テニスの苦手なショットは固定化する

苦手なショットは固定化する
その仕組とは

テニスプレイヤーなら誰でも苦手なショットの一つや二つは持っているのではないでしょうか。
そして、苦手だと自覚しているショットについては何とか克服しようとするのが普通です。
でも、そうした努力によって苦手なショットが固定化するというのが今回のテーマです。

苦手なショットは打ち方に注意が向く

苦手だと自覚しているショットについては、ほとんどの方が、自分の打ち方が悪いからミスが多いと思っているのではないでしょうか。
テニス仲間やコーチから「あなたの打ち方はこうだから、もっとこうすれば良いのに」などとアドバイスされたりすると、そこから打ち方に注意を向け始める方も居るでしょう。

そのため、不得意なショットや苦手なショットについては打ち方を直せば良いと考えて、「正しい打ち方」を身に付けようと努力するのが普通です。
その結果、得意なショットに比べると、苦手なショットは打つときに「打ち方」に気をつけるようになるわけです。

でも、ボールが飛んで来ているときにラケットの振り方などに意識が向くと、ボールの把握が甘くなってガシャることが多くなります。
人の集中力は一か所にしか向かないので、身体の動きに注意が向けばボールはよく見えなくなるわけです。
いわゆる、気が散っている状態になってしまうのです。

「特定のショットで失敗が多い」⇒「苦手だと思う」⇒「何とかしようと思う」⇒「打ち方に気をつける」⇒「ボールへの集中力が低下する」⇒「特定のショットで失敗が多い」という負の連鎖が始まります。

さらに、打ち方に注意が向いているときは、身体の一部を意識的に動かそうとするため、それ以外の部分がスムーズに動かなくなります。
身体の複数の部分に対して同時に複数の個別な動作指示を出すのはかなり難しいので、ラケットの振りを気にすると足の動きがおろそかになったりします。

そして、気が散っていたり、身体の動きがギクシャクするせいで、ガシャリやタイミングのズレでミスが多発すると「やっぱり苦手なショットはうまく打てない」と思ってしまうようです。

でも、それに比べると、得意なショットの成功率が高いのは打ち方に注意が向いていないからで、細かいことを気にせずに大胆に打てるので打球の勢いも出やすいのです。

苦手なショットには狙いが無い

苦手なショットを打たねばならないようなボールが飛んで来ると、「今度は失敗しないようにちゃんと返そう」と誰もが思うのですが、これも失敗の原因になります。
なぜなら、ショットの目標が無いからです。

「失敗しないように」も含めて「~しないように」というのは運動の具体的な目標や目的にはなりません。
誰でも「~しようと頑張る」ことはできても「~しないように頑張る」ことはできないわけです。
つまり、「~しよう」という目標が無い状態で、運動だけは慎重にやらなければならないので失敗しやすいのです。
というより、目標が無ければ最初から成功(=目標の達成)がありません。

得意なショットでは「あそこに打ち込もう」というイメージがわきやすいのですが、不得意なショットでは望みが低いので「返れば良い、入れば良い」と思ってしまうようです。

達成するべき目標があるから、それに向けて具体的な運動が決まるのですが、相手のコートに入れば良いというような大雑把な目標ではそれに必要な運動も決まりません。
目標がハッキリしない状態では運動もハッキリしないわけです。

打つ前にこれは苦手なショットだと認識する

失敗する可能性が高いことをやらなければならないときは、誰でも緊張や不安がうまれます。
当然ですが、苦手なショットは成功率が低いので、そういうボールが飛んで来ると、心の片隅に「また失敗するかもしれない」という思いが浮かんで、「失敗しないように注意しよう」と考えるわけですが、こんなふうに、打つ前に不安を感じて心が乱れている状態ではうまく打てるはずはありません。

これと似た状況ですが、追い込まれた局面で、絶対に入れなければならないセカンドサービスをフォールトするのも「入れば良い」という思いからです。
もっと言えば、「失敗しないように!」と考える心の底には「(失敗するかも)」という小さな不安があるはずで、それは、自分でも気づかないうちに湧いてしまう「失敗するイメージ」と言い換えても良いかも知れません。
こんなふうに、「成功のイメージ」が無くて「失敗のイメージ」が有る状態では失敗するのが普通で、失敗の後に「あぁやっぱり」という心の声が小さく聞こえます。

これまでとは全く別の取り組みが必要

苦手なショットを打つときは、打ち方を気にすることで高速で動き回るボールへの認識力が低下して、「入れば良い」と思うことでショットの目標も消えて、さらに、不安で心がザワついている状態では成功するはずありません。

こんな仕組みで、苦手なショットについては知らん顔でそのまま放置しない限り、マジメに取り組むと症状は悪化することが多いようです。

苦手を克服して上達することを目指しているプレイヤーには酷な解説かも知れませんが、こんな仕組みがあることを理解すれば、これまでとは全く別の取り組みが必要だということがわかります。

変に意識するからうまく打てなくなる

苦手なショットとのつき合いの長い方は「変に意識するから余計にうまく打てなくなる」くらいのことはご存知かもしれません。
であれば、「変に意識しないようにしよう」というのがムダな試みであることもご承知ではないでしょうか。
なぜなら、「意識しないようにしよう」という努力は「意識しよう」という努力と同じ結果をもたらすからです。
「変に意識するのが良くない」ので「意識しないようにしよう」というのも表面的な対症療法でしかありません。
必要なのは「意識しなくなっている状態」なのですが、それは「意識しないようにしよう」という取り組みからは生まれないわけです。
眠れないときに「よし、眠ろう!」と決心するのに似ているかも知れません。

以下のページをご覧いただいて、これまでとは別のルートをお探しください。
click!⇒「テニスワンのトップページ」


テニスワンのトップへ


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!
「ラケットでプレーが良くなるなんて、そんな都合の良い話があるはずはない」と考える方が多いかも知れません。でも、プレーの良し悪しはラケット次第で変わります。そして、その仕組みはとてもシンプルです。⇒続きはこちら

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットを替えればプレーが変わる動画