テニスで実はやってはダメな練習課題 /大きなフォロースルー

テニスで実はやってはダメな練習課題
大きくフォロースルーする

大きなスイングで開放的に、気持ち良く振り抜きたいと考えている方は少なくないようですが、そう考える理由は、今が気持ち良く振り抜けていないからではないでしょうか。
腕に変な力が入っていたり、調節して振っている感じがあったりすると、爽快に振り抜くことができません。

また、スクールで大きく振り抜くように指導されているケースも少なくないようで、そういう方は小さいスイングになるはずのショートラリーでも大きくフォロースルーしたりするので、一目でわかります。

さらに、フォロースルーを大きくしようと考えている方によく見られる「変な姿」に、振り抜いたときのラケットの位置がいつも同じという症状があります。
右利きのフォアであれば、左肩の上に振り抜くことが定番的に決まっているわけです。

もちろん、低い打点であれば左肩の上に振り抜いて良いのですが、それより高い打点で打つときは、振り終わりの位置はもっと低くなるのが自然です。
テニスは飛んで来るボールを打ち返すスポーツなので、ボールの状態に合わせて毎回違うスイングをしなければならないのに、いつも同じ位置で振り終わるのは変です。

大きく振り抜こうと意識している方は、インパクトで止まりそうになったラケットをわざわざ意識的に上まで振り抜くという姿を見かけることもあります。
でも、そうした「取って付けたようなフォロースルー」は次のボールへの始動が遅れる原因になるだけで、何のメリットも産まないでしょう。

フォロースルーは基本的に、インパクト後の惰性でラケットが振られている状態なので、陸上の短距離走でゴールを走り抜けた後のようなものです。
ゴールしたときの速度が速ければ、すぐに止まれないので遠くまで走りますが、その逆が正しいわけではありません。
つまり、ゴールした後に遠くまで走れば、ゴールの速度が速くなるということはないわけです。

フォロースルーは打ったあとの結果なので、その姿を見ると良いショットであったかどうかがわかります。
リラックスした姿で大きく振り抜けていれば、方向はともかく、勢いのある良いショットだったことがわかるわけです。
でも、それはあくまで、良いショットが打てた結果そうなったという姿であって、結果の姿を形だけ真似ればショットの内容が良くなるというわけではありません。

フォロースルーはボールを打ったあとの姿なので、その姿を改善して打球を良くしようとするのは無理目な試みです。

さらに、縮したスイングになったり振り切れなかったりするのは、使っているラケットに問題があるケースがほとんどなのですが、それを放置したままでスイングを改善しようとしても効果は得られないでしょう。
ラケットの問題とは具体的には以下のようなケースです。

1.スイングウェイトが軽すぎるラケットでは、打ち負けてヘッドスピードが減速するので振り抜けません。

2.ストリング・セッティングが硬すぎるラケットでは、打球衝撃が強くて力が入るので、ボールにラケットヘッドをぶつけるような打ち方になって振り抜けません。

3.ラケットの性能がプレイヤーに対してハードすぎる場合も同様です。

4.ストリング・セッティングが柔らかすぎるラケットも、気ままに振ると押さえが効かないのでスイングが縮んで振り抜けません。

等々、ラケットのせいで開放的に振り抜けないケースはたくさんあるので、それらを放置したまま本人の努力だけで直そうとしても良い結果は得られないでしょう。
ラケットのせいで起きていることは、ラケットを何とかしないと直らないわけです。

実はやらないほうが良い
練習課題が横行しています
ラケットを
早く引く
身体を早く
横に向ける
テイクバック
でヘッドを
下げる
テイクバック
を小さくする
どんなボールも
スピンをかける
ボールを
押す/つぶす
大きな
フォロースルー
ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論で、その原因は、自分に合うラケットを手に入れるには「モデルの特性がプレイヤーに合っている」+「フレームのスイングウェイトが適切」+「ガットの種類と硬さが適切」という三つの条件を同時にクリアしなければならないので、そういうラケットに偶然出会える可能がとても低いことにあるようです。合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓

   
内容の紹介 日程と空き状況
   
 
 
ラケットとガットについての記事が
全60タイトル!

テニスワンの
「ラケット選びのノウハウ集」へ

テニスワンのトップへ