テニスワンは
谷口勇美雄コーチの
BTLテニスキャンプを
推薦します

◆正しい打ち方を身につけたい!?

うまくなりたいと願う多くのプレイヤーが、正しい打ち方を身につけようと努力しています。
うまく打てなかったり、ミスが多かったりするのは、正しい打ち方がしっかり身についていないからだと考え、そこを改善すれば上達すると誰もが思うのですが、もしかすると、そのルートには出口がないかもしれません。

打ち方をなおそうとして、今までいろいろ工夫を重ねて練習してきたのに、堂々めぐりで、同じことの繰り返しになっていると感じたことはないでしょうか。
もしそうなら、努力が足りないのではなく、努力の方向が間違っていたのかもしれません。


◆人それぞれで動きが違う!

人の運動の仕方は一人一人微妙に違います。

歩くというシンプルな運動でさえ、一人一人微妙に異なり、一人として同じ動きの人は居ないため、手足の動きをコンピュータで分析すれば、指紋と同じように個人を特定できると言われています。

人の運動の仕方が一人一人で違う以上、ボールを打つときの身体の動き(=フォーム)についても、「人それぞれで適したものが異なる」と考えるのが妥当ではないでしょうか。

「打点を前にする」、「体重を移動する」、「テークバックでは上体をしっかりひねる」、「フォロースルーは前に大きく振る」、「身体が早く開かないようにする」等々、ストロークの基本とされるこれらのテーマについて疑問を持たれる方はほとんど居ないと思われますが、実際には、このようなテーマを意識すると身体の動きがギクシャクするという方が居て、しかも、その割合は意外に高いのです。


◆方向を間違えると損をする

「正しい打ち方は人それぞれで違う」ということを知らないと、自分にとって「正しくない打ち方=合わない打ち方」を採用して、それを身につけようと努力してしまう可能性が高く、それによって、運動の効率と精度が落ちてしまうということが結構あるのです。

打ち方を改善しようと努力している割に、うまく身に付かなかったり、一応習得はしたけれど結果的にショットは良くならなかったり、というようなことが起きている場合は、努力の内容が間違っていたのかもしれないと疑ってみても良いでしょう。

実際に、TENNIS-ONEBTLが協同で実施しているラケットドックの現場でも、自分に合わない打ち方を身につけようとする努力が原因で、打球の勢いと精度が低下しているケースが数多く見受けられます。


◆テニスはそれほどヒマではない

さらに、テニスは、プレーしている本人が考えるほど易しくはないのです。

どういうことかというと、飛んでくるボールを適切なヒットポイントでとらえて、狙ったところに打ち込むためには、千分の数秒というレベルの非常に微妙なタイミング合わせが要求されます。
千分の10秒くらいタイミングがズレると、打球は狙ったところに飛びません。
さらに、プレー中は、打ち合いが続く限り、コート上を走り回りながら、3秒前後の間隔で何度もそれを繰り返さなければならないのです。

人が何かの刺激を感じて運動をスタートさせるためにかかる最短時間(「生理反応時間」といいます)は、千分の100秒と言われています。
(陸上競技の100mのスタートで、「ヨーイ・ドン」から実際にスタートするまでに要する最短時間です)

その「生理反応時間」の十分の1以下という、わずかな瞬間のタイミングを繰り返し合わせ続けるのが、かなり困難な作業であることは容易に想像できます。

そのため、ミスのほとんどは「打ち方の間違い」ではなく、時間のほんのわずかなズレによって起こります。
打ち方が正しくても、タイミングがほんのわずか遅ければアウト、ほんのわずか早ければネットというようなことなのです。

ですから、いくら上達しても、ほんの一瞬でも集中が途切れればミスが発生するので、うまくなればミスがなくなることが期待できるほど簡単なスポーツではないわけで、もっと言えば、プレー中に打ち方が工夫できるほどヒマなスポーツでもないわけです。

「スイングの改造」に取り組む方も少なくないのですが、そのときに、ボールが毎回違う軌道を通って高速で移動していることを忘れてはいないでしょうか。
いくら素晴らしいスイングを身につけても、そのスイングが千分の10秒もずれたらミスに直結です。

高速で移動するボールにきちんと対応し続けるためには、そのための特別なコツや工夫が必要であり、止まっているボールを相手にしているような「スイング改造」では対処できないのです。


◆テニスワンはBTLのテニスキャンプをおすすめします。

人間ドックで生活習慣を見直すのと同じように、BTLのキャンプで「プレー習慣の見直し」をされてみてはいかがでしょうか。

なかなか上達しないのは、熱意や努力が足りないからではなく、まして、才能が不足しているわけでもありません。ほとんどの場合、努力の方向がちょっとズレているのです。
それがわかるだけで、多くの時間がムダになるのを防ぐことができるでしょう。

自分の上達を妨げているのは意外にも、「自分の努力」であることがわかるかもしれません。
プレー上の問題点は、自分が問題だと思っているところ以外にあるということがとても多いのです。


◆谷口コーチのなおし方

欠点をなおそうとして一生懸命努力して、その結果が出たときは、本人にそれなりの達成感が生まれるのですが、谷口コーチのなおし方はちょっと違います。

針治療とよく似ていますが、患部に直接刺激を与えるのではなく、別なところを刺激することで悪いところがなおってしまうという手法です。

本人が知らないうちになおってしまうというやり方なので、達成感が欲しい方にはもの足りないかもしれませんが、多くの場合、努力してなおしたことは、努力が途切れたり、試合で緊張したりすると元に戻ることが多いようです。

知らないうちに良くなっているというのは不思議体験ですが、キャンプから帰ってプレーしたときに、その効果が実感できるでしょう。
熱意と努力をムダにしないために
BTLのキャンプへの早めのご参加をオススメします。
谷口コーチのBTL

TENNIS-ONE 〒101-0047 東京都千代田区鍛冶町2-2-3 第三櫻井ビル2F
Phone
03-3251-7066
E-Mail: info@tennis-one.jp
営業時間/ 10:00~19:00 年中無休(年末年始除く)