テニスラケットの性能は人それぞれで変わる

ラケットの性能は人それぞれで変わる

人が何かモノを買おうとするときは、ムダな買い物をしたくないので、ホントに必要かどうかを判断するために商品の内容をよく知ろうとするのが普通です。

テニスラケットについても同様で、意中のモデルがどんな性能なのかを誰もが知りたいはずのですが、実は、これが簡単なことではありません。

なぜなら、「ラケットの性能は人それぞれで変わる」からです。

何だか、最初から人を煙に巻くような話で恐縮ですが、その仕組みはいたって簡単で、テニスが「限られた範囲内にボールを打ち込むゲーム」であることがそのカギを握っています。

求められる飛距離はいつも変わらない

テニスは、テニスコートという限られた範囲内にボールを打つスポーツで、それに失敗するとポイントを失います。

ですから、小学生プレイヤーも、2mを超える外人選手も、基本的に同じ飛距離に打つことが求められます。
プレイヤーのパワーが有っても無くてもボールを飛ばす距離には変わりがないということです。

さらに、使うラケットによって適切な飛距離が変わるわけではないので、飛びの良いラケットで打ったときに飛距離が伸びたり、飛ばないラケットで打ったときに飛距離が短くなったりするのは基本的にNGです。

ラケットの特性に合わせた打ち方になる

そのため、プレイヤーは、そんなことが起きないようにラケットの特性に合わせて打ち方を調節します。

プレー中は、どんなラケットでも適切な深さに打球を飛ばすことが大前提なので、飛びの良いラケットではアウトしないように抑えて打ち、飛びの悪いラケットではネットしないように力を入れて打つわけです。

つまり、テニスプレイヤーであれば誰でも例外なく、打球をコートに入れようとして「ラケットに合わせた打ち方」になってしまっているということです。

ラケットに合わせた打ち方なんて自分はしていない!?

「自分は特にラケットに合わせた打ち方なんてしていない、自分の思いどおりに打っている」と思われる方も多いと思われますが、それは、「打球を相手コートに入れる」というテニスの大原則が意識から抜け落ちてしまっているからです。

それもそのはずで、この大原則はテニスをやる上であまりにも当たり前すぎることなので、この原則を常に意識しながらプレーしている人はほとんど居ないでしょう。

でも、打球を相手コートに入れようとしない人が一人でもコートに居るとゲームが全く成立しなくなるので、この大原則が誰にでも強い強制力を持っていることは間違いありません。

その結果、どんなプレイヤーも、打球を相手コートに入れるという大原則に縛られて、ラケットに合わせた打ち方になってしまうわけです。

良く飛ぶラケットは実在しない

コートの広さ制限によって、どんなラケットでも同じ飛距離に打たねばならないので、コート上の現実としては、「良く飛ぶラケット」や「飛ばないラケット」というものが実際には存在しないということがわかります。

使うラケットがどんな状態であっても、そのラケットで打たれたボールの飛距離が適切になるようにプレイヤーが打つので、ラケットの影響でボールが特に良く飛んだり、飛ばなかったりすることはないわけです。

実際には、ラケットを持ち替えてすぐの1~2球はそういう打球が出るのですが、その後は適切な深さに飛び始めます。
ということは、そのわずかな間にプレイヤーの運動調整が済んでしまうわけです。

ですから、コート上で実在するのは「良く飛ぶラケット」ではなく、「プレイヤーの運動が抑制されるラケット」であり、「飛ばないラケット」ではなく、「プレイヤーが力んでしまうラケット」なのです。

飛距離という表面的な現象に変化が出ない代わりにプレイヤーの運動が変化するわけで、そうした運動調整によって、どんなラケットでも打球がコートに入るようになるという仕組です。

運動調整の中身は人それぞれ

でも、実際にそんなふうに運動が変わるのかどうか、あるいは、その変化がどの程度かについては、使う人によって異なります。

パワーのあるプレイヤーといっても、そのパワーのレベルは人それぞれなので、飛び過ぎを防ぐための運動抑制の度合いも人それぞれでさまざまです。

また、普通の人ならスイングが縮んでしまいそうな飛びの良いラケットでも、パワーが全然ない人であれば、大きく開放的に振り抜くことができたりします。

ですから、同じラケットでも、使う人によって評価は異なり、全く逆の性能評価になることもあるわけです。

ラケットの持ち替えで変わるのはプレイヤーの打ち方

多くの方はラケットを探そうとするときに、ラケットのおかげで良いショットが打てるようになることを期待する傾向があるようですが、実際には、ラケットの持ち替えで変わるのは、ショットの結果ではなくプレイヤーの打ち方なのです。

そのため、ショットの改善を目指してラケットを買い替えたときに、当初の想定と違って期待ハズレの結果になることが少なくありません。

ラケットなんてどれも一緒!?

ですから、ラケットにはあまり興味が無い方の「ラケットなんて、どれを使っても一緒だよ」という意見は、ある意味正しいと言えます。

なぜなら、「どれを使っても結果に大差がない」のは、常に一定の飛距離が要求されるテニスというスポーツの特性上、まぎれもない事実だからです。

でも、ショットの結果には大差がなくても、性能の異なるラケットに持ち変えればプレイヤーの運動は変ります。

逆に言えば、性能の異なるラケットで同じ飛距離にボールが飛んだということは、ラケットの特性の変化を打ち消すような運動の変化がプレイヤーに起きたことを示しているわけです。

ラケットで打ち方が変わることは想定外

でも、自分がラケットに合わせた打ち方をしているという自覚が無い方は、ラケットによって自分の打ち方が変わるということも想定外です。

さらに、テニスはとても忙しくて難しいスポーツなので、プレー中は飛び交うボールへの高度な集中が要求されるため、自分の運動の変化に注意を向ける余裕がありません。

ボールが飛んでくるときに自分の身体の動きなどをちょっとでも気にしたら、とたんにミスってしまうので、ボールへの集中を一瞬たりとも途切れさせることはできないのです。

そして、ラケットで打ち方が変わことが想定外で、かつ、打ち方が変化したことが意識できないとすれば、誰でも、「そんな変化は起きていない」と考えるのが普通で、「自分は自分の意思でスイングしているので、それが知らないうちに変化するはずはない」と思っています。

(実際に、ラケットドックの現場での「自分の運動変化が自覚できない率」は9割以上です。)

そのため、「ラケットで変わるのはショットの結果ではなくプレイヤーの運動」という、ちょっと考えれば、「制限された範囲内に打ち込むスポーツ」としては当たり前のことが、テニス界では常識になっていません。

ラケットとプレイヤーの相性

そして、ここまでは「プレイヤーのパワー」と「ラケットの飛び」という関係だけに焦点をあててきましたが、実際には問題はもっと複雑で、ラケット固有の反発力(飛びのレベル)だけでなく、ラケットの特性とプレイヤーの相性によってもショットの結果は変わるのです。

同じようなスペックのラケットを打ち比べても、相性の良いラケットで打つと勢いが出て、相性の悪いラケットでは打球が失速するというようなことが起きるので、それこそ、一人ひとりのプレイヤーが実際に打ってみるしかないわけです。

ラケットの説明ができない

ですから、「これはどんなラケットですか」という、ごく普通の質問に答えるのは簡単ではないというより、実はほとんど不可能です。

なぜなら、そのラケットがプレイヤーの打ち方にどんな影響を与えるかは人それぞれで変わるので、実際にどうなるかは個々のプレー状態を見ないとわからないからです。

使う人のことを想定せずにラケットの説明をするのはとても簡単なのですが、使う人が特定されたとたんに、「このラケットはこうです」とは言えなくなってしまうわけです。

(そのため、テニスワンは、「これはどんなラケットですか」という簡単な質問にもまともに答えない不親切な店ということになります。)

「一般的なプレイヤーにとってはどうか」というように質問を変えることもできますが、実際には「一般的なプレイヤーという人」はどこにも実在せず、一人ひとり違う人しか居ないので、現実性のない架空の想定でしかありません。

ラケット単体での性能評価はあまり意味がない

テニスラケットは、それだけでは単体でボールを打ち出すことはできず、プレイヤーが手に持って振らない限りボールを打つことはできません。

ですから、プレイヤーの特性や存在を無視して「このラケットはこういうショットが打ちやすい」などとは誰にも言えないはずです。

そして、ラケットの性能はラケットを振るプレイヤーの運動そのものに影響してしまうので、極論すれば、ラケット単体での性能評価はあまり意味がないと言えます。

ここまで書いてきたように、「どういうラケットなのか」は人それぞれで違うので、そうした情報を集めようとするより、「そのラケットを使ったときに自分の運動がどうなるか」をチェックしながらラケットを選ぶのが最善だと思います。

そして、その具体的な選択方法が以下のラケットドックなのです。


これまで書いてきたように、テニスプレイヤーは誰でもラケットに合わせた打ち方になっているのですが、それが、プレイヤーが十分に能力を発揮できない原因の一つなのです。

ラケットに合わせた打ち方が
プレイヤーの戦力を左右する

テニスワンオリジナル!
ラケット フィッティング
ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!

・・・・・というのが、10,000名以上のラケットフィッティングで得られた結論です。
合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓
実施内容
の紹介
スケジュール
と空き状況
ラケット
ドックの
レポート集
ラケット
ドックの
評判・感想
ラケットとガットについての記事が全60タイトル!
「ラケット選びのノウハウ集」へ
テニスワンのトップへ