ソフトテニス経験者の硬式ラケット選びについて

ソフトテニス経験者の
硬式ラケット選び

速すぎるスイングスピード

ソフトテニスをやってきた方が、初めて硬式テニスをやった時に感じるのは、「ボールがすごい勢いで飛んでいく」ということではないでしょうか。
ソフトテニスのボールに比べると、硬式テニスのボールは硬くてよく弾むため、ソフトテニスのスイングイメージのまま打つと、バックネットを直撃するく らいの勢いでボールが飛んでいくはずです。
ボールがコートに入らずに飛んでいってしまうのは、スイングスピードが速すぎるからなのですが、後々のことを考えると、これは別に悪いクセではないと考えるべきでしょう。
硬式テニスでも、勝つためには強い打球は欠かせません。
強い打球を生み出すのは速いスイングスピードですので、それを封印してしまうのはもったいないわけです。
ですから、その速いスイングスピードを生かせるラケットを選ぶという方向で考えてみてはいかがでしょうか。

初心者向けはダメ

最初の硬式テニスラケットを選ぶ時にありがちな間違いは、硬式テニスは初めてだから、初心者用の易しそうなモデルを選ぼうとすることです。
ここで注意しなければならないのは、テニスラケットは技術レベル毎に適したものが用意されているわけではないということです。
多くの場合、上級者向けとされるのはフェースが小さくフレームが薄い「ボールが飛びにくいラケット」で、初級者向けとされるのは、フェースが大きくて「楽に飛ぶラケット」です。
「上級者であればパワーが有って、初心者はパワーが無い」ということではないはずなのに、ラケットの飛びだけで技術レベルを決めてしまうのは正しい分類とは言えないでしょう。
スイングパワーのあるソフトテニス経験者が初心者向けの「楽に飛ぶラケット」を使った場合、ただでさえ抑えて振らないととアウトしてしまうのに、もっと抑えたスイングをしなければならなくなります。

飛ばなくてマイルドなもの

ということで、ソフトテニスで獲得したスイングスピードをできるだけ生かすためには、飛びの出やすいラケットは避けたほうが無難です。
さらに、硬式テニスで最初に気になるのは、打球感の硬さだと思いますが、それを避けるためにはホールド性が高くてインパクトの感触がマイルドなものを選ぶと良いでしょう。
そうした条件でテニスワンが選んだモデルは、以下のとおりです。
※価格はストリング張上済みの税込価格です。

ソフトテニス経験者向きのラケット例はこちら!

【グリップについてのアドバイス】

ソフトテニス経験者が硬式テニスに取り組もうとする際に、最初にぶつかるのがグリップの問題だと思います。
「ソフトと硬式はぜんぜん違うはずだ」と考えて、今までの握り方を完全に捨ててしまうのは、スムーズな移行を考えるとチョット損かもしれません。
変えなくて良い部分と変えるべき部分があるので、以下を参考にしていただければ幸いです。

フォアハンドはそのまま

ソフトテニスはウエスタンで厚いグリップだけど、硬式はイースタンで薄く持たないといけないと思ってしまう方がいますが、そんな必要はありません。
硬式テニスでも、年齢の若いプレイヤーはウェスタングリップでフォアハンドを打っているケースが少なくありません。
フォアハンドストロークは、全てのショットの基盤のようなものですので、ここを大きく変えてしまうと、今までソフトテニスで培った技術を捨ててしまうことになります。
ということで、フォアハンドストロークのグリップについては、今までと同じウェスタングリップでスタートされたほうが良いと思います。

ボレーとバックハンドストロークはチェンジ!

ただ、ボレーとバックハンドについては諦めて下さい。
後のことを考えると、新しいショットを覚えるつもりでガラッとグリップを変えたほうが良いで しょう。
ボレーについては、ラケットを持つ際にフェースを立てた状態で、手首がグリップの上に来るような持ち方(コンチネンタルグリップ)で持って下さ い。
基本的には、このグリップでフォアとバックをフェースの裏表で打つわけですが、フォアボレーとバックボレーでそれぞれが打ちやすいほうに少しずらしてもかまいません。
バックハンドストロークについては、思い切って両手にしてしまったほうが、ソフトテニスの打ち方が出てしまうことがないので、良いと思います。

サーブはボレーのグリップで!

サーブについても、ソフトテニスでウェスタンであった場合は、ボレーのグリップ(コンチネンタル)に変えたほうが良いでしょう。
ただ、その場合、スタンスの向きも同時に変える必要があります。厚いグリップの場合は相手コートの方向を向いて構えますが、薄いボレーのグリップでは相手コートに対して横を向くスタンスになります。
握り方を変えたショットについては、最初は今までよりかなり打ちにくくなると思いますが、先々のことを考えれば、ここで苦労してしまったほうが良いと思います。

やっぱりラケットドックがおすすめ!

硬式テニスの経験が少なくても、最初から「身体に合うラケット」でプレーしたほうが、ムダな時間をカットできるのでステップアップが早いのは誰でも同じです。
というより、硬式の経験が少ない分だけラケットの影響を直接受けやすいかもしれません。
ぜひ、「身体に合うラケット」をお探しください。

ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!

・・・・・というのが10,000名以上のラケットフィッティングで得た結論です。合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓

   
内容の紹介 日程と空き状況
   
 
 
ラケットとガットについての記事が
全60タイトル!

テニスワンの
「ラケット選びのノウハウ集」へ

テニスワンのトップへ

 

 

 

ブックマーク