テニスワン ラケットショップ

スイングウェイトが選べる
テニスワンラケットショップ

以下のロゴマークをクリックして各ブランドのページに進んでください↓

SRIXON 取り扱いラケット一覧 Wilson 取り扱いラケット一覧 Prince 取り扱いラケット一覧
BABOLAT 取り扱いラケット一覧 テニスワンオススメラケット一覧

ラケット選びに迷ったら、アンケートサービスをご利用ください。現状について何らかのプラスになる提案ができればと存じます。お問い合わせ内容に「お名前」と「アンケート希望」と記入して送信していただければ、アンケートをメールに添付してお送りします。

※テニスワンのラケットは全て国内の正規代理店の商品ですので、並行輸入品は一切取り扱っておりません。

テニスワンの通販ならではのサービス

1.ラケットのスイングウェイトがお選びいただけます

テニスワンでは、豊富な在庫の中からご希望のスイングウェイトをお選びいただけます。
ラケットのスイングウェイトの数値は同一モデル、同一グリップサイズでもフレーム1本1本でバラツキがあり、その幅は重量やバランスポイントなどのバラツキ範囲より格段に大きいのが普通です。
そして、その数値の大小によって振った時の重量感だけでなく、ボールの飛びや打球感まで変わるのです。
特に、同じラケットを2本使う場合などは、この数値が大きく異なるものを選んでしまうとラケットのパフォーマンスが違ってしまうため、持ち替えるたびに調子が変わる原因になります。
テニスワンではご購入いただいたラケットのスイングウェイトを記録していますので、追加でご購入いただく際もスムーズで安心です。

適切なスイングウェイト
ラケットを買うときにスイングウェイトを選ばないのは大胆なバクチと言えるかもしれません。というのも、ラケットは同じモデルでも1本1本個体差があり、その違いは普通に想像されるよりかなり大きいからです。
【参照⇒適切なスイングウェイトとは
ラケットの性能はスイングウェイト次第なので、スイングウェイトを選ばないとどんな結果になるかわからないというのが現実です。リスキーなバクチを避けたい方はテニスワンをご利用ください。

2.張りの硬さを面圧でご指定いただけます

「何ポンド」というテンション指定は張り上がりの硬さの指定ではありません。
テニスワンでは張り上がった結果の硬さ=「面圧」で指定できます。

◆テニスラケットは完成品ではない
ラケットを活かすも殺すもガット張り次第
テニスラケットは完成品ではありません。ガットを張らないとボールが打てないので半完成品です。
そして、実際にボールを打つのはラケットのフレームではなくガットなので、ガット張りが最終的にラケットの使い勝手を決めるわけです。
テニスワンは10,000名以上のラケットフィッティング経験を通じて、ガット張りが適切でないせいでプレイヤーが損をしている現実を数多く見てきました。(参照⇒ラケット・フィッティング
そして、「ガット張りの適切な硬さの範囲」を実証的に把握してきましたが、それは、ラケットに表示してある「適正テンション」の範囲とは大きく異なリます。(参照⇒推奨テンションは適切ではない
楽しく快適にプレーできるかどうかはガット張りがカギを握っています。
適切な張り上げで爽快に打てるラケットをテニスワンで手に入れてください。

3.もれなく GUT LIVE加工!

すべての張り上げ時にGUT LIVEというストリング保護材を塗布加工します。
それにより、摩耗に対する耐久性を向上させて、スナップバック機能が維持されて打球フィーリングが向上します。
GUT LIVE加工についてはこちら

4.豊富なセットストリングが差額無しで選べます!

