REVO CX2.0TOUR/スリクソン

17CX20T

スリクソン REVO CX2.0TOUR

(17CX20T)

SRIXON by DUNLOP
REVO CX2.0 TOUR 2017

フレーム最大厚20mmでフェースサイズ95平方インチというこのモデルは、言うまでもなく、スリクソンのラインナップの中で最もハードなスペックです。

シャフト部分のフレーム厚は19mmとかなり薄いので、見た目には「きゃしゃな感じ」がするのですが、実際に打ってみるとしっかりした剛性感があって頼りなさとは無縁です。

「粘る感じ」は前作より後退して、弾き出す感じに少しシフトしています。
これは、「REVO CX 2.0」の前作からの性格変化と同じ傾向で、ホールド感という弾きの鈍さが減って、ハッキリした打ち味に移行していますが、インパクトが強いほど「ノリ」が感じられて安定感が増すタイプです。

このモデルが使えるかどうかは、実際に打ったときの打球が相手コートで弾んだ後の状態を観察すれば一目瞭然です。
そこで、グンと伸びていれば「使える」ということで、失速してポトンと元気なく弾むような状態では「使えない」ということです。

「REVO CX 2.0 TOUR」のスイングウェイトのバラツキ範囲は、「REVO CX 2.0」と同様に良好です。
そのため、スイングウェイトの数値選択次第ではありますが、重量設定は310gでも、取り回しが過剰に重く感じる可能性は低いと思われます。


フェース面積:95平方inch
全長:27.0inch
フレーム厚:19.0-20.0㎜
フレーム重量:平均 310g
バランスポイント:平均 310㎜
ストリングパターン:16×19
メーカー希望小売価格:34,000円+税

賢いラケット購入のコツ
適切なガット張り
どんなに優れたラケットも、その性能はガットを通じてしか発揮できないので、ガット張りが不適切ならそのラケットは全部台無しです。
10,000名以上のラケットフィッティング実績に基づくテニスワンの適切なガット張りをご利用ください。
【参照⇒適切な張上とは
適切なスイングウェイト
ラケットを買うときにスイングウェイトを選ばないのは大胆なバクチと言えるかもしれません。というのも、ラケットは同じモデルでも1本1本個体差があり、その違いは普通に想像されるよりかなり大きいからです。
【参照⇒適切なスイングウェイトとは
ですから、スイングウェイトを特定しないとどんな結果になるかわからないというのが現実です。
バクチを避けたい方はこちらからご注文ください。↓

※ガット張上の硬さは「~ポンド」というテンションではなく、張り上がりのストリング面の硬さ(面圧)でご指定いただけます。面圧55が標準設定です。
詳しくは⇒テニスワンのガット張りについて

グリップの太さをお選びください
ガット選択
ガットの張上の硬さ
在庫状態 : 在庫有り
¥34,000 ¥27,200(税別)
只今お取扱い出来ません
数量