テニスラケットのフィッティングとは

ラケット
フィッティングとは

ラケットフィッティングは、コート上でボールを打っているときの身体の動きと打球の状態を観察して、一人一人のプレイヤーに合うラケットを見つけ出すサービスです。

ラケットにあやつられている

ラケットを持ち替えるとプレーがガラッと変わります。
なぜなら、プレイヤーはいつも、ラケットにあやつられてプレーしているからです。

こんなを急に言われると、「いや、そんなはずはない!いつも自分の意志で打っているので、ラケットにあやつられてなどいない!」と誰もが思うことでしょう。

でも実際問題として、全てのプレイヤーは自分の意志ではどうにもならない強固な枠組みの中でボールを打たされているのです。

強固な枠組みの中でボールを打たされている

その、強固な枠組みとは、「打球を相手コートに入れなければならない」という制限です。

この制限は、テニスを始めたときから強い強制力を持って、全てのプレイヤーの動きを縛っています。

逆に、この制限に縛られずに自由に打つ人はテニスプレイヤーとは呼ばれません。

どんなラケットでも打球を相手コートに入れようとする

ですから、テニスプレイヤーであれば誰でも、打球が相手コートに入るように打とうとします。

そして、その取り組みは、どんなラケットを使っても変わりません。

つまり、テニスプレイヤーであれば誰でも、そして、どんなラケットを使っても、打球が相手コートに入るように打とうとするわけです。

ラケットの影響を打ち消すように打つ

そこで問題になってくるのは、「ラケットの性能や特性はショットの結果に大きく影響する」ということです。

モデルごとに性能が変わるのは当然のことで、さらに、1本1本のスイングウェイトの違いや、ガット張りの状態を考えれば、同じ状態のラケットはほとんどないと言って良いでしょう。

でも、安定的に打球を相手コートに入れるためには、ラケットの影響でショットの結果が大きく左右されては基本的にまずいわけです。

そのため、プレイヤーはラケットの影響を打ち消すように打とうとするのです。

簡単な例では、飛ばないラケットでは飛ばすように打ち、飛びすぎるラケットでは抑えたスイングをすることで打球をコートに入れようとするわけです。

「打球を相手コートに入れる」という制限がなければ、プレイヤーは自分の好きなスイングでボールを打つことができますが、この制限があるために、ラケットの性能に応じて打ち方を変えなければならないわけで、自分の思いどおりのスイングはできません。それが「ラケットに操られる」ということです。

打ち方が変わったことに本人は気付かない

その結果、どんなラケットを使っても、だいたい同じところに打球が飛ぶようになるのですが、それを見ると、「ラケットなんてどれを使っても大して変わらない」と感じてしまうことが多いようです。

確かに、ショットの結果に大差はないのですが、異なる性能のラケットを使っても結果が同じになるということは、ラケットの持ち替えによってプレイヤーの打ち方が変わったということです。

ラケットフィッティングでプレイヤーを見ていると、ラケットを持ち替えてすぐはアウトやネット等ののミスが出るのですが、2~3回打つとそれがなくなります。

これは、前のショットの結果を見てコートに入るように打ち方が変わったせいで、その結果、球筋がまとまるようになったということです。

ほんの2~3球で変わってしまうのですが、残念なことに、そうしたラケットの持ち替えによる運動変化は当の本人にはほとんどわかりません

打ち方は自分で決めていると考えるのが普通

なぜなら、テニスは、飛んでくるボールを連続的に打ち返すスポーツなので、とても忙しくて自分の動きに注意を向けるヒマがないということもあるのですが、同じ理由から、毎回異なる状態のボールを違う打ち方で返球しているので打ち方の変化に気付きにくいということもあるようです。

飛んでくるボールの高さや勢い、回転量などが毎回違うため、それを安定的に打ち返すためにはボールの状態に合わせてスイングを変えなければならないのですが、その運動調整とラケットの持ち替えによる運動調整を明確に区別するのが難しいわけです。

