ガットの状態」です。
それなのに、ラケットを考えるときはガットはどうでもいい付属品として軽視されがちです。
でも、ガット張りがダメだとどんなラケットも台無しなので、適切な状態がどんなものかを知ることが第一歩です。

硬すぎるケースが多い

テニスワンでは、ラケットドックというイベントで、これまで10,000名以上のテニスプレイヤーにラケット・フィッティングというサービスを提供してきました。
そこで参加者のラケットをチェックするのですが、ガットの状態が私どもから見て適切なケースは意外なほど少ないのが現実です。
そして、適切でないケースの多くは硬すぎる状態です。
さらに、そういうラケットを使っている当人はガットが硬いという自覚が無いのです。
実は、そうなる原因もわかっていて、ラケットに表示してある推奨テンションが犯人です。

click!⇒推奨テンションが適切ではない
どんなラケットにも「推奨テンション」の数値範囲は記載されているので、これを信じてしまう方が少なくないのですが、実際問題として、この数値が適切ではないため、推奨範囲の下限で張っても硬すぎる張り上がりになってしまうことが少なくありません。それによってテニスエルボーになってしまうケースもあります。

ガットの張りが硬いとどうなる

私どもではボールコントロールのしやすさを基準にして張りの硬さが適切かどうかを判断しています。
具体的に言うと、ンパクトでガットが動いて戻る硬さになっているかどうかが適不適の判断基準です。
なぜなら、インパクトでガットが動かないと「食い付き」が生まれないのでコントロールが難しくなるからです。

テニスのガットは縦と横に編んである状態なので、ボールが当たると動くように張り上げられています。
そして、インパクトでガットが動くことでボールをつかむ感覚が生まれるのでコントロールがしやすくなるのですが、動かないとボールをつかまえられないので、ストリング面からボールがこぼれるようなネットミスが出るようになります。
さらに、インパクトで動いたガットが戻るときに回転がかかるのですが、動かないと戻りもしないので、回転がかからずにスッポ抜けが出るようになります。

それなら、張りが硬いと動かないのなら柔らかければ良いのかということですが、それもダメです。
なぜなら、張りが硬くなければガットは動くのですが、柔らかすぎると戻らないので、やはり回転はかからないのです。
インパクトでガットが動いて戻る機能はスナップバックと呼ばれていますが、それについては以下をご参照ください。

click!⇒スナップバックで適切な硬さを判断
ガット張りの硬さはどれくらいが適切なのかについては諸説ありますが、テニスワンでは「スナップバックが適切に機能するかどうか」という点に注目しています。ボールが食い付かなかったり、スッポ抜けたりするのはスナップバックが機能していないからで、それと張上の硬さには密接な関係があります。

大胆に振ったほうがコートに入る

インパクトでガットが動いて戻る硬さに張り上げられていれば、大胆に振ったほうが打球が確実に押さえ込まれてコートに入るようになります。
ヘッドスピードが上がればスナップバックが強く機能するので、気ままに振ったほうが強い順回転がかかるわけです。
それに比べて、アウトやネットを防ごうとして力の加減やスイングを調節している感じがあるときは、ガット張りが適切でないと考えて良いでしょう。

インパクトの打球感でチェックする

さらに、ガット張りが適切かどうかは、これ以外の方法でも簡単にチェックすることができます。
それは、インパクトの打球感でチェックする方法です。

ボールを打ったときの感じ=打球感は、打球衝撃と言い換えることができますが、それが軽いかどうかで判断できます。
そして、打球感が軽ければ良いわけです。

張りが硬すぎる場合はガツンという手応えがあって、柔らかすぎる場合はズシンという重い手応えを感じます。
この中間のアッサリした打球感が生まれる硬さが適切ということです。

その理由は、ボールインパクトでプレイヤーが感じる打球感は、それが好きでも嫌いでも単なる伝達ロスなので、打球感はできるだけ小さいほうが良いからです。

click!⇒ラケットの打球感は伝達ロス!
テニスラケットの打球感は単なる伝達ロスです。なので「好きな打球感」のラケットを選んでいると負けやすい状態に陥る可能性があります。打球感が無いのが最高なのに、打球感をしっかり感じるラケットを選ぶと、いろいろな弊害が生まれます。

ボールを打ったときのガツンという手応えは、プレイヤーにしっかり打ったという達成感をもたらすのですが、単なる伝達ロスなので打球は失速します。

ですから、最初に書いたように、プレイヤーの好みで決めると適切な状態から外れることが多くなるわけです。

click!⇒テニスのガット張りを好みで決めると外れる
好きな感触を求めてガット張りを工夫している方が多いようですが、その方向では戦力ダウンにつながる可能性があります。感触の好みより「打球の状態」を観察して「勝ちやすいストリングの状態」を探しましょう。

適切な硬さは伝達効率の良い硬さと言い換えることができますが、伝達効率が良ければプレイヤーの運動負荷が小さくなって打球の勢いは増します
でも、そのときの打球感は「良い感じ」ではなく「つまらない」に近いかもしれません。
ですから、打球感がつまらなくても勝てたほうが良いと考える方は、ボールが最も軽く感じるストリング・セッティングを目指してください。

