テニスで実はやってはダメな練習課題 /テイクバックを小さくする

テニスで実はやってはダメな練習課題
テイクバックを小さくする

テイクバックをコンパクトにするという取り組みも、かなり広く行われているのではないでしょうか。
そして、このテーマに取り組むキッカケも「振り遅れ」にあるようです。
振り遅れるから準備動作を小さくして、素早くできるようにするという考えなのですが、これも日常生活的な思考であってテニス的ではありません。

テイクバックをコンパクトにするというのは、スイングのスタート位置をインパクトポイントに近づけることですが、これはつまり、ラケットヘッドの助走距離を短くすることです。
そして、短い助走距離でヘッドスピードを上げられるかどうかはプレイヤーのパワーにかかっています。

車と同じで、大排気量でパワーがあれば短い助走距離でスピードアップが可能ですが、軽自動車では無理です。
でも、軽自動車でも助走距離が長ければ、それほど無理せずに大排気量の車と同じスピードに達することは可能です。

ジュニアでテイクバックがとても大きいプレイヤーを見かけることがよくありますが、あれは力が無いからで、力が無くてもテイクバックが大きければ大人以上のスピードボールが打てるという見本です。
ですから、腕力に自信があるプレイヤーでなければ、テイクバックを小さくするのは威力のあるショットを諦めてしまうことにつながります。

振り遅れるからテイクバックを小さくするというのは、仕事のスタートが遅れて締切に間に合わないから仕事内容を減らすというのと同じようなものです。
振り遅れは、飛んで来るボールに対してスイングのスタートが遅れるから発生するので、その場合の正しい対処法はスイングを小さくすることではなく、始動が遅れないようにするということです。

それを、スイングの始動の遅れについては手つかずのままで、テイクバックをコンパクトにすることで対応しようとするのは、良いショットを打つという本来やるべきことの放棄につながります。
打球のスピードと回転量の源泉はヘッドスピードなので、それが上がらないような取り組みは「返すだけのテニス」につながり、楽しさを半減させるでしょう。

ラケットを早く引いてはダメの文末で書いたのと全く同じことを書きますが、振り遅れの解決策は「動きの改善」ではなく「ボールを発見するタイミング」にあります。
振り遅れるのは、ボールを認識するタイミングが遅いから起きることなので、そこを改善しない限り、動きを工夫してもあまり効果は期待できないわけです。

実はやらないほうが良い
練習課題が横行しています
ラケットを
早く引く
身体を早く
横に向ける
テイクバック
でヘッドを
下げる
テイクバック
を小さくする
どんなボールも
スピンをかける
ボールを
押す/つぶす
大きな
フォロースルー

テニスワンのトップへ


ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論です。その原因は、合わないラケットのせいで「変な打ち方」や「失速する打球」になっていても、プレイヤー自身はそれをきちんと自覚できないことにあります。そのため、自分に合うラケットを見つけるには第三者に客観的に見てもらうことが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!

「ラケットでプレーが変わる」なんていう話を聞くと、過去にプレーを変えようとして苦労した方は特に「そんなうまい話はとても信じられない」と感じると思いますが、実は確実に変ります。そして、その理由はとてもシンプルです。
⇒続きはこちら