REVO CV5.0 OS 2018 /スリクソン

SRIXON by DUNLOP
REVO CV5.0 OS

スリクソンのCVシリーズ3モデルが全てモデルチェンジして、今回からの新モデルも3つ追加されて合計6モデルになりました。

今回追加された3モデルは全てモデル名に「F」が付くので、従来から引き継ぐモデルグループを「CV」、新登場のモデルグループを「CVF」として区分けさせていただきます。

この「REVO CV 5.0 OS」は従来から続く「CV」グループの中で一番フェースサイズが大きくて楽に飛ぶ心アイテムです。

カラーリングについては、「CV」グループはこれまでの色調をほぼ引き継いていますが、従来のようなグラデーションによる色の切り換えがなくなって、ハッキリとした色の切り換えに変わっていて、優しいイメージからちょっと強そうなイメージになっています。

このように、今回の「CV」グループ3タイプのモデルチェンジについては、これまでの何度かのモデル更新時に比べて大きく変わったという感じがします。

「CV」と「CVF」の最も大きな違いはシャフトのパイプ形状で、これまでの「CV」はシャフトの外側部分をV字形にヘコませた形状なのに対して、「CVF」はヘコミのない丸いパイプ形状になっています。

このV字形のヘコミは、シャフトの曲げ剛性を低下させて「しなり」を生む狙いです。
それに対して、丸いパイプ形状のほうが曲げ剛性が強いので、鋭い弾きを目指した構造ということになります。

そして、「CV」のV字形のヘコミは旧モデルより深くなっています。つまり、これまでより「しなり」を強調する作りなのです。

また、旧モデルのパイプ形状は、手触りも含めて丸い印象なのに対して、新モデルはシャフトの手元部分がピュアアエロに似た四角い形状なのもあって全体に鋭角的で角ばった印象です。

スペック数値上は前作とほとんど変わらないのですが、フレーム厚の数値が数値が少し変わっています。
旧モデル:21mm-20mm-26.5mm-23mm
新モデル:23mm-20mm-26.5mm-23mm
つまり、手元の厚みが2mm増していて、これは本来であれば剛性アップにつながる変更なのですが、「しなり増」を狙ったシャフト形状との相殺で、若干「しなり」が勝っている印象です。

若干の「しなり感」があるおかげでインパクト時の打球衝撃の「カド」が取れてマイルドな打球感がもたらされるのと同時に、インパクトタイミングの許容性が高められています。

前作に比べて、「しなり」による若干のパワーダウンが感じられるため、飛びすぎを気にせずに振っていける性格に少し寄っています。


フェースサイズ:100平方inch
平均重量:270g
フレーム厚:23-20-26.5-23.0mm
フレーム定価:33,000円+税

賢いラケット購入のコツ
適切なガット張り
どんなに優れたラケットも、その性能はガットを通じてしか発揮できないので、ガット張りが不適切ならそのラケットは全部台無しです。
10,000名以上のラケットフィッティング実績に基づくテニスワンの適切なガット張りをご利用ください。
【参照⇒適切な張上とは
適切なスイングウェイト
ラケットを買うときにスイングウェイトを選ばないのは大胆なバクチと言えるかもしれません。というのも、ラケットは同じモデルでも1本1本個体差があり、その違いは普通に想像されるよりかなり大きいからです。
【参照⇒適切なスイングウェイトとは
ですから、スイングウェイトを特定しないとどんな結果になるかわからないというのが現実です。
バクチを避けたい方はこちらからご注文ください。↓

セットガット張上価格 BABOLAT/ブリオ130張上:¥26,400+税
マルチ系ながらハッキリした打感で、軽快な弾きが感じられます。
面圧維持性も高く、コストパフォーマンスの高いストリングで、テニスワンのベストセラーアイテムです。
この商品を注文する場合はこちらをクリック!
多彩なセットストリングがお選び頂けます 一覧はこちら

テニスワンのトップへ


ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!
・・・というのが10,000名以上ラケットフィッティングで得られた結論です。その原因は、合わないラケットのせいで「変な打ち方」や「失速する打球」になっていても、プレイヤー自身はそれをきちんと自覚できないことにあります。そのため、自分に合うラケットを見つけるには第三者に客観的に見てもらうことが必要です。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!

「ラケットでプレーが変わる」なんていう話を聞くと、過去にプレーを変えようとして苦労した方は特に「そんなうまい話はとても信じられない」と感じると思いますが、実は確実に変ります。そして、その理由はとてもシンプルです。
⇒続きはこちら