打球感が好きでも嫌いでも、そこに意識が向くのは、ガットも含めてラケットが合っていないときの症状なので、好きな打球感を求めるのは損であり、それによってプレー中の集中もジャマされます。
打球感が小さくなれば、好き嫌いの対象からは外れるので、ラケットのことが気にならなくなります。
目指すべきは、ラケットの存在感が無くなって自分がダイレクトにボールを飛ばしているようなプレー感覚です。

ボールを効率良く打ち出すのに適した硬さ

インパクトポイントをラケットがスルッと振り抜けて、プレイヤーの運動がボールに100%伝わる状態がベストなので、それは意外にも「ちょっとつまらない」という印象なのかもしれません。
プレイヤーの運動をボールに伝えるのがラケットの役目なので、ガットについても同様に、伝達効率を良くすることを目指せば、運動効率が良くて疲れにくい状態が手に入るでしょう。
あくまで勝ちにこだわるのであれば、「ボールを効率良く打ち出すのに適した硬さ」を探すのがストリング・セッティングを考える際の最優先テーマだとご理解ください。

このあとの記事をお読みいただいて、正しい方向性でガット張りをご検討いただければ幸いです。

使うラケット次第でプレイヤーの戦力が大きく変わることをご存じの方でも、それでは一体、何を目指してラケットを選べば良いのかが今一つわかりにくいという方が多いのではないでしょうか。その答えとして私どもが提案するのは「打球感を無くすこと」です。
Click!⇒テニスラケット選びの究極のゴール

click!⇒硬く張って飛びを抑えるのは大損!
張りを硬くしたり、ポリ系のストリングを選んだりすることで打球の飛びを抑えることは確かに可能です。でも、その方法でアウトが減ったとしても、打球が失速して、いくら打ち込んでも簡単に打ち返される「報われない状態」に陥る危険可能性があります。

click!⇒テニスガットの硬さは振り抜けるかどうかで良否を判断する
大事な試合でビビらずに大胆に打っていくには「振れば振るほど安定して入る状態」が必要で、それには、ガットの硬さが重要なカギを握っています。「振り抜いたほうが入る」という状態を目指して「インパクトでヘッドが走る状態」に張り上げることがキーポイントです。

click!⇒テニスワンが「適切な硬さ」を提案!
どんなストリングをどれくらいの硬さに張るかという「ストリング・セッティング」については、プレイヤーの好みに任されているケースが多いようですが、勝つことを目指すのであれば、好みより戦力を優先して決めるべきでしょう。打球の勢いが出やすいストリング・セッティングを探すべきなのです。

click!⇒テンションは「硬さ」ではない!!
「何ポンド」というテンションが張り上がりの硬さを示す数値だと思っている方は多いのですが、実はそうではありません。「テンション」はストリングマシンの設定値であってストリング面の硬さを示すわけではないのです。

◆テニスラケットは完成品ではない
ラケットを活かすも殺すもガット張り次第

テニスラケットは完成品ではありません。ガットを張らないとボールが打てないので半完成品です。
そして、実際にボールを打つのはラケットのフレームではなくガットなので、ガット張りが最終的にラケットの使い勝手を決めるわけです。
テニスワンは10,000名以上のラケットフィッティング経験を通じて、ガット張りが適切でないせいでプレイヤーが損をしている現実を数多く見てきました。(参照⇒ラケット・フィッティング
そして、「ガット張りの適切な硬さの範囲」を実証的に把握してきましたが、それは、ラケットに表示してある「適正テンション」の範囲とは大きく異なリます。(参照⇒推奨テンションは適切ではない
楽しく快適にプレーできるかどうかはガット張りがカギを握っています。
適切な張り上げで爽快に打てるラケットをテニスワンで手に入れてください。
ラケットのご注文はテニスワンへ!⇒Click!

GUT LIVEなんて必要ない!

ガットの動きが悪いせいで起きるネットやアウトを、全部自分のせいだと思い込んでいる人には、GUT LIVEは必要ありません。


◇インパクトでボールが面からこぼれてネット
ガットが動かないと「食い付き感」が生まれないので、インパクトでボールをつかまえられずにスルッとネットすることが多くなります。
◇スピンで押さえ込めずに浮いてアウト
動いたガットが戻るときに順回転がかかるので、ガットが戻らないと回転が安定せずスッポ抜けのアウトが出やすくなります。
◇打球の深さがバラバラ
ガットの動きが安定せずに、ボールインパクトで動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすれば、ガット面から打ち出されるボールの角度が毎回変わるので、その影響で打球の深さが不安定になります。
自分のせいではないことで損をしたくないなと思ったらこちら!↓Click!

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットの
基礎知識
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
「ポンド」は
硬さではない
異なる硬さを
打ち比べる
適切な
硬さを提案
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外
で張上の硬さが
変わる
適切な硬さを
簡単に見つけるには
テニスワンの
ガット張りについて


テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
使うラケットとの相性の良し悪しはプレイヤーの戦力に大きく影響します。でも、プレイヤーが自分の戦力を正確に把握するのは困難です。
なぜなら、テニスはとても忙しいスポーツで、自分の打球の状態を正確に把握しようとするとプレーが続けられないからです。
そのため、打球に伸びがなくて安定性に欠けるような不利な状態でも、それに気づかずに相性の悪いラケットを使い続けるケースが、技術レベルに関係なくとても多いわけです。
相性の良いラケットに出会うためには人体実験が必要で、しかも、その実験の過程を観察して客観的に判断する仕組みが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画