テニスラケット選びのノウハウ集 タイトル一覧

テニスラケットについて
ぜひ知っておいて欲しいこと

ラケットの性能は使う人で変わる

打ち方は使うラケットで決まる

ラケットの影響は自覚できない

ラケットが戦力を左右する

ラケット選びの基本情報

ラケット自体の良し悪しより、「自分に合うかどうか」が大切です。
そういう意味で靴やウェアと同じようにに考えてください。
どんなに評判の良いラケットも、自分に合わなければ使いにくいだけです。
合うラケットを見つけてください。
ラケット選びの基本情報
ラケット選び
の基本
はじめに
ラケット選び
の基本1
パワーレベル
を合わせる
ラケット選び
の基本2
「重さ」の誤解
基本3
グリップ
フレーム厚
フェース
自分に合う
ラケットの
選び方
ラケットで
ミス率が
変わる理由
合わなくても
気づかない
パワー別
ラケット選び
フィーリング別
ラケット選び
初心者の
ラケット選び
小学生の
ラケット選び
高校生の
ラケット選び
ソフトテニス
からの移行
適切な
スイング
ウェイト
ラケット選び
が難しい理由
タイプ別
ラケット一覧

知らないと損をする
ラケットについての
ワンポイント情報

ラケットについて誤解しやすいポイントを集めてみました

ラケット
ワンポイントアドバイス
ラケットは
どれも一緒?
ラケットは
1本1本違う
良いラケット
は無い!?
重量では
重さが
わからない
コントロール
しやすい
モデルはない
ジュニアに
向かない
ジュニア用
ラケットの
性能は相性次第
力を入れると
打球は失速
スピンは
ラケットで
決まらない
打球感のワナ
から脱出!
試合で緊張して
実力が発揮
できない人に
試合で緊張
「現在」から
意識が離脱
試合で緊張
慎重になると
ミスが増える
試合で緊張
ラケットの
影響が大きい
テニスと
「あがり症」
の関係
ラケットと
フットワーク
の関連性

勝ちたい人の
ラケット選び!

熱意と練習量は十分なのに結果が出ないという人は少なくありません。
強くなるために、ラケットについての考えをちょっと変えればムダな時間をパスできるかもしれません。

勝つためのラケット選び
ラケットの
影響からは
逃げられない
ミスの原因は
ラケット?
勝ちにくい
ラケットで
なぜ戦う
変なスイング
自覚はある?
合わない
ラケットの
不利益
どうやって
選ぶかが不明
合わない
ラケットを
わざわざ選ぶ
合うラケット
はどう感じる?
ラケットは
自分では
選べない!
打球感は
全て伝達ロス
ラケット
フィッティング
って何?
ラケットによって
打球の勢いが
変わる理由

知らないと損をする
ガットについての情報

ガットとガット張りについて誤解しやすいポイントを集めました

ガットについての基礎知識
ガットの
基礎知識
テンション
ガットの知識
素材について
ガットの知識
太さについて
ガットの知識
ポリとナイロン
飛びを抑える
のは最悪
プロのセッティング
はまねるな
「ポンド」は
硬さではない
異なる硬さを
打ち比べる
適切な
硬さを提案
スナップバック
と適切な硬さ
好みで決めると
外れる!
条件変化に
対応した
適切な硬さ
推奨テンションが
適切ではない
不適切な硬さが
もたらす弊害
スピンのかかる
セッティング
テンション以外で
張上の硬さが変わる

知らないと損をする
技術アドバイス

テニスというスポーツのとらええ方を変えたらムダな練習が省けるかもしれません

本当の課題を見つけ出すには

打ち方を直そうとしてもなかなか直らないという方、もしかすると、その努力がミスの元にかもしれません。
自分がうまくなるために必要だと思っていることが的ハズレで、本当に必要なことが手付かずの状態というケースは実際に少なくありません。
本当の課題を見つけ出すキッカケがつかめれば幸いです。

うまくなるために本当に大事なこと
テニスは
無意識的な
反射運動
テニスの
無意識的な運動を
獲得するには
無意識的運動は
簡単には
変わらない
テニスの
無意識的な運動を
変えるには
ラケットで
無意識運動を
無意識的に変える
人の体の動きは
一人ひとり違う!
正しい
フォームは
人それぞれ
テニスワンオリジナル!
ラケット フィッティング
ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!

・・・・・というのが、10,000名以上のラケットフィッティングで得られた結論です。
合わないラケットはミスを増加させてショットの勢いを無くすだけでなく、プレイヤーの動きを悪くして故障の原因にもなります。

ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓
実施内容
の紹介
スケジュール
と空き状況
ラケット
ドックの
レポート集
ラケット
ドックの
評判・感想
テニスラケットについてこれまで語られてきたことの多くは、的はずれであることが少なくありません。
実際問題として、重いラケットを使えば打ち負けないということはなく、ガットを硬く張ればアウトが防げるわけでもありませんし、スピンをかけやすいラケットを使えばショットの威力が増すということもありません。
ちょっとした誤解が元でプレーの質が落ちたり、故障の原因になったりしていても、適切なラケットの原理原則はとてもシンプルなので、それさえ知れば改善が見込めます。
地域協会や女子連の大会等のサブイベントとして、トーナメント終盤の空きコートの利用目的でお呼びいただければ幸いです。
詳しくは CLICK↓

ラケットとガットについての記事が全60タイトル!
「ラケット選びのノウハウ集」へ
テニスワンのトップへ