テニスラケットの「振り抜きの良さ」について

テニスラケットの
「振り抜きの良さ」について

テニスは、ラケットを振ってボールを打つスポーツですので、スムーズに振り抜いて勢いのある打球を相手コートに打ち込みたいと思うのは誰でも同じでしょう。
ボールを打ったときにスイングが縮んだり、ギクシャクしたりすることなく、気持ち良く爽快に振り抜きたいという希望は多くのプレイヤーが持っていると思われます。

そこで、誰もが探したくなるのが「振り抜きが良いラケット」で、ちょっと考えると、そういう性能のラケットは、探せば簡単に見つかりそうな気がするのですが、実は存在しないというのが今回のテーマです。

空気抵抗の軽減による振り抜きの良さを、カタログでアピールしているラケットメーカーも何社かあるくらいですので、「振り抜きの良いラケットは存在しない」などと書いてしまうと、かなり反論が出そうですので、ちょっとビビって言い方を変えます。

厳密に言えば、「振り抜きやすいと誰もが感じるラケットは存在しない」ということです。

ただ振るだけであれば

大きなウチワとハエたたきとを振り比べれば、空気抵抗の少ないハエたたきのほうが振りやすいのは間違いありません。
なので、ラケットの空気抵抗の大小が振りやすさに影響することは充分考えられます。
フェースサイズの大きいラケットと小さいラケットを振り比べれば、フェースの小さいラケットのほうが振りやすく感じるでしょう。

この他にも、スイングウェイトの軽いラケットと重いラケットを振り比べれば、スイングウェイトの軽いラケットのほうが軽快に振れる感じがするでしょう。
(※スイングウェイトについてはこちらをご参照ください

「なんだ、振りやすいラケットは有るじゃないか」と言われそうですが、実は、こうしたことはラケットを振っているときだけのことなのです。

「振ったときに振りやすいのなら、それは振り抜きの良いラケットじゃないか」とも言われそうですが、振ったときに振りやすくても、振り抜きの良いラケットとは言えません。
なぜなら、テニスラケットの用途は「振ること」ではなく「ボールを打つこと」だからです。

ボールを打ったときに振り抜きが良くなければ、それは「振り抜きが良いラケット」とは言えないわけです。

ボールを打たずにただ振るだけであれば「振りやすいラケット」はたくさんあるのですが、そういうラケットが、ボールを打ったときにも振りやすいとは限らず、逆の結果になることが多いのです。
ラケットの振り抜きやすさを考える上で、ここが大事なキーポイントです。

「振り抜きが良い」というのはどういうこと

ここで、「振り抜きが良いという状態」について詳しく知るために、もう少し踏み込んでみる必要がありそうです。

普通、振り抜きが良いというのは、テイクバックからインパクトに向けて加速されたラケットヘッドが、フィニッシュまで一気にヒュンと行ってしまう状態を言うようです。
プレイヤーが意識して最後まで振ろうとしなくても、ラケットヘッドが勝手に振り抜けて行くようなイメージです。

そして、そういう状態が実現するかどうかは、インパクトで何が起きるかで決まります。

ラケットをただ振るだけの時とボールを打った時の違いも、スイング中にボールのインパクトがあるかどうかの違いですから、実際問題として、ボールインパクトで何が起きるかが大きな問題なのです。

振り抜きが良い状態とは、スイングの途中で追加的に力を加えなくても、振り出したときの力だけで一気にフィニッシュまで行ってしまう状態なのですが、そうなるためには、インパクトでは、できるだけ何も起こらないほうが良いわけです。

打球衝撃がヘッドスピードを減速させる

ラケットヘッドはインパクトでボールと衝突しますので、その時の衝撃(=ボールの手応え)が大きければ大きいほど、その影響でヘッドスピードが減速します。
ボールを打ったときの手応えが大きいほど、ヘッドスピードも大きく減速するわけです。

逆に、ボールインパクトの衝撃(手応え)が小さければ小さいほど、そこでのヘッドスピードの減速が起きずに、スイングスピードが維持されたままフィニッシュまで振られてしまうのです。
打球衝撃
ですから、インパクトの手応え大きいかどうかで「振り抜きが良いかどうか」が決まると言えます。
そして、ただ振ったときに振りやすいラケットと、ボールを打ったときに振り抜けるラケットとは一致しないのです。

打球衝撃によって振り抜きが悪くなるケース

スイングウェイトが軽い

単純な例では、スイングウェイトが軽いラケットは振るだけであればとても軽快に振れるのですが、実際にボールを打ったときは、ボールに負けてしまうために手応えが大きくなります。
硬式テニスのボールの重さは60gくらいあるため、これがある程度以上のスピードで飛んでくると、衝突するラケット側のスイングウェイトが軽いとボールに押されて強い衝撃が発生するようになるのです。

