ピュアアエロ / バボラ グロメットの変更でレスポンスがシャープに!

BABOLAT
ピュアアエロ

「AEROPRO DRIVE」の後継シリーズとして新発売

2012年に発売された「AEROPRO DRIVE」シリーズがモデルチェンジして、今回、「PURE AERO」シリーズとして生まれ変わりました。
「AERO」という名前のついたモデルとしては、今回が6作目にあたります。
カラーリングも黄色と黒というこれまでの特徴は引き継ぎつつ、大胆でシンプルなデザインに変更されましたが、一番の変更点は、グロメットの仕様です。
グロメットの大幅な設計変更によって、具体的なパフォーマンスがどう変わったかについて、私どもの印象を簡単に言うと、「ノリの鈍さが消えてボールがフェースからスッキリと出るようになった」ということです。
実はこれ、「PURE DRIVE 2015」のモデルチェンジについての記事でも同じようなことを書いています。

「ノリ感が減ってスッキリ飛ぶようになった」という点では同じ方向性の変更なのですが、あえて両者の違いを言うと、「PURE AERO」のほうがフレームの剛性感を感じるので、それに比べて「PURE DRIVE」のほうが少し「つかむ感じ」がするように思います。
いずれにせよ、両者ともに、前作より打球スピードを上げやすくなって、反応がシャープになったと感じる方が多いのではないかと思われます。

今回の「PURE AERO」は、ヘッドスピードが素直に打球に乗って飛んで行くので、差し込まれた状態からでも軽いタッチでの鋭い返球が可能になり、ボレーなどでもメリットを感じられるでしょう。

でも、これまで「AEROPRO DRIVE」を使ってきた方が、この後継モデルを追加購入して併用しようとするのは、ちょっと難しいかもしれません。
あくまで、別物としてお考えいただいたほうが良いでしょう。


ここまでの内容については、あくまで、このモデルが合っている人にはこのように感じるでしょうという推測であって、合わない人にとっては別の印象になるはずです。
さらに、このモデルの中で適切なスイングウェイトの個体を選んで、適切なストリング・セッティングを施した場合に限って言えることなので、その前提条件がクリアされなければこの内容とは違った印象になるでしょう。


フェースサイズ:100平方inch
平均重量:300g
バランスポイント: 320㎜
フレーム厚:22.0-26.0㎜
フレーム全長:27.0inch
ストリングパターン:16×19
フレーム定価:37,000円+税

賢いラケット購入のコツ
適切なガット張り
どんなに優れたラケットも、その性能はガットを通じてしか発揮できないので、ガット張りが不適切ならそのラケットは全部台無しです。
10,000名以上のラケットフィッティング実績に基づくテニスワンの適切なガット張りをご利用ください。
【参照⇒適切な張上とは
適切なスイングウェイト
ラケットを買うときにスイングウェイトを選ばないのは大胆なバクチと言えるかもしれません。というのも、ラケットは同じモデルでも1本1本個体差があり、その違いは普通に想像されるよりかなり大きいからです。
【参照⇒適切なスイングウェイトとは
ですから、スイングウェイトを特定しないとどんな結果になるかわからないというのが現実です。
バクチを避けたい方はこちらからご注文ください。↓

セットガット張上価格 BABOLAT/ブリオ130張上 特価:¥22,200(税込 ¥23,976)
このガットはマルチ系ながらハッキリした打感で、軽快な弾きが感じられます。
面圧維持性も高く、コストパフォーマンスの高いストリングで、テニスワンのベストセラーアイテムです。
この商品を注文する場合はこちらをクリック!
多彩なセットストリングがお選び頂けます 一覧はこちら

テニスワンのトップへ


ラケットでプレーが変わるなんて
とても信じられない!
「ラケットでプレーが良くなるなんて、そんな都合の良い話があるはずはない」と考える方が多いかも知れません。でも、プレーの良し悪しはラケット次第で変わります。そして、その仕組みはとてもシンプルです。⇒続きはこちら

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓


「ラケットでプレーが変わる」を動画で確認!
前半と後半で別人のように変わる様子をご確認ください。
Click⇒ラケットを替えればプレーが変わる動画