ということで、テニスプレイヤーであれば誰でも必ず、ラケットの影響を受けた打ち方になっているのですが、そうした自覚がないために、自分の打ち方は自分の意志で決めていると考えるのが普通のようです。

余計な運動調整はプレイヤーの負担

当然ですが、打球を相手コートに入れるための運動調整の程度は人それぞれで、使うラケットによって変わります。

つまり、使うラケットが合わなければ合わないほど大幅な運動調整が必要になるということです。

そして、飛んでくるボールを連続的に打ち返さなければならないときに、毎回、余計な運動調整をするのはプレイヤーにとって大きな負担になります。

パワー不足のラケットで力んで打っていればすぐに疲れてしまうし、オーバーパワーのラケットで抑えたスイングをしていたら打球の勢いは出ません。

合わないラケットは運動の効率を下げて、プレイヤーの努力が報われにくい状況を作りだします。

ムダな運動調整が最小になるラケット

私どもが探す「合うラケット」は、プレイヤーのムダな運動調整が最小になるラケットで、そういうラケットを使うとプレイヤーの運動効率が良くなり、打球の勢いと安定性が増します

「合うラケット」とは、プレイヤーに不足する能力をカバーするラケットではなく、プレイヤーの持っている能力が存分に発揮しやすい状態になるラケットです。

不得意なショットが打ちやすくなるようなプラスαをもたらすラケットではなく、プレイヤーの余計な負担を極力減らすラケットです。

自分では分からない

テニスワンでは、これまで10,000名以上のプレイヤーに対してフィッティングを行ってきましたが、フィットするラケットでかなり動きが良くなっても、さらに、打球の威力と安定性が大きく変わっても、本人がそれを自覚するケースはまれです。

ですから、打っているときの力みやバランス、フットワークの軽快さ、打球が弾んだ後の勢いなどについては、プレイヤー自身がプレー中に自分で判断するのはほとんど無理と言って良いでしょう。

ということで、打っている姿と打球の状態を観察してフィットするラケットを探し出す「ラケットフィッティング」のサービスが不可欠なのです。

ラケットに頼るのではない

自分がラケットの影響を受けた打ち方になっていることをご存じの方人は少ないため、余計な負担を背負いながらプレーしていても、変な打ち方になるのは自分のクセだと思っていたり、直そうとしても直らないのは自分の能力の問題だと思っていたりすることが多いようです。

でも、「そのラケットで打球を相手コートに入れようとすると、どうしてもそんな打ち方になってしまう」という状態を練習で何とか変えようとしても、時間のムダになる可能性が高く、だからといって、そうした状況の打開をあきらめてしまうのはもっと不幸です。

最初に書いたように、ラケットを持ち替えればプレーは変わります。
ラケットを持ち替えて打球を相手コートに入れようとすれば、いやおうなく打ち方は変わらざるを得ないわけですが、その仕組みを利用してプレーを変えるのは、自分の能力不足をラケットに頼って解決しようとする他力本願的な考え方とは大きく異なります。

余計な力みや調節感のない解放的なスイングで振り抜いたときに、「打球を相手コートに入れる」という制限が自然にクリアされてしまうようなラケットを使えば、プレー中のストレスが減り、緊張する試合でもスイングが萎縮せず、積極的に打っていくことができます。

その状態が手に入れば戦力アップに直結するわけですが、それはラケットの助けを借りてプレーが良くなったわけではなく、合わないラケットの邪魔がなくなって「本来できること」が復活しただけです。

自分の力が100%発揮できれば、それが一番快適で幸福なプレー状態だと言えるでしょう。

自分に合うラケットでプレーする爽快感と自由さを獲得するために、ラケットフィッティングのサービスをご利用ください。

テニスワンオリジナル!
ラケット フィッティング
ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!

・・・・・というのが、10,000名以上のラケットフィッティングで得られた結論です。
合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓
実施内容
の紹介
スケジュール
と空き状況
ラケット
ドックの
レポート集
ラケット
ドックの
評判・感想
ラケットとガットについての記事が全60タイトル!
「ラケット選びのノウハウ集」へ
テニスワンのトップへ