テニスで実はやってはダメな練習課題/身体を早く横に向ける

テニスで実はやってはダメな練習課題
身体を早く横に向ける

「身体を早く横に向ける」という課題も、「ラケットを早く引く」という課題と一緒に取り組まれることが多いのですが、これも変な動きをもたらします。

欽ちゃん走り!?

相手のショットが自分のフォアに飛んで来るのか、バックに飛んで来るのかを見極めたら即座に身体を横に向けてテイクバックするわけですが、これだと、構えているところにボールが飛んで来れば良いのですが、相手の打球が遠い場合はちょっと困ったことになります。

具体的には、相手の打球が短かったり長かったりすると、コート上で先に横を向いてしまうと、サイドステップか「欽ちゃん走り」でボールに向かって移動することになります。

さらに、フォアとバックの見極めを間違えると、先に横を向いてしまう分だけ後の修正が大変でバタバタします。
風でボールが流れたりすることはよくありますが、身体に向かってくるボールに対して横向きで後方にステップバックするのは容易ではありません。
それより、前を向いたままのほうが左右どちらでも動きやすいでしょう。

ボールを正面でとらえ続ければ身体は横向きになる

テニスボールはコート上で素早く動き回りますが、そういうものをきちんと把握するには身体の正面でとらえるのがベストです。
人の特性として、正面のほうが距離感が明確になる上に、左右に逃げそうな場合も追いかけやすいからです。

飛んでくるボールを正面でとらえ続ければ、そのボールが身体の横まで来たときには、ボールを正面で見ている限り、身体は一瞬だけコートに対して横向きになります。
それと同時にテイクバックも一瞬で済ませることができます。

ヒネリ戻しが使えない

また、身体を横に向けるのは、体軸のひねりで力をためるという側面もあります。
ですから、身体の横向きが体軸をひねったときの一瞬の姿であればヒネリ戻しの力でスイングできるのですが、身体をずっと横に向けたままでは、ヒネリ戻しが使えずに後ろから前への体重移動だけになります。

何かの運動の前に、その動きと反対方向の準備動作が必要とされる場合は、戻る力を利用してパワーを増大させるのが目的ですが、準備動作の一部を先に済ませておくと台無しになってしまうわけです。

ラケットを早く引くのと同様に、身体を横に向けるという動作も、打つ前の一瞬の姿であれば正解なのです。
ただ、その一瞬はわずかに早くてもわずかに遅くてもダメで、インパクトに向けてタイミングがピッタリでなければなりません。

ラケットを早く引いたり、身体を早く横に向けたりするなど、準備動作の一部を先に済ませておくと、準備動作の本来の効果もマイナスされてしまうわけです。

実はやらないほうが良い
練習課題が横行しています
ラケットを
早く引く
身体を早く
横に向ける
テイクバック
でヘッドを
下げる
テイクバック
を小さくする
どんなボールも
スピンをかける
ボールを
押す/つぶす
大きな
フォロースルー


テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
合うラケットと合わないラケットの違いはとてもシンプルで、「伝わりが良いかどうか」です。
伝わりの良いラケットを使えば、頑張らなくても打球の勢いが出るので、余計な力みが減ってリラックスした動きになり、足を踏ん張る必要もなくなるのでフットワークが軽快になります。
そして、伝わりの良いラケットを手に入れるには、コート上での比較実験が必要な上に、その実験の過程を観察して客観的に判断する役割が不可欠です。
10,000名以上のフィッティング実績!
ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画