REVO CV3.0 F-TOUR 2018/スリクソン

18CV30FT

スリクソン REVO CV3.0F-TOUR

(18CV30FT)

REVO CV3.0 F-TOUR

スリクソンのCVシリーズが全てモデルチェンジして、今回からの新モデルも追加されて合計6モデルになりました。

今回追加された3モデルは全てモデル名に「F」が付くので、従来から引き継ぐモデルグループを「CV」、新登場のモデルグループを「CVF」として区分けさせていただきます。
す。

この「REVO CV 3.0 F-TOUR」は追加された「CVF」グループのアイテムで、「REVO CV 3.0 F」に「TOUR」が付いていてハードなスペックであることを示しています。
重量設定が300gの「REVO CV 3.0 F」に対して「REVO CV 3.0 F-TOUR」は305gという設定で、フェースサイズも97平方インチと、このシリーズ中で最小です。

カラーリングについては、「CV」がこれまでの色調を引き継いているのに対して、「CVF」はニューモデルとして全く新しいデザインです。
というより、あまり見たことがないカラーリングで、「REVO CV 3.0 F」と「REVO CV 3.0 F-TOUR」についてはグリーン基調です。
「CV」と「CVF」の最も大きな違いはシャフトのパイプ形状で、これまでの「CV」はシャフトの外側部分をV字形にヘコませた形状なのに対して、「CVF」はヘコミのない丸いパイプ形状になっています。

このV字形のヘコミは、シャフトの曲げ剛性を低下させて「しなり」を生む狙いです。
それに対して、丸いパイプ形状のほうが曲げ剛性が強いので、鋭い弾きを目指した構造ということになります。

と、ここまでは新登場のモデルとして紹介してきましたが、実は、この「REVO CV 3.0 F-TOUR」については、全くの新作ではなく、従来の「REVO CV 3.0 TOUR」のリメイクモデルだといえます。
パイプ形状が従来型の「V字形ヘコミ」から「CVF」シリーズの「丸パイプ」に変わったので後継とは言えず、かといって、スペック数値は従来モデルをほとんど引き継いでいて、シャフト手元の厚みが2mmアップしたくらいの違いです。
旧モデル:21mm−24mm−23mm
新モデル:23mm−24mm−23mm

「REVO CV 3.0 F-TOUR」については、フェースサイズが97ということもあって、従来からVシリーズの中では最もハードなスペックなのですが、フレーム最大厚が24mmあるので決して飛びの悪いハードなラケットではありません。
スイングウェイトのバラツキ範囲が重めなので「REVO CV 3.0 F」より少し楽に感じる可能性があります。
ということで、選ぶ個体のスイングウェイト次第でモデルの特性を超えることができるくらいの差といえるでしょう。

基本的に、打球スピード重視で攻撃的に打っていきたくなるモデルと言えるでしょう。


フェースサイズ:97平方inch
平均重量:305g
フレーム厚:23.0-24.0-23.0mm
フレーム定価:34,000円+税

賢いラケット購入のコツ
適切なガット張り
どんなに優れたラケットも、その性能はガットを通じてしか発揮できないので、ガット張りが不適切ならそのラケットは全部台無しです。
10,000名以上のラケットフィッティング実績に基づくテニスワンの適切なガット張りをご利用ください。
【参照⇒適切な張上とは
適切なスイングウェイト
ラケットを買うときにスイングウェイトを選ばないのは大胆なバクチと言えるかもしれません。というのも、ラケットは同じモデルでも1本1本個体差があり、その違いは普通に想像されるよりかなり大きいからです。
【参照⇒適切なスイングウェイトとは
ですから、スイングウェイトを特定しないとどんな結果になるかわからないというのが現実です。
バクチを避けたい方はこちらからご注文ください。↓

※ガット張上の硬さは「〜ポンド」というテンションではなく、張り上がりのストリング面の硬さ(面圧)でご指定いただけます。面圧55が標準設定です。
詳しくは⇒テニスワンのガット張りについて

グリップの太さをお選びください
ガット選択
ガットの張上の硬さ
在庫状態 : 在庫有り
¥34,000 ¥27,200(税別)
只今お取扱い出来ません
数量