当然、そういう状況では、プレイヤーは力を入れて衝撃に耐えようとするわけですが、この状態はボールとの押し合いをしているようなものなので、振り抜けているとは言えないわけです。

ただ振るだけであれば、スイングウェイトは軽ければ軽いほど軽快に振れるのですが、実際にボールを打つ場合は、軽ければ軽いほど打球衝撃が大きくなって振り抜けないということです。

ストリング・セッティングがハード

このほかのケースでは、ストリング・セッティングが硬すぎる場合も打球衝撃が大きくなるので、ヘッドスピードがインパクトで大きく減速することになります。
どんなに空気抵抗の小さいラケットでも、ボールとの衝突で大きな衝撃が発生すれば、それによってスピードダウンするのは避けられません。

ラケット自体がどんなに振りやすくても、ストリング・セッティングが適切でないだけで振り抜きが悪くなってしまうわけです。

フェースが小さいくて飛ばないラケット

フェースが小さいラケットは、物理的には空気抵抗が小さいので振りやすいはずですが、そういうラケットはボールがあまり飛ばないので、パワーの無いプレイヤーが使うと打ち負けやすくなります。

打ち負けると打球衝撃が強くなるので、ラケットの空気抵抗が小さくても、やはり振り抜けなくなるのです。

打球衝撃が小さくても振り抜きにくいケース

飛びすぎるラケット

この逆で、フェースが大きいラケットは、ボールが楽に飛ぶので打球衝撃は小さくなりますが、ボールが飛びやすいということは、ちょっと間違えるとアウトが出やすいということですので、あまり元気よく振るわけにはいかなくなります。

飛びすぎを感じると、アウトを恐れてスイングが縮んでしまうので、打球衝撃が小さくても、気持ち良く解放的には振れなくなるわけです。

スイングウェイトが重いラケット

スイングウェイトが重いラケットも同様で、スイングウェイトが重ければ打ち負けずに打球衝撃は小さくなるのですが、スイングウェイトが重いと飛びも出やすくなりますので、積極的にスイングスピードを上げにくくなります。

また、スイングウェイトが重いということは、文字どおり、振るときに重いので素早く振り抜くのが難しくなります。

プレイヤーとの相性次第で打球衝撃が生まれる

さらに、以上のような振りにくくなる要因をすべてクリアしたとしても、ラケットの特性がプレイヤーに合っていないと、振りやすいという状態が得られません。

具体的には、ホールド性の高いラケットが合っているプレイヤーが、弾きの良いラケットを使った場合、スイングのパワーがうまく打球に伝わらないので、打球衝撃が生まれます。

この逆もあって、シャープな反応のラケットが合っているプレイヤーが、ホールド性の高いラケットを使っても、うまく伝わらずに手応えが強くなります。

合うラケットを使えば、プレイヤーの力が打球にスムーズに伝わりやすくなるため、打球衝撃が軽減されるので、軽快に振り抜けるようになります。
でも、合うか合わないかは人それぞれの問題ですので、スイングパワーがうまく打球に伝わって気持ち良く振り抜けるラケットはプレイヤー一人一人で違うということです。

誰もが振り抜きやすいラケットはない

これらのことを総合すると、「振り抜きが良い」というのはとても貴重な状態だと言えそうです。

つまり、1.ラケットの性能特性がプレイヤーに合っていて2.適切なスイングウェイトの数値が選ばれて、3.適切なガット張りがされているときに、打球衝撃が小さくなって、その結果として「振り抜きが良い」という状態が生まれるわけで、誰でも簡単に手に入るということではなさそうです。

合うラケットはプレイヤーごとに異なるため、振り抜きやすいラケットもプレイヤーごとに異なるわけで、その結果、最初に書いたように「振り抜きが良いと誰もが感じるラケットは存在しない」ということになるのです。



テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
使うラケットとの相性の良し悪しはプレイヤーの戦力に大きく影響します。でも、プレイヤーが自分の戦力を正確に把握するのは困難です。
なぜなら、テニスはとても忙しいスポーツで、自分の打球の状態を正確に把握しようとするとプレーが続けられないからです。
そのため、打球に伸びがなくて安定性に欠けるような不利な状態でも、それに気づかずに相性の悪いラケットを使い続けるケースが、技術レベルに関係なくとても多いわけです。
相性の良いラケットに出会うためには人体実験が必要で、しかも、その実験の過程を観察して客観的に判断する仕組みが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画