テニスラケットの性能はプレイヤーとの相性で変わる

テニスラケットは単体で
性能が確定しているわけではありません

ラケットの性能は人との相性で変わる

「プレイヤー毎にラケットの性能が変わる」などとは、普通は考えられていないでしょう。
でも、プレイヤーとの相性次第で、ボールが楽に飛ぶはずのラケットが飛ばなかったり、飛びが悪いはずのハードスペックのラケットでもボールが楽に飛んだりというようなことが実際に起きるのです。

飛びすぎるから勢いが出ない

テニスラケットは通常、フェースサイズが大きく、フレーム厚の数値が大きいほどパワーがあるとされています。
実際に、オーバーサイズ以上の厚ラケはボールが楽に飛ぶように作られています。
でも、実際に、個々のプレイヤーを見ていると、そうとは言えないケースが意外に多く、厚ラケ・オーバーサイズを使っていても打球に勢いがない方は少なくないのです。
そうしたケースの中の多くは、飛びすぎが怖くてスイングが縮んでしまっているのですが、縮んだスイングでは当然のことながら、打球に伸びとスピードがなくなります。
無意識のうちに、インパクトに向けてスイングが加速しないように調節しながら振っているのです。
そうすると、パワーのあるラケットを使っても、打球のパワーは出ないわけです。

飛びが悪いから力んでアウトする

ラケットの性能やストリングセッティングが、使うプレイヤーに対してハードすぎる場合も打球の飛びが悪くなります。
ラケットのパワーが不足していると、そのままでは打球に勢いが無く、短くなったりネットしたりするわけです。
そうすると、プレイヤーは力を入れて打球の勢いを出そうとするのですが、そうした力んだ打ち方では、打球がスッポ抜けてアウトするケースが増えます
ラケットの飛びが悪いからアウトが増えるという、一見、おかしなことになるわけです。
試合でそうした力んだアウトが出ると、その後のプレイヤーは力を抜いて大事に入れようとします。
そうすると、当然ですが、打球の勢いが無くなって、返すだけの状態になります。
楽に飛ぶラケットでも飛びを抑えたラケットでも、プレイヤーに合わなければ同じように打球の勢いはなくなるわけです。

性能特性との相性

こうしたケース以外にも、ラケットの性能特性とプレイヤーのスイング特性が合わない場合、プレイヤーの力が打球にうまく伝わらなくなります。
ホールド性の高いラケットや、弾きのシャープなラケット、シャフトで粘る感じがするラケットなど、ラケットの性能特性にはさまざまなものがありますが、そうしたラケットの性能特性毎に、ボールの飛ばし方には微妙な違いがあります。
効率良くボールを飛ばすための打ち方が、ラケットの特性毎に微妙に違うのです。
ですから、ホールド性の高いラケットで勢いのある打球が打てるプレイヤーが、他のタイプのラケットを使うと、それが同じようなパワーレベルのモデルであっても、とたんにボールの勢いがなくなるということがあります。
これとは別に、ホールド性の高いラケットではボールの勢いが出ないプレイヤーが、それよりハードなスペックの弾きの良いラケットを使うと、急に回転のかかった強い打球が出るようになるというケースもあります。
また、厚ラケオーバーサイズを使ってきた方が、それよりフェースが小さくて薄いラケットを使った時のほうが、打球の勢いが出るなどというケースなどは、特に珍しいことではありません。
タッチが合うラケットは、ハードなスペックでもボールに力が伝わってスピードのある打球が生まれ、プレイヤーとラケットの反応が合わないと、良く飛ぶはずのラケットでもボールの勢いが出なくなります。
伝われば勢いが出て、伝わらなければどんなにイージーなラケットでもボールは上手く飛びません。要は、プレイヤーとラケットとの相性次第ということです。



テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
使うラケットとの相性の良し悪しはプレイヤーの戦力に大きく影響します。でも、プレイヤーが自分の戦力を正確に把握するのは困難です。
なぜなら、テニスはとても忙しいスポーツで、自分の打球の状態を正確に把握しようとするとプレーが続けられないからです。
そのため、打球に伸びがなくて安定性に欠けるような不利な状態でも、それに気づかずに相性の悪いラケットを使い続けるケースが、技術レベルに関係なくとても多いわけです。
相性の良いラケットに出会うためには人体実験が必要で、しかも、その実験の過程を観察して客観的に判断する仕組みが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画