テニスラケットにコントロール性の高いものはない

コントロールしやすい
ラケットはない!?

多くのラケットメーカーは、自社の各モデルの性能を説明する際に、ボールの飛び、つまり、パワーレベル順にラケットを並べた図をカタログに載せており、飛ぶほうには「パワー」と表記され、飛ばないほうは「コントロール」と表記されているケースが少なくありません。
つまり、パワーとコントロールは相反する要素だと考えられているわけです。
ですから、一般ユーザーが、飛ばないラケットのことをコントロール性が高いと思ってしまう傾向があるのですが、これは誤解です。
パワーがありすぎるラケットでは、ちょっとでも間違えるとボールが変なところに飛んでしまうため、打つ時に神経を使うのでコントロールしにくく感じます。
でも、逆の場合も、同じようにコントロールはしにくいのです。
パワーが足りないラケットでは、プレイヤーは力を入れて力んで打つようになります。
そうすると、身体のバランスが崩れやすかったり、力みすぎたりというようなことが起こり、やはりボールは変なところに飛んでいきます。
飛ばなければコントロールしやすいなどということはないのです。
飛ばないラケットはコントロール性が高いということはないので、そういうラケットを無理して使いこなそうとしても、打球のコントロールが良くなることはありません。
飛ばないラケットがコントロールしやすく感じるのは、パワーが有り余っているプレイヤーだけです。
飛びすぎたり、飛ばなすぎたりしないラケット、そのプレイヤーに合ったパワーレベルのラケットを選べば、余計なスイング調節をしなくて済むため、狙ったところに打球が飛びやすくなります。
ですから、「コントロールしやすいラケット」とは、そのプレイヤーに合ったラケットということです。
ということは、誰もがコントロールしやすいラケットがあるわけではなく、他の人が「これはコントロールしやすい」と評価したラケットが、自分にもそうである可能性は低いのです。
プレイヤーに合うラケットは、プレイヤーの運動が素直に打球に伝わるので、コントロールしやすいだけでなく、打球の威力も増します。
このように、打球のパワーとコントロールは一緒に得られるもので、普通考えられているように、どちらかを捨ててどちらかを選ぶという性質のものではありません。
パワーは出るけれどコントロールがしにくいというラケットでは、プレイヤーはミスを防ぐために慎重に打たなければなりません。
ということは、パワーも無くなってしまうのです。
逆に、コントロールはしやすいけれどパワーがないというラケットでは、威力を出すために力んでしまうのでコントロールが狂いやすくなります。
つまり、ラケットが合っていなければ、パワーとコントロールは一緒に無くなってしまうのです。



テニスワンのトップへ


プレイヤーの戦力はラケット次第!
使うラケットとの相性の良し悪しはプレイヤーの戦力に大きく影響します。でも、プレイヤーが自分の戦力を正確に把握するのは困難です。
なぜなら、テニスはとても忙しいスポーツで、自分の打球の状態を正確に把握しようとするとプレーが続けられないからです。
そのため、打球に伸びがなくて安定性に欠けるような不利な状態でも、それに気づかずに相性の悪いラケットを使い続けるケースが、技術レベルに関係なくとても多いわけです。
相性の良いラケットに出会うためには人体実験が必要で、しかも、その実験の過程を観察して客観的に判断する仕組みが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットでプレーが変わる動画