手作りマスクをクッキングペーパーで作る(ホチキスなら3分)

我が家のマスクの在庫が底をついたので間に合わせで自作してみたら、意外にも周囲の評判が良いので、困っている方のお役に立てたらと思い紹介させていただきます。

※「見た目は気にしないのでホチキス止めで良い」という方は3分くらいで完成します。
(ミシンで縫うという工程を、全部5mm~1cm間隔のホチキス止めに変えれば、見た目は良くないですが同じ形に作れます。無くて困ったときに。)


用意するのは料理で使う厚手のクッキングペーパーと、耳かけに使う幅6mmくらいのパンツのゴム。
今回はリード クッキングペーパーを使用。240mmの長さでミシン目が入っています。

(エンボス加工された紙タイプのキッチンペーパーではなく、トイレで手を拭くペーパータオルでもなく、ちょっと厚めでソフトなフェルトタイプの不織布で、家では油こしに使っています。)
パンツのゴムがなければ、マスクの耳にかける部分に使えそうな柔らかいヒモをご用意ください。


①クッキングペーパー1枚をミシン目で切って、対角線に折って三角形にします。

②次に、三角形の両端を4〜5cmくらい内側に折ります。折るときは、両端の先が三角形の中心に向くようにしてください。
③折り目から1cmくらいのところをミシンで縫います。もちろん、手縫いでも構いません。ここでは、見やすいように黒い糸で縫っていますが、実際は白糸を使ってください。
④縫った先の余った部分はハサミで切り取ってください。これで耳かけヒモを通す部分が完成です。

⑤折ったほうを内側にして半分にたたみます。指で押すだけで簡単に折り目がつきます。とがっているほうがマスクの下です。
⑥マスクの上から4〜5cmくらいのところからスタートする曲線を、細いマジックかボールペンで書きます。この曲線がマスクの形を決定します。自分の顔に合わせて試作してみてください。失敗してもクッキングペーパーなので、拭き掃除にでも使ってください。
⑦その曲線に沿って、曲線の内側3〜5mmくらいのところをミシンで縫います。
⑧マジックの点線とミシンの縫い目の間をハサミで切ります。

⑨マスクの下の不揃いな部分を切りそろえます。

⑩最初に作った耳かけヒモを通す部分に、少し長め(この場合は24cm)に切ったゴムヒモを通して、ねじれないように注意して適当な輪を作り、ホチキスで止めます。
この状態でマスクをしてみて、具合を確認してください。ゆるかったり、きつかったりしたら、ホチキスを外して、止める長さを調節してください。
⑪長さが決まったら、ホチキス止めや結び目の部分をマスクの中に入れて隠してください。
⑫私は顔が大きいので、マスクはこれくらいの大きさで良いのですが、顔の小さい方は以下のようなやり方で全体を小さくしてください。
半分にたたんだ状態で、折り目の上から下までの曲線を、細いマジックかボールペンで書きます。
その曲線に沿って、曲線の内側3〜5mmくらいのところをミシンで縫って、その外側を切り落とせば、全体的に小さくすることができます。
大きさについては、以前お使いのマスクを上から当ててみるとわかりやすいでしょう。

⑬鼻の部分にできるスキ間を塞ぎたい場合は、ビニールタイ(※)を一番最初の対角線に折ったときに内側にセロテープなどで止めておけば、完成時に好みの形に曲げられます。
※ビニールタイ(ビニール皮膜付き針金:お煎餅や焼きそば3食入り袋などの口を絞るのによく使われている、細い針金をビニールでおおったもの)

このマスクは最初に二重つ折りにするので2層構造ですが、もっとガッチリガードしたい方は、2枚分を切り取ってミシン目で折りたたんで、2枚重ねの状態で同じように作れば4層構造になります。

また、対角線で折るときに、対角線でカットした別の1枚を挟めば3層構造になります。
(この方法で、ご自分で選んだガーゼ素材やシートなどをはさんでもOKです。)

基本的になんちゃってマスクなので、「マスクの内側が暖かくて湿っていればノドに優しい」くらいの機能しかないとお考えください。
ただ、現在はマスクをせずに電車に乗るのはマナー違反のような状況になっているので、機能性うんぬんより、付けていることが必須だと言えます。
私の場合、使ったマスクは除菌消臭スプレーをかけてから日干しをして再利用しています。
消耗したマスクはクッキングペーパーの部分だけ捨てて、耳かけのゴムは再利用してください。

お役に立てれば幸いです。
ちなみに、ミシンはネットで8000円くらいで買った小さなもので、私がミシンを使ったのは生まれて初めてです。簡単なハンドミシンであれば2000円くらいで手に入るようです。

GUT LIVEなんて必要ない!
ガットの動きが悪いせいで起きるネットやアウトを、全部自分のせいだと思い込んでいる人には、GUT LIVEは必要ありません。
◇ボールが面からこぼれてネット
ガットが動かないと「食い付き感」が生まれないので、インパクトでボールをつかまえられずにスルッとネットすることが多くなります。
◇スピンで押さえ込めずに浮いてアウト
動いたガットが戻るときに順回転がかかるので、ガットが戻らないと回転が安定せずスッポ抜けのアウトが出やすくなります。
◇打球の深さがバラバラ
ガットの動きが安定せずに、ボールインパクトで動いたり動かなかったり、戻ったり戻らなかったりすれば、ガット面から打ち出されるボールの角度が毎回変わるので、その影響で打球の深さが不安定になります。

自分のせいではないことで損をしたくないと思ったらこちら!↓Click!

関連記事一覧