これらのストリングをご希望の場合はご注文手順の途中にある備考欄にてご指定下さい。
※ 各ストリング名についている数字はガットの太さです 130が標準的な太さになります。
おおよそ 130=1.30=16(標準)、125=1.25=17=16L(細いタイプ) となります。
テニスワンではセットガット張上価格で以下のストリングをどれでも選びいただけます。


バボラ ブリオ130/125
【通常張上価格 3,888円(税込)】
マルチフィラメントながら粘りすぎないハッキリした反発性を発揮する標準的な性格のアイテム。
表面コーティングの潤滑性が高く、伸びにくいので面圧低下が少ないのも大きな魅力。
125は細ゲージならではの軽快な弾きが魅力。
※テニスワンのイチオシアイテムです。


バボラ プロハリケーンツアー125
【通常張上価格 4,212円(税込)】
高い切断耐久性がうれしいポリエステル系ストリング。
ナイロンに比べて反発性が低いため、ボールの飛びを抑えたいハードヒッター向け。


プリンス ライトニングXX16/17
【通常張上価格 3,996円(税込)】
キラキラと銀色に光るパワーフォイルを巻き付けたモノフィラメントストリング。
16はマイルドな反応でソフトな反発性を発揮。 17は125の細ゲージで軽快な弾きが魅力。


プリンス ライトニングXP16/17
【通常張上価格 4,428円(税込)】
ナイロンストリングの中では最も伸びにくく、面圧維持性の高いアイテムの一つ。
腰が強くハッキリしたインパクト感で、スイングパワーを逃がさない特性。


プリンス エンブレムコントロール16/17
【通常張上価格 4,104円(税込)】
ストリング表面を、スベスベした特殊コーティングで加工。
ソフトフィーリングながら、節度のある飛びをもたらすマルチフィラメントストリング。


トアルソン アスタリスク130
【通常張上価格 3,672円(税込)】
ナイロンストリングとしては、飛びを抑えやすい鈍めの反応が特徴的。
ポリとナイロンの、中間的なイメージの飛び具合を持つストリング。


これらのストリングをご希望の場合は、ご注文手順の途中にある備考欄にてご指定下さい。
※ 各ストリング名についている数字はガットの太さです 130が標準的な太さになります。
おおよそ 130=1.30=16(標準)、125=1.25=17=16L(細いタイプ) となります。


適切な張り上げが命!

ラケットフレームの選択が正しくても、ストリングの張り上げが適切でなければ全てが台無しです。
特に、どれくらいの硬さに張り上げるか(=面圧)はショットの確率を左右するばかりでなく、最悪の場合は故障の原因にもなってしまいます。
テニスワンでは「ラケットドック」というイベントで、これまで10,000名以上の方々にラケットフィッティングを実施してきましたが、そこで選ばれたラケットの80%以上が面圧55という硬さ設定でした。
面圧とは実際に張り上がったストリング面の硬さを示す数値で、いわば最終結果であり、張る時に使ったマシンの張力の目盛りがいくつであったかというテンション数値ではありません。
テニスワンでは標準的な張り上がりの硬さとして、多くのプレイヤーによって実証されている「面圧55」を基準にご検討されることをお勧めしています。
(※面圧の55を55ポンドと誤解しないでください。55ポンドというテンションでは、通常の張上技術であれば、使うのに適さないくらい硬くくなるはずです。)

面圧55の硬さに張り上げるためのテンションはモデルごとに異なり、ストリングの種類によっても変わります。
ですから、テンション数値の選択はテニスワンにお任せいただいて、結果の快適さだけをご確認ください。

張る時のマシンの張力設定を指定するやり方(テンション指定)では、最近のマシンの性能変化によって、必要以上に硬すぎる張り上がりになっているケースが数多く見られます。
硬すぎる張り上がりは、通常考えられているのとは逆に、アウトを多発させて、ボールの深さのコントロールを難しくします。
硬いほうが良いとか、柔らかいほうが良いとかいうことはなく、硬すぎても柔らかすぎてもプレーはうまく行きません。
ちょうど良い硬さをテニスワンで見つけてください。
「テニスワンのガット張り」はこちらをご覧ください
参考記事 ⇒適切な硬さとは


テニスワンのトップへ


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!
「ラケットでプレーが良くなるなんて、そんな都合の良い話があるはずはない」と考える方が多いかも知れません。でも、プレーの良し悪しはラケット次第で変わります。そして、その仕組みはとてもシンプルです。⇒続きはこちら

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットを替えればプレーが変わる動画