BURN 100 TOUR CV/バーン100ツアーCV

ウイルソン/BURN 100 TOUR CV

これは「BURN」ではなく「TOUR」です。どういうことかと言うと、STEAM100のあとに登場したBURN100は、フレーム最大厚が25mmになったため全く別のラケットになってしまったのですが、このモデルは、H TOUR、n TOUR、K TOUR、TOUR BLXと続くTOURシリーズを引き継ぐモデルだからです。

「STEAM」シリーズが「BURN」に切り替わったときに、STEAM95の外形形状はそのままBURN95に引き継がれたのに対して、 BURN100についてはSTEAM100とは姿形が全くの別物になった結果、パフォーマンスも大きく変って後継モデルがなくなってしまいました。
そのSTEAM100の外形形状が、今回「BURN 100 TOUR CV」として復活したのです。

重量設定は293gと、STEAM100(295g)とほぼ同じで、27.25インチという特殊な長さも引き継がれています。
フレーム厚:22.0mm、ストリングパターン:16×20

ラケットのパフォーマンスを一言で表現すると「実直」です。
前の「STEAM 100」に比べると若干「ボールの出」がよくなった感じはしますが、強いインパクトでのノリ感としなやかさも感じるので、片寄りのないまとまりの良い性格 だと思います。
過剰なサービスはなく、振れば振るほど打球に伸びが出る代わりに、ある程度振らないと球が行かないという点では使う人を選ぶ面もありますが、ラケットドックでの初回登場では女性プレイヤーが最初にフィットしたので、それほど対象が狭いわけではありません。
インパクトの反応に落ち着きがあるので、ショットの結果が不用意にバラツキにくく、神経質にならずに大胆に打っていけます。

ウイルソンには「X2エルゴグリップ」という名称で、ダブルハンドで持つときのためにグリップ上部が少し膨らんだ作りになっているモデルが複数ありますが、このモデルもそうです。
ただこれは、元グリップを巻きかえるときに外せるパーツなので、好みで変えることができます。

デザイン的には、メタルグレーのベースにオレンジアクセントというこれまでの「BURN」と全く同じなので、外見でパッと見分けるのは難しい でしょう。
なので、グリップの少し上に表示してある「100 TOUR」という3mmくらいの小さな文字を発見しないと、他のモデルと間違える危険があります。


ここまでの内容については、あくまで、このモデルが合っている人にはこのように感じるでしょうという推測であって、合わない人にとっては別の印象になるはずです。
さらに、このモデルの中で適切なスイングウェイトの個体を選んで、適切なストリング・セッティングを施した場合に限って言えることなので、その前提条件がクリアされなければこの内容とは違った印象になるでしょう。


フェースサイズ:100平方inch
平均重量:293g
バランスポイント:330mm
フレーム厚:22.0mm(フラット)
フレーム全長:27.25inch
ストリングパターン:16×20
グリップサイズ:1,2,3
フレーム定価:35,000円+税

賢いラケット購入のコツ
適切なガット張り
どんなに優れたラケットも、その性能はガットを通じてしか発揮できないので、ガット張りが不適切ならそのラケットは全部台無しです。
10,000名以上のラケットフィッティング実績に基づくテニスワンの適切なガット張りをご利用ください。
【参照⇒適切な張上とは
適切なスイングウェイト
ラケットを買うときにスイングウェイトを選ばないのは大胆なバクチと言えるかもしれません。というのも、ラケットは同じモデルでも1本1本個体差があり、その違いは普通に想像されるよりかなり大きいからです。
【参照⇒適切なスイングウェイトとは
ですから、スイングウェイトを特定しないとどんな結果になるかわからないというのが現実です。
バクチを避けたい方はこちらからご注文ください。↓

セットガット張上価格 BABOLAT/ブリオ130張上:¥28,000(税込 ¥30,240)
マルチ系ながらハッキリした打感で、軽快な弾きが感じられます。
面圧維持性も高く、コストパフォーマンスの高いストリングで、テニスワンのベストセラーアイテムです。
この商品を注文する場合はこちらをクリック!
多彩なセットストリングがお選び頂けます 一覧はこちら

テニスワンのトップへ


ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論です。その原因は、合わないラケットのせいで「変な打ち方」や「失速する打球」になっていても、プレイヤー自身はそれをきちんと自覚できないことにあります。そのため、自分に合うラケットを見つけるには第三者に客観的に見てもらうことが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!

「ラケットでプレーが変わる」なんていう話を聞くと、過去にプレーを変えようとして苦労した方は特に「そんなうまい話はとても信じられない」と感じると思いますが、実は確実に変ります。そして、その理由はとてもシンプルです。
⇒続きはこちら