スピンのかけやすさはラケットで決まるわけではない

打球にもっと回転をかけたいと思っているプレイヤーは、単純に「スピンのかけやすいラケット」を探そうとするのですが、スピンのかけやすさはラケットのパワーがプレイヤーに合っていることが大前提だということを知らないと良い結果が得られません。

スピン性能が高い
ラケットはない!?

打球に強い回転をかけたいと願うプレイヤーはかなり多いようです。
そして、彼らの多くはスピンのかけやすいラケットを探そうとします。
でも、残念ながら、そういう性能を持ったラケットは存在しません。
正確に言えば、スピンのかけやすいラケットは確かにあるのですが、それは個人個人で異なるので、誰もが同じように「スピンがかけやすい」と感じるラケットは無いのです。
その仕組みは以下のようになっています。

回転をかけると球足が短くなる

回転をかけるという行為によって、打球の球足は大幅に短くなります。
これは、スイングパワーが回転をかけることに使われてしまうため、ボールを前に打ち出す力が弱まってしまうのと同時に、順回転による空気抵抗でボールが早く落ちるからです。
ですから、フラット系の打球が適切な深さに飛ぶラケットを使っているプレイヤーが、同じラケットで強い回転のかかった打球を相手コート深くに打ち込むことはできません。
なぜなら、うまく回転がかかった時に球足がとても短くなるからです。
それを元の深さに打とうとすれば、かなり力んで打つか、高い打球軌道で打ち出すかのどちらかが必要になりますが、残念ながら、そのどちらもプレー上、良い結果をもたらしません。
なぜなら、力んで打つと体軸がぐらついてショットの安定性が失われやすくなり、高い軌道に打ち出した打球がコートに入っている場合はただの遅い球になってしまうからです。

スピンをかけなければアウトするラケット

回転のかかった打球を打とうとしても、なかなかうまくいかないという方の多くは、ラケットの飛びが不足していることが多いのです。
技術的には回転をかけることができるのですが、うまく回転がかかった時の打球が短くなってネットしたり、勢いがなかったりするので、元の回転をかけない打ち方に戻ってしまうわけです。
ということは、フラット気味に打った時には、打球がバックネットを直撃するような、飛びの良いラケットに持ち替えれば、回転をかけるのが容易になります。
スピンをかけやすいということで定評のあるラケットには、ピュアドライブやアエロプロドライブなどがありますが、これらはフレーム厚が26mmの中厚ラケットで、基本的に良く飛ぶラケットなのです。
つまり、スピンをかけやすいラケットとは、言い換えれば、スピンをかけなければ簡単にアウトしてしまうくらいパワーのあるラケットということなのです。

プレイヤーのパワー次第

このように、飛びすぎるラケットを使えばスピンはかけやすくなりますが、パワーがあればあるほど良いというわけではなく、プレイヤーに合わせたパワーレベルのラケットを選ぶことが必要です。
ですから、同じラケットでも、使うプレイヤーのパワー次第でスピンがかかったり、かからなかったりするわけです。
他の誰かが「スピンがかけやすい」と評価したラケットが、自分にとっても同じである可能性は、かなり低いと考えたほうが安全です。

「スピンのかけやすいラケット」は限定的な良い状態のこと

このようなことから、スピンのかけやすいラケットは確かにあるのですが、それは個人個人で異なるため、誰もが簡単にスピンが打てるという共通の性能を持ったラケットは無いのです。
「スピンのかけやすいラケット」とは、プレイヤーに合わせてセットアップされたラケットによってもたらされる限定的な良い状態というようにご理解下さい。
ですから、単純に、スピン性能の高いラケットを選ぼうとしたり、スピンのかけやすいストリングを見つけようとしても、それによる効果はあまり期待できないでしょう。
①プレイヤーに合わせて適切な性能のモデルを探して、②適切な数値のスイングウェイトのフレームを選び、③適切なストリングを適切な硬さに張り上げることが必要なのです。


テニスワンのトップへ


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!
「ラケットでプレーが良くなるなんて、そんな都合の良い話があるはずはない」と考える方が多いかも知れません。でも、プレーの良し悪しはラケット次第で変わります。そして、その仕組みはとてもシンプルです。⇒続きはこちら

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットを替えればプレーが変わる動画