「打ち方」と「狙い」がジャマをする

「打ち方」と「狙い」が
プレーのジャマをする

試合に臨むときに、「希望」や「不安」がプレーに場違いな「雑念」であることは誰でもわかると思いますが、「打ち方」や「狙い」については、プレー中に必要だと考えている方が多いのではないでしょうか。

実際問題として、大事な試合ほどミスでポイントを失いたくないので、きちんと打とうとして「打ち方」に意識が向くことが多いのですが、「打ち方」は「自分の身体の動き」なので、ボールではありません。
ですから、「打ち方」を意識したとたんに飛んで来るボールへの意識が薄れて、「一応見えてはいるけれど、きちんと見ていない」というような状態になります。

ミスショットのあとは、それを繰り返さないために「きちんと打とう」と決心することが多いのですが、そういう思いが強くなることで
⇒ボールとの関係が悪化して再びミスが出る
⇒ミスの繰り返しを反省することでボールとの関係がさらに悪化する
という悪循環がスタートしてドツボにハマる
わけです。

テニスはもともと、打ち方を意識しながらプレーできるほど簡単でノンビリしたスポーツではないので、打ち方を意識しないで済むように、試合に出るまでにたくさんの練習の積み重ねてきたわけです。
ですから、試合のときに打ち方を工夫してもミスの原因になるだけなので、それまでに積み重ねた練習を信じてボールだけに集中してプレーするしかないと諦めてください。

ショットの「狙い」についても、どこかを狙わなければテニスのショットとは言えないのですが、ボールが飛んで来るときに「狙い」を考えたら、「ボールの把握」と「狙いの設定」の二つのことを同時にやることになるので「アウト!」です。
ですから、「狙い」は、ボールが飛んでくる前の時点で「確定した予定」になっていることが必要です。

配球の組み立てについても同様で、打ち合いの中で「次はどこに打つんだっけ」などと考えていたら即アウトです。
戦略や配球パターンは、打ち合いが始まる前に頭に叩き込んでおくことが必要です。

ということで、「打ち方」も「狙い」も、ボールが飛んでくるときにそれが頭の片隅にでも浮かんだら、ただの雑念です。

相手が打った瞬間に頭の中を空っぽにして、飛んでくるボールを動物のように追いかけてつかまえる、そんな状態を目指してください。

試合で実力が発揮できないのは
ちょっとした勘違いが原因です
試合で緊張して
実力が発揮
できない人に
試合で緊張
「現在」から
意識が離脱
試合で緊張
慎重になると
ミスが増える
試合で緊張
ラケットの
影響が大きい
テニスと
「あがり症」
の関係
試合になると
ヘタになる仕組み
「打ち方」と「狙い」が
ジャマをする


テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
合うラケットと合わないラケットの違いはとてもシンプルで、「伝わりが良いかどうか」です。
伝わりの良いラケットを使えば、頑張らなくても打球の勢いが出るので、余計な力みが減ってリラックスした動きになり、足を踏ん張る必要もなくなるのでフットワークが軽快になります。
そして、伝わりの良いラケットを手に入れるには、コート上での比較実験が必要な上に、その実験の過程を観察して客観的に判断する役割が不可欠です。
10,000名以上のフィッティング実績!
ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画