ピュアドライブ2018 / 前作2015バージョンとは別物!

BABOLAT
ピュアドライブ2018

ウーファーが消えた!


このピュアドライブ2018は、初代(1994年)から数えて9代目、1999年の日本デビューからは7代目になります。
そして、バボラと言えばウーファーというくらいに、バボラのラケットにもれなく付いていたウーファーグロメットシステムが今回のピュアドライブ2018から、少なくとも外見上は姿を消しています。

グロメットって何

ここでグロメットと言われても「何それ?」と思われる方も居るでしょう。
ラケットのフェースの周りをグルッと取り囲んでいるプラスチックのパーツのことで、ガットが張られる際にはフレーム素材とガットの間にはさまれる役割を果たすパーツのことです。
この地味なパーツが実は影の実力者なのです。

ラケットの性能はグロメットで変わる

通常のショットではボールはガットに当たり、ガットはフレームに張られているのでインパクトの情報はガットからフレームに伝わるのですが、実はこの二つの間にグロメットがあるため、この部分の素材硬度やクッション性などによって伝わり方が変ります。
ですから、よく見ないと見過ごしそうなこのパーツがラケットの基本性能を左右すると言っても言い過ぎではないわけです。

2回のモデルチェンジで2回のグロメットチェンジ

そして、2015バージョンのピュアドライブのグロメットは、その前のモデルから大きく変更されて、さらに、今回の2018バージョンでは2015バージョンとも大幅に異なるグロメットが採用されています。
ということは、2015バージョンのピュアドライブはそれまでとは大きく性格が変わり、2018バージョンのピュアドライブはさらに変化したということです。
こうした変化は、同じモデルだといっても、モデルチェンジを越えた併用を許さないくらいの変わりようだと言えます。

特に、スロート部分のグロメットパーツはこれまでの特徴的なアーチ型の形状が姿を消して、一般的な形状のものに変更されています。
ウーファーグロメットは、そのラウンド形状によってストリングの可動性を高めると同時に、クッション機能で衝撃を吸収するバボラブランド特有の構造として、ピュアドライブの初期モデルから代々受け継がれてきましたが、ピュアドライブ2015ではその特性がかなり薄まり、今回のピュアドライブ2018では完全に姿を消した状態です。

また、前作のピュアドライブ2015ではストリングが密になる部分をフェースの上部に設けましたが、今回のピュアドライブ2018では普通のパターンに戻っており、その辺も全体的な打感の変化に影響していると思われます。

2015バージョンとの違い

打感がハッキリしているのはピュアドライブ2015のほうで、それに対してピュアドライブ2018は若干のノリ感があります。
別の言葉では、ピュアドライブ2015のほうが反応がシャープで、ピュアドライブ2018のほうが少しマイルドで鈍いと表現できると思います。

そのため、ボールの飛ばし方にも若干の違いが出るようで、ピュアドライブ2015は弾き特性を生かした軽目のタッチで飛ばすのに対して、ピュアドライブ2018はインパクトの食い付きを生かしてパワーを乗せる打ち方になると言えるでしょう。

2015バージョン以前のピュアドライブは国内ベストセラーを誇りながらも、ラケットドックのフィット率ではなぜか、ほぼ皆無という状態でしたが、2015バージョンからフィット率が向上し、2018バージョンはそれをさらに上回っていますが、双方のフィットするプレイヤーゾーンは一致しないようです。

性能的にまとまりが良く無難に選べるラケット

現在のラケット市場の中でも、このピュアドライブ2018バージョンは性能的にまとまりが良く、無難に選べるラケットの筆頭だと思います。

打球感がマイルドであること、ボールを飛ばすパワー(パワーレベル)が標準的であること、性能的な「かたより」がないことの3点で、初心者の方が初めて選ぶラケットとして有力候補にして良いモデルだと思います。
トッププロの使用モデルだからといって気後れする必要は全く無いでしょう。易しく使えるはずです。


フェースサイズ:100平方inch
平均重量:300g
バランスポイント: 320㎜
フレーム厚:23.0-26.0㎜
フレーム全長:27.0inch
ストリングパターン:16×19
フレーム定価:34,000円+税


ここまでの内容については、あくまで、このモデルが合っている人にはこのように感じるでしょうという推測であって、合わない人にとっては別の印象になるはずです。
さらに、このモデルの中で適切なスイングウェイトの個体を選んで、適切なストリング・セッティングを施した場合に限って言えることなので、その前提条件がクリアされなければこの内容とは違った印象になるでしょう。

◆テニスラケットは完成品ではない
ラケットを活かすも殺すもガット張り次第
テニスラケットは完成品ではありません。ガットを張らないとボールが打てないので半完成品です。
そして、実際にボールを打つのはラケットのフレームではなくガットなので、ガット張りが最終的にラケットの使い勝手を決めるわけです。
テニスワンは10,000名以上のラケットフィッティング経験を通じて、ガット張りが適切でないせいでプレイヤーが損をしている現実を数多く見てきました。(参照⇒ラケット・フィッティング
そして、「ガット張りの適切な硬さの範囲」を実証的に把握してきましたが、それは、ラケットに表示してある「適正テンション」の範囲とは大きく異なリます。(参照⇒推奨テンションは適切ではない
楽しく快適にプレーできるかどうかはガット張りがカギを握っています。
適切な張り上げで爽快に打てるラケットをテニスワンで手に入れてください。
ご注文はこちらから↓

セットガット張上価格 BABOLAT/ブリオ130張上:¥27,200(税込 ¥29,376)
マルチ系ながらハッキリした打感で、軽快な弾きが感じられます。
面圧維持性も高く、コストパフォーマンスの高いストリングで、テニスワンのベストセラーアイテムです。
この商品を注文する場合はこちらをクリック!
多彩なセットストリングがお選び頂けます 一覧はこちら

テニスワンのトップへ


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!
「ラケットでプレーが良くなるなんて、そんな都合の良い話があるはずはない」と考える方が多いかも知れません。でも、プレーの良し悪しはラケット次第で変わります。そして、その仕組みはとてもシンプルです。⇒続きはこちら

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットを替えればプレーが変